こんにちは。
雑用係の佐々木晃と申します。


いつもブログを

ご覧いただきまして

有難うございます。


本日は、弊社の夏のイベントの

ご紹介をさせていただきます。

 

 

 

 



①8月12日

佐々木酒造 蔵開き
 

一般的に「蔵開き」と呼ばれる

酒蔵イベントは、

秋冬

お酒造りシーズン紅葉雪だるま

 

 

しぼりたての新酒を味わったり、

酒粕や粕汁の振舞いがあったり、

お酒造り真っ最中の

酒蔵の見学をするのが普通です。

 

 

 

弊社では蔵開きを

地元大学のインターン生の

活動期間に合わせて行うため

真夏

に開催しています風鈴

 

 

来られたお客さまは、

美しいフルートの演奏の中、

 

汗をダラダラと流しながら

お弁当を食べてお酒を飲んでいただき、

 

オフシーズンで何もしていない

酒蔵の中を歩いていただきます。
 

 

お申込みは

7月13日(木)の夜から

弊社WEBページより、

お申込み者多数の場合は抽選となります。

(抽選倍率は例年5〜6倍ぐらいです。)

http://jurakudai.com/

 





②8月19日

京の夏の旅

菊水の特別ミニ会席の昼食と

佐々木酒造の日本酒飲み比べ

よく「京都の夏は暑い」

といわれます。

 

夏はどこに行っても暑いはずですが、

三方が山に囲まれている京都盆地は、

風があまり吹かず、

湿気も多く、

夜まで熱気がこもっている為

そう言われるのだと思われます。
 

 

 

そのような

敬遠されている時期だからこそ、

特別拝観や

キャンペーンイベントも盛り沢山。

 

その中のひとつ、

菊水の高橋社長と私がトークを行い、

それを辛抱して

聞いていただいたあとには

おいしいお料理とお酒が楽しめる

というイベントがあります。

 

まだ少し残席ありますので、

ぜひご参加ください。

 

お申込みはこちらから

http://www.kyokanko.or.jp/natsu2017/natsutabi17_03.html#03






③9月16日

第3回 蔵酒場 佐々俵
 

かつてお笑いタレントとして

活躍された越前屋俵太さんとの

コラボイベントです。

 

 

俵太さんは

タレント業を休止している現在、

書家、大学の講師、イベント企画など

多才でマルチな活躍を続けられています。

 


「蔵酒場 佐々俵」は

酒蔵を居酒屋にしてしまおう

というコンセプトのもと、

 

弊社とっておきの日本酒各種、

焼き鳥やうなぎの屋台の出店、

駄菓子やソフトドリンクもあり、

夏祭り的な雰囲気で

楽しんでいただけます。

 

 

よくある

日本酒イベントと

どう違うのか?」

と聞かれたら・・・

 

同じようなものですが、

俵太さんと私が皆さまを

おもてなし致します。

 

お申込みは8月上旬から

弊社WEBページより

400名先着順。

http://jurakudai.com/

 

 

▼こちらは去年の様子

http://ameblo.jp/sasakisyuzo/entry-12196963616.html

 

 

 


この他にも京都の夏には

色々な企画、イベントがありますので、

ぜひ夏の京都観光に

お越しくださいませ。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

▼こちらも本日更新。

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(2)