「着物をもっと身近に」染太郎のブログ

札幌で着物のしみ抜きや染色などをおこなう悉皆屋(しっかいや)野口染店舗の5代目染太郎です!「着物をもっと身近に」をモットーに日々奮闘中!!


テーマ:
札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク


本日は現在開催中のイベントのお知らせですアップ



東京に新しくオープンした複合商業施設「京橋エドグラン」


その一階で12月25日(日)までの期間中の

「ふるさと。おもてなしショップ 京橋エドグラン店」にて、おもてなしセレクションを受賞した商品が期間限定で展開されております。


{6941AFF9-E374-4F4B-98D9-103D6232D547}

{F4A860F2-7831-4C22-A679-558C6D25FA84}



{80B01386-77E2-4ED6-83E2-D762B1F0414A}



Shi bun no SanからはJUBAN Tシャツがセレクトされています。


京橋エドグランは京橋駅直結の商業施設で、


東京駅へ徒歩10分。

日本橋へ徒歩10分。

銀座へ徒歩10分。


ととても便利な場所でしたグッド!


{B84CBBEF-1901-4F11-9E13-804334AE5BBE}


僕も先週の土日の二日間お店に立って営業活動をさせていただきましたニコニコ


{7A380EB2-83C2-4AA2-9FD6-3E99C6F3EA21}



夜はライトアップされてイルミネーションがとても綺麗でしたよ〜クリスマスツリー


{539B421D-6244-49B3-851C-DE99A5AF69BF}



「ふるさと。おもてなしショップ 京橋エドグラン店」は12月25日まで開催していますので、是非お近くの際はお立ち寄りいただけると嬉しく思いますニコニコ



{8337D860-3580-469C-8CA8-E26F482464F2}


====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 



12月に入りいたりクリスマスモードですねサンタ




本日から出張の為、空港に着いたらメイン広場には大きなクリスマスツリーが飾られていましたクリスマスツリー



{8E61DB7C-1D36-4A47-8039-CA2097720AC3}


季節を楽しむってなんかいいですよねニコニコ



さて、本日発行された日刊スポーツに以前に取材を受けた記事が掲載されました。



記事の方から12月2日に掲載になると連絡いただき、空港で新聞をゲットアップ


{C6AAF64E-E47F-4167-A8F6-BA576D224EF1}


一面は日ハムの中田選手の契約更新の話題。



それにしても



2.8億って…目



さすがに、スポーツ新聞なので経済関係は中のページだろうと探してみるも…



見当たらない…




あれ…新聞間違ったかな…と思って閉じようとしたら…




おっ!?




これは!!



{DF1694AE-1308-4E66-A7D8-C3046DE3DD0A}


ありがたいことに表面にカラーで掲載していただきましたニコニコ


アイヌ刺繍を施したJUBAN Tシャツも紹介していただき、すぐに刺繍を施してくださっている藤岡さんにすぐお知らせした所、喜んでくださいました
音譜


予約の時に座席指定するのを忘れてしまい、久しぶりに窓側の席でしたが、本州はすごく天気が良く窓からの眺めがとてもきれいで最高でした
晴れ


{FDD3A920-5815-40A7-98C3-CD2E92D18847}



====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

 

札幌は寒さが増してきました~雪

 

 

本日も数多くのブログの中から「染太郎のブログ」を読んでいただきありがとうございますアップ

 

 

昨日とても嬉しいエピソードがあったのでブログでご紹介させていただきますニコニコ

 

 

自社ブランドで展開しているShi bun no San(シブンノサン)

 

 

そのアイテムの中でJUBAN Tシャツがあります。

 

 

どのようなものかはコチラから(ブログでも紹介しています)

 

 

 

簡易襦袢としてはもちろんですがファッションアイテムてして、そのまま着用することもできるので、プレゼントや海外の方からも好評いただいていますビックリマーク

 

 

JUBAN Tシャツがつなげてくれたご縁

 

先日、お客様がJUBAN Tシャツをある方へプレゼントされたいということでお買い上げいただきました。

 

 

 

そのプレゼントされた方がすすきので40年お店をされている「鮨の福長」さんの大将でした。

 

