小学校の給食時における時間配分

テーマ:
小学校では、給食が出たり、お弁当を持参したりとお昼ご飯を食べる時間というのがあります。
幼稚園や保育園でもこういった時間はありますが比較的自由な感じでしたよね。
 
小学校に入ると決められた時間内に食べなければならないので大体30分を目安にして時間を設けている学校がほとんどみたいです。
 
昔は残すことをタブーとしたり、三角に食べなさいという三角食べをすすめていたりするような感じでしたが今ではそういったことが無いようで、個人個人に合わせて食べていけるよう配慮されているそうです。
昔とはだいぶ変わった感じですね。
 
でも、今でも変わっていないのは給食をおかわりする場合は、全部食べた人からね。というのがお約束みたいですね。
 
通常のお昼の時間は先生と生徒たちが教室で食べているのが一般的ですが、コミュニケーションの一環として校長先生が一緒に教室で食べたり、保護者の方を招いて一緒に食べてみたりとイベント的なこともする学校があるそうです。
 
また昔の給食のイメージとは違って、バイキング形式で食べることができたりする給食とかメニューが豊富になったりと、本当に今の給食は美味しくできているみたいです。
 
給食は限られた時間の中で食べるようにしなければなりません。
無理して急いで食べのはよくありませんが、遊びながら食べるようにしないよう時間配分をちゃんとして食べるように学校に入学する前から練習しておいたほうがいいでしょう。
 
 

小学校入学までの手引
AD