ひさびさのブログ

テーマ:
2年以上ぶりのブログを書くことに。

最近考えていて、腑に落ちてきたこと。

何か目標なり、やりたいことなり、を考えるときに、

今の自分はOK、そこから何をやりたいか

今の自分はあんまりいけてない、そこから何をやりたいか

前者でスタートしないと、結局はHappyになれない、
ということを2年以上前に言われて、ずっと頭にあって、
わかってたつもりでも、なかなか腑に落ちていなかった。

当時は、そんなこと言っても、
いまできてないことはできていないし、
やりたいこともやれてない、
だったらもっとがんばらないと!っていう感じで。

それが最近わかりだしてきた。

自分のバスケットの思い出ともリンク。

高校時代は、怒られっぱなしで、試合に出てもミスばっかりで、
なんとかしなきゃって、休み時間もシュート打ったり、人一倍走ったり。
でも結局実らなかった。

とにかく0からスタートしたくて、
アメリカに行って、もう一度バスケットを始めたとき。
誰から何を言われても、言われなくても、
ただ、自分がうまくなりたくて、やりたいプレイがいっぱいで、
ひとり遅くまでジムで練習。なんかもう練習っていう感覚でもなくて。
休みだろうが、なんだろうが、やりたいときにやるって感じで。

あとは中学時代。
このころは間違いなく怒られまくっていた。
でも毎日うまくなりたくて仕方なくて、授業中も、NBA選手から学ぶ!みたいな本を読んで、
見たPlayを放課後の部活ですぐに試したくて、授業が終わったら走って体育館に!みたいな。
毎日バスケットのことで頭がいっぱいだった。

高校も中学も怒られていたのは一緒。
でも中学とアメリカのときは、自分で自分のことはだめだと思ってなんていなかった。
高校の時は、なんて自分はだめなんだろう、そればっかりだった。

大人になって、自分は、いつも何か足りていない気持ちでいたけど、
それじゃ高校時代と一緒なんだって。

そんなこと考えるヒマなく、目の前のやりたいことをやっていこう

誰がなんて言おうが、本当に関係なくて

本気でやれば、大概のことはできる、
なのに自分で自分を評価して、勝手にブレーキをかけている
そんなこと考えるヒマなく、本気でやりたいことをやればいいんだー

いい意味でフラットに

いまうまくいっていない選手も、それでつまづいているなら、
まず、他者の評価より、自分の評価を気にしなくちゃいけないんじゃないか。
自分で自分をだめだと思っていたら、どんな努力も実らない。

そんなことも考えた。
AD