 

 

白衣の下に着用してお店にでたところ、とても好評だったようです。

 

 

 

「皆から褒められて本当に嬉しかったよ!あまりに評判がいいからもう一着欲しくて」

 

 

 

と嬉しいお言葉をいただきましたアップ

 

 

 

直接お会いするのは初めてだったのですが、やさしくエピソードを話してくださいましたニコニコ

 

 

 

他にもいろいろとエピソードが・・・・・昔にいろいろとお世話になっていたことも知ることができ心がほっこりしました音譜

 

 

image

↑大将と一緒に記念撮影。JUBAN Tシャツの衿は市松柄です。

 

 

 

JUBAN Tシャツをきっかけに、お客様との会話がはずんだり、そのときの空間がとても和やかになったり、まさにモノではなくコト、体験なんですね。

 

 

 

改めて大切なことを教えていただきましたアップ

 

 

 

ありがとうございますビックリマーク

 

 

 

image

↑「鮨の福長」さんのお店の前

 

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

 

昨日は和飲倶楽部 第8弾 

     

 

ボジョレーヌーボー(フランスの新酒) & 

     ヴィーノ ノヴェッロ(イタリアの新酒)のワインW解禁ワインパーティー

 

 

image

image

↑今回のソムリエ-ル勝山さんのセレクトワインは赤ワインはもちろんですが、新酒の白ワインそして泡まで盛りだくさんアップワイン

 

■和飲倶楽部とは

一言で言えば

着物とワインを気軽に楽しむ集い

ソムリエ-ル勝山 美幸(写真中央)、派手な着物開拓者 田中 伸一良(写真右)そして、日本人と着物の間に出来てしまった距離を埋める男 野口繁太郎(写真左)の出会いによって始まったイベントです。
 

image

■洋服での参加も大歓迎です

和飲倶楽部のイベントは基本的に着物をドレスコードにしていません。

(夏の泡の会では浴衣をドレスコードにしています)


なぜなら

“気軽”に参加してもらいたい。

・着物をもっている方には“着る場”として、持っていない方には“見れる(触れる)場にしたい。
 

と言う思いがあるからです。

 

 

今回のlドレスコード『赤』もしくは『着物』

とさせていただきましたビックリマーク

 

 

image

↑僕と田中さんは赤のジーンズ着物ですグッド!

※カラオケで歌っているわけではありません。

 

 

さて、今回のイベントは満員御礼ビックリマーク

 

こんなにたくさんのお客様が着物で参加してくださいましたアップ

 

image

↑スタッフも入れると総勢58名アップ皆さんの笑顔が最高です音譜

ちなみに僕は3リットルのボジョレーヌーボーのボトルを抱えていますワイン

 

 

 

「念願の和飲倶楽部にやっと参加できましたラブラブ

 

 

「お洒落してカジュアルに楽しむ着物を着る場所がとっても嬉しいですビックリマーク

 

 

など本当に嬉しいお言葉をいただきましたワイン

 

 

ワインに合ったお料理がズラー―――――っとナイフとフォーク

 

 

image

 

image

 

image

 

まだだまだたくさん出てきたのですが・・・話に夢中になり・・・写真を撮り逃しました・・・あせる

 

 

会場もヒートアップして

 

 

あっという間の2時間ビックリマーク

 

 

大盛り上がりで終えることができましたグッド!

 

 

いつもサポートしてくれているスタッフの皆さんの協力にも本当に感謝ですビックリマーク

 

 

image

↑キモノハナのスタッフさんと弊社スタッフの服部さんと我々3人ニコニコ

 

 

キモノハナさんのブログにも昨日のパーティーの模様が掲載されています音譜

 

キモノハナブログはコチラから

 

image

↑今回のお店Glove After That(グローヴアフターザット)の大元さん

 

{2380805C-4F9A-4BB1-9C8F-8B627068C429}
↑皆さんの楽しいそうな笑顔がエネルギーになります!

 

image

↑お洒落な男性陣も多いのが和飲倶楽部の特徴ですグッド!

 

 

さて、次回の和飲倶楽部のイベントもさらにレベルアップしていきたいと思いますので、楽しみにしていてくださいねニコニコ

 

image

↑3リットルのボジョレーヌーボーのマグナムボトル

2015年と2016年を飲み比べができるという贅沢な企画

 

これまでの和飲倶楽部のイベントはコチラから

 

○第1弾秋の食とファッションの祭典『ヴィーノ・ノヴェッロ』

 

○第2弾最高に盛り上がりました(^o^)/〜ロゼの会〜

 

○第3弾『泡の会』

 

○第4弾和飲倶楽部~イタリアの会~ 

 

○第5弾『スイーツな会』

 

○第6弾「浴衣DEイタリア巡り」

 

○第7弾『泡と音の会』

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

 

昨日は大正7年創業の老舗・美容室 桜井さんとお客様が工場見学ツアーにご来店くださいましたキラキラ

 

 

image

↑使用する道具について説明しているところ

 

 

実は、先日ブログで紹介させていただい僕のfacebookの投稿を見て『工場見学ツアー』をお願いしたいと連絡がありました。ニコニコ

 

 

image

↑こちらがその時の投稿

 

 

工場見学ツアーでは、

 

 

毎回大好評の【ご自宅でできるファンデーション汚れ落とし】の実演も行いました。

 

 

その場で質問も受けていますので、職人さんとも触れ合うことができます。

 

 

今回も大いに盛り上がっていましたアップ

 

image

 

 

あっという間の時間で気付けば予定時間を超えてしまいました(^^;

 

 

スタッフが制作してくれた手書きの看板にもとても喜んでくださった美容室桜井さまの皆様と最後は記念撮影カメラ

 

 

image

 

 

 

そして、美容室桜井さんのFacebookページにもご紹介いただきました音譜

  

image

image

 

{CAD318C3-47C7-4195-AC20-A8A89F2756A0}


 

 

image

 

 

工場見学ツアーはご連絡いただければ日程を調整させていただいて行いますのでお気軽にお問い合わせくださいニコニコ

 

 

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル 0120-12-4447

メールでのお問い合わせはコチラから

 

お気軽にご連絡くださいパー

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

 

東京での催事を終えて

 

 

向かったのはコチラ

 

 

エッフェルエッフェルアップ

 

 

ん・・・・・色が違う・・・・・エッフェル

 

 

そして札幌ではJUBAN Tシャツ一枚じゃ寒くて絶対に無理です。

 

 

ここどこーーーーーーーーーーーーー。

 

 

image

 

 

正解は、名古屋でしたニコニコ

 

 

この光景には本当に驚きました。

 

 

『えっ・・・マジ』

 

 

と一人つぶやいてしまいました。

 

 

 

東京から新幹線で約90分新幹線前

 

 

 

あっという間についた名古屋

 

 

向かったのはコチラでした音譜

 

 

image

 

名古屋 「LACHIC・ラシック」

 

 

来年の夏に行われる浴衣の企画イベントの打ち合わせのために向かいましたビックリマーク

 


伺った時はDIESELが展開されていました。

  

image

 

 

入っているテナントも

 

 

ドルチェ&ガッバーナ

 

コム デ ギャルソン

 

ロンハーマン

 

クロムハーツ

  

など、一流ブランドばかりですアップ

 

ファッションセレクトショップも


ユナイテッドアローズやトゥモローランドなど


まさにファッションの商業施設です❗️ 


このような場所で挑戦できる話をいただき目指してきたことが少しづつ形になってきました❗️


image


来年の企画なのでまだ日程など未定ですが、詳細が決まりましたらお知らせいたします✨

 

 

名古屋へ来たのでご当地グルメを堪能することは重要ですナイフとフォーク

 

お客様でもありお友達の方が、案内するので任せてください‼️とセッティングしてくださいましたニコニコ

 

まずは手羽先❗️


元祖手羽先の風来坊

image

 ↑これ本当に美味しかったです


そして、さらに


手羽先と言えば


『世界の山ちゃん』


その本店へ


まさかの手羽先のハシゴ❗️笑

 

image

 

〆は味噌煮込みうどんラーメン

 

完全に名古屋グルメを満喫です


image


帰りにどうしても気になっていたあの場所へ…


これだけを見れば完全に札幌です


地元感ハンパなく親しみが湧くこの光景。


記念にパシャりカメラ

image

 

そして、翌朝は


早朝からご案内いただき、モーニングと言えばココ『コメダ珈琲店』


実は僕の近所にも最近できたばかりなのですが、いつも混んでいてまだ行ったことがありませんでした。


この機会に本場を体験コーヒー


{D6A9BF9E-9A56-452B-91E4-53587D061863}


コーヒー頼むとトーストが付いてくる


これが普通なことが凄いです…


{28BB1653-751B-4F03-98DA-50001E7FA10C}


その後なんと空港まで送っていただき飛行機



しかも、オープンカーという贅沢なドライブ車



最高の天気の中、熱い話で盛り上がりました‼️


{2A1872FA-8A30-42BD-9AC1-B8670BB8DD94}



さらに、空港で一緒に『きしめん』を食べるという…笑


{E04E270F-1165-4F16-BBE2-6CCEF4D70759}



完全にグルメツアーになりました笑



おもてなしの気持ちに感動です(涙)



本当にご縁に感謝です‼️



そして、来年の名古屋での催事が楽しみです‼️

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

   

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

 

アバンギャルド茶会×Shi bun no San

 

 

ご来店いただいた皆様本当にありがとうございましたアップ

 

 

image

↑主催者・右 アバンギャルド茶会 近藤さん

      ・左 Shi bun no San 野口

 

 

 

image

 

初めての試みとして開催させていただいた今回のこの企画

 

 

開始時間前から続々とご来店される皆様で会場は溢れかえっていましたアップ

 

 

夏の東京巡業中にはお見せすることが出来なかったアウターをはじめ、

 

 

新作のJUBAN Tシャツも多数ご用意させていただきました。

 

image

 

 

そしてなんといっても今回の会場のすごいところは

 

茶室での開催

 

ということですお茶

 

 

 

image

 

 

イベント終了後には

 

 

文化の日ということで

 

 

日本文化を語る会

 

と題しまして

 

 

お客様をはじめ、お茶の先生方と一緒に

 

 

茶室で懇親会

 

 

茶室で飲むお酒は格別でした日本酒

 

 

image

 

アバンギャルド茶会×Shi bun no Sanのイベントは

 

 

次回は春に開催する予定です桜

 

 

その情報は改めてご連絡させていただきますビックリマーク

 

 

お楽しみに~

 

 

image

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

  

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク






さて、本日から始まる‼️



ん…本日で終わる‼️(1日限定のイベント)



アバンギャルド茶会✖️Shi bun no San



が世田谷赤堤の茶室にて初開催します‼️



すでにたくさんのお客様のご予約が✨


嬉しい限りです



Shi bun no Sanは秋・冬のコレクションを展示販売。

アバンギャルド茶会は近藤氏がコレクションしているお茶道具を大放出‼️


セッティングもなんとか間に合いそうです。


(10時までには完成させますグッド!


羽織やアウターもあるので結構なダンボールの数でした…汗

{6066E303-00F5-4539-9CAB-328D759723BA}


それにしても素敵な空間ですアップ


会場に初めて来たので本当に驚きました。


{7C1D7167-D0CF-4A6E-9B74-2841FC741D33}


メンズ&レディースともに


Shi bun no Sanのアイテムを並べておりますニコニコ


{60F916CD-0BC4-4B18-9C5A-54A78EFCF467}

{AD4A7036-D930-4C7F-844D-8703C6F86585}


時間や場所はこちら


■日時:2016年11月3日(祝)10時~17時
※参加無料/入退場自由

■場所:東京都世田谷区赤堤3-12-21 A-Plaza赤堤 2階
小田急線豪徳寺駅 徒歩8分/世田谷線松原駅 徒歩5分


昨日の搬入の時に僕も初めて行ったので、行き方をレポートします❗️


最寄りの駅は小田急線の豪徳寺


{A72625C8-6EC6-42CC-85DA-936EB008D729}

{659955D0-703F-47B0-87FA-908ED68402B6}


↑このような道順でいきました。


ポイントはユリの木通りです❗️


そこをまっすぐ進んで行くと…


{76106B3B-34EE-4CB5-986B-8D0DDA2071FE}


ドミノピザが見えます!


{7C117F3F-4B3B-4C09-8503-F1A9908EB397}


さらに歩いていくと


「たちばな」が見えます!


ここまでくれば、もうすぐですグッド!

{F169997F-1D69-4214-BB75-ABFAEDE35DC6}



「たちばな」の横を行くと


{7F15E586-B1E8-4476-84A9-7F7E701AB8D5}


こちらがマンションの入り口です‼️


そこの二階になりますニコニコ


皆様のご来店お待ちしております!!


{5B2BFA07-43CB-4C33-AFBE-873334265E41}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

 

とうとう来週に迫りましたビックリマーク

 

 

【Shi bun no San Autumn Collection2016 in 東京】

 

 

Shi bun no Sanとして、都内でこのようにして開催するのは初めての企画。

 

 

アバンギャルド茶会とのコラボイベントで開催しますアップ

 

 

image

 

 

アバンギャルド茶会は

 

『はじめての茶道・茶会体験をしよう』をテーマに
同世代の若い人たちが気軽に楽しく「茶道」との
接点を持って体験できる場づくりを提供

 

アバンギャルド茶会を運営しているのが茶人 近藤氏です。

http://www.ava-cha.com/(アバンギャルド茶会のホームページはこちらから)

 

▲近藤氏もShi bun no Sanのジーンズ着物をはじめJUBAN Tシャツを愛用してくださっています。

 

近藤氏との出会いは今から3年ほど前、Shi bun no Sanとして初めて出展した展示会「rooms」でした。

そのとき近藤氏はメインステージでアクリルで覆われた茶室にてお茶を振る舞っていました。

 

会場のビジョンに映し出されるお点前の模様に

 

 

すごい人がいるんだなぁ・・・・

 

 

とブースからその模様を見ていると・・・・・

 

 

▲代々木体育館のビジョンにお点前の模様が映し出されています。

 

 

近藤氏がShi bun no Sanのブースに来てくださいましたキラキラ

 

 

 

▲Shi bun no Sanのブース

 

 

話した瞬間に意気投合して、近藤氏はShi bun no Sanの宣伝部長に就任(笑)

 

 

▲近藤氏がお点前を披露していたアクリル茶室にて

 

 

その後もお互い情報交換をして、僕が都内で開催される催事のときにはいろいろとコラボしていただきました。

 

 

 

image

▲2年前に行ったコラボトークショー

 

 

近藤氏の目指す

「お茶をもっと身近に」

 

僕の目指す

「着物をもっと身近に」

 

 

これは当然ベクトルが合いますよね~

 

 

 

そして、今回共同で開催する

 

 

アバンギャルド茶会×Shi bun no San

 

 

Shi bun no Sanは秋・冬のコレクションを展示販売

 

 

アバンギャルド茶会は近藤氏がコレクションしているお茶道具を大放出

 

 

1日限定の限定イベントになります!

 

 

Facebookページもあります~

ご参加ご希望の方はコチラのイベントページから「参加予定」ボタンをお願いいたします!

https://www.facebook.com/events/605943176233639/ 

 

■日時:2016年11月3日(祝)10時~17時
※参加無料/入退場自由

 

■場所:東京都世田谷区赤堤3-12-21 A-Plaza赤堤 2階
小田急線豪徳寺駅 徒歩8分/世田谷線松原駅 徒歩5分 

 

 

 

さらに、イベント終了後は、日本文化好きで集まって懇親会しましょう!ということで

 

 

【同時開催】→日本文化を語る会 in 世田谷
を開催します!

 

懇親会につきましては、アバンギャルド茶会Facebookイベントで「参加予定」をお願いします!

(参加多数の場合、事前締め切りする場合もございます)https://www.facebook.com/events/1601242480177870/ 

 

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

  

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「着物をもっと身近に」をテーマに

 

 

札幌から着物を今日着る洋服の選択肢のひとつになるように、日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

 

 

本日10月25日の北海道新聞の朝刊に取材記事が掲載されましたキラキラ

 

 

 

テーマは【わがまち元気企業】

 

 

image

 

札幌圏限定の記事でしたので、文面を一部抜粋して紹介させていただきます。

 

着物文化 継承へ挑戦

 

着物の仕立て、クリーニング、染め直しや染み抜きといった修繕などを手掛け道内外から年間約3万着近くが持ち込まれる。

自社製品の着物販売も行う4代目の野口聡社長は「当初は染め直しばかりだった。新しい仕事に取り組む姿勢は父譲りかもしれません」。

会社は、本場京都で友禅染を行っていた父の故繁雄さんが着物文化を広めようと札幌に移住し、戦後間もない1948年に創業した。

 

野口社長は87年、1級染色技能士(染色補修)の資格を取得し、91年に社長に就任。

はじめに洗濯機など大型機械を次々と導入し、作業の効率化を図った。

手作業が中心の業界内から批判も受けたが、「手仕事と機械を融合すればより良く仕上げられる」。

染め直しは約10種類の染料を融合し、野口社長が筆で染める。

職人の手作業を大切にしながら、作業時間を短縮することで仕事の幅も広がった。

 

「全て自社でまかなえるのがうちの強み。本場でない北海道だからこそ、いろいろなことに挑戦しやすい風土もある」と力強くかたる。

 

現在は5代目の長男繁太郎さんが中心となり、自社ブランド「Shi bun no San(シブンノサン)」の販売に力をいれる。

中心の商品はジーンズに使うデニム生地を縫製、加工して仕立てた着物や作務衣。

染色技術を生かした鮮やかな色合いや模様が特徴で、自宅で丸洗いできる手軽さや伸縮性も人気の理由だ。

アウターやTシャツもあり、カジュアルな着こなしができるよう展開している。

 

繁太郎さんは着物文化を若者に広めようと、8年前から「デニム着物」をファッションショー「サッポロコレクション」や、東京の大手百貨店の売り場に出展している。

創業からの開拓者精神は脈々と受け継がれており「日本人と着物の間にできてしまった距離を縮めたい」と話す。

さらには社内の工場見学や新商品の展示会、染色の体験会なども企画している。

 

野口社長は「着物には先祖から伝わる思いやストーリーが詰まっている。文化を継承し発展させ、多彩な方法で着物の視野を広げたい」と話す。

 

 

 

image

↑取材中の模様。話している内容を素早くメモしてる様子はまさにプロの姿でした。

 

 

さらに驚いたことが、記者の方は僕のブログを読んでくださっていてどのようなことをやっているのか把握していてくれたことでしたアップ

 

 

 

 ======================

Shi bun no San イベント情報

【Shi bun no San Autumn Collection2016 in 東京】

 

『はじめての茶道・茶会体験をしよう』をテーマに
同世代の若い人たちが気軽に楽しく「茶道」との
接点を持って体験できる場づくり
を提供しているアバンギャルド茶会の近藤氏とコラボ企画を東京世田谷にて開催。

 

Shi bun no Sanは秋・冬のコレクションを展示販売
アバンギャルド茶会は近藤氏がコレクションしているお茶道具を大放出


1日限定の限定イベントになります!

 

Facebookページもあります~ご参加ご希望の方はコチラのイベントページから「参加予定」ボタンをお願いいたします!

https://www.facebook.com/events/605943176233639/

 

■日時:2016年11月3日(祝)10時~17時
※参加無料/入退場自由

 

■場所:東京都世田谷区赤堤3-12-21 A-Plaza赤堤 2階
小田急線豪徳寺駅 徒歩8分/世田谷線松原駅 徒歩5分 

 

{7AE26CFA-3797-44E3-A05A-AF1A48D73642}


 

 

【同時開催】→日本文化を語る会 in 世田谷
さらに、イベント終了後は、日本文化好きで集まって懇親会しましょう!

 

 

懇親会につきましては、アバンギャルド茶会Facebookイベントで「参加予定」をお願いします!

(参加多数の場合、事前締め切りする場合もございます)https://www.facebook.com/events/1601242480177870/ 

 

 

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 



【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから
 
 

======================

  

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)