2013-09-27

不気味な倉庫

テーマ:新・恐怖の味噌汁
小学校の教師たちが、

翌日に迫った運動会のため、

夜遅くまで準備をしていた。

あるベテラン教師が、新人教師に言った。

「得点ボードが、裏の倉庫にあるはずだから持ってきて」

校舎の裏には照明がなく、真っ暗。

本当は行きたくなかったのだが、

断ることもできず、

新人教師はびくびくしながら倉庫にたどり着いた。

ガラッガラガラ…っと、さびついた倉庫の戸を開けると、

そこにあったのは…

剣道の竹刀

フェンシングの剣

ヌンチャク

手裏剣

…とみんな武器。

ぶき、みんな

不気味な倉庫!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-09-20

吸血鬼のレストラン

テーマ:新・恐怖の味噌汁
ある旅人が、森の中を歩いていると

古びてはいるが立派なつくりの

レストランを発見した。

おそるおそる中に入り

おすすめコースを注文すると、

出てくるわ出てくるわ

血がしたたるようなレアステーキに

ハンバーグにとんかつに肉だんご…

さまざまな肉料理が次から次へと

運ばれてくる。

「こんなにたくさんの肉料理、

とても食べ切れないよ」

旅人がそうもらすと、

ウェイターが近づいてきて

そっと耳元でささいやいた。

「大丈夫です、途中で休憩がありますから」

そこは休憩付きのレストランだったのだ。

きゅうけいつきのレストラン

吸血鬼のレストラン!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-17

山の雪女

テーマ:新・恐怖の味噌汁
11月のある晴れた日。

ある大学の山岳部が登山に出掛けた。

登り始めて2時間ほど立った時、

突然、雲が空を覆いはじめ、

雪がパラパラと舞い出した。

部長はふと、いやな予感がしたため、

改めてメンバー5人、全員そろっているか

点呼をとってみた。

「青木!」「はい!」

「佐藤!」「はい!」

「橋本!」「はい!」

「山野!」「・・・はい」

山野の返事が小さかったため、

部長はもう一度聞き返した。

「山野!山野ユキおんな?(おるな?)」

やまのゆきおんな

山の雪女!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-12

復讐のアパート

テーマ:新・恐怖の味噌汁
じめじめした梅雨の日の夜、

OLの幸子がアパートへ帰って来た。

ガチャ…

ドアを開けると…

え?なんだろう?

いつもと何か違う。

部屋の中に異様なニオイが漂っているのだ。

匂いの正体は部屋干ししていた洗濯物。

幸子ははファブリーズを手に取ると

服にシュー!

服シュー!

復讐のアパート!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-11

血吸い魔

テーマ:新・恐怖の味噌汁
その日、野球部の部活に参加した

1年生の渡辺は驚いた。

3年生のキャプテン、遠藤先輩が

あまりにも痩せこけ、元気がなさそうだったからだ。

いつもは遠藤を見るなり元気に「チーッス!」とあいさつする

渡辺だったが、その日はさすがに戸惑った。

近くにいた2年生の小林先輩に聞いてみた。

「あいさつ、今するべきっすかね?後でするべきっすかね?」

すると小林はきっぱりと

「チーッス、今!」

ちーすいま

血吸い魔!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-10

死者の叫び

テーマ:新・恐怖の味噌汁
ある小学校で居残り授業が行われています。

台風が接近しているため、窓の外はものすごい風。

算数のおさらいをしているのですが、

ゴォゴォという風の音で、先生の声がよく聞こえません。

ひとりの子供が先生に質問をしました。

「4以下を切り捨てて、5以上を繰り上げるの、

なんて言いましたっけ?」

「四捨五入だ」

先生は答えました。しかし、そこ声もよく聞こえません。

「え?何五入?」

「四捨五入!」

「え?」

「四捨!」

「え?」

「四捨!」

死者の叫び!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-09

白骨の死体

テーマ:新・恐怖の味噌汁

今日は村の子供たちの肝試し大会。

子供たちは一人ずつ、林の中にある神社まで行き、

証拠となる白い石を拾い帰ってこなければなりません。

神社の境内では、おどかし役の「じろう」と「さとし」が

準備をしていました。

二人は鬼の格好をすることにしました。

二郎が頭に角をつけながら

「俺、ろうだからツノを2個するね」

と言うと、さとしは

「じゃあ、俺はだから足して7個だ」

と、7本もツノをし始めました。

それを聞いた二郎、ライバル心を燃やしていいました。

「だったら俺は二郎だから、2と6で8個だ!

俺は8個ツノしたい!」

8個ツノしたい!

はっこつのしたい!

白骨の死体!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-08

呪われた家

テーマ:新・恐怖の味噌汁
ある小学校のクラスが田舎の村へ

林間学校へ出かけた。

林間学校の最終日、子供たちが楽しみにしていた

スイカ割り大会がスタート。

青木、伊藤、上野と

あいうえお順にスイカ割りに挑戦するのだが、

カラ振りの連続で、なかなかスイカが割れない。

とうとう「な行」の野上が挑戦するが、やっぱり割れない。

野島、割れない。

野田、割れない。

野村、割れない。

しかし!

野呂、割れた!イエ~イ!

のろわれたいえ~い!

呪われた家!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-07

人食いワニ

テーマ:新・恐怖の味噌汁
ある田舎の小学校のすぐ目の前に池があった。

その池の深さは、大人でも足がつかないほど。

もし子供が落ちたら大変。

小学校の校長先生は、その池の持ち主に

何か安全策を取ってくれないかお願いをしに行った。

「周りに杭を打って、入れないようにしてもらないでしょうか?」

校長先生がお願いすると、池の持ち主は

「うちに杭はねぇ」

とあっさり拒否。

「では、夜になったら火をともしてもらえませんか?」

校長先生がお願いすると、池の持ち主は

「火をつける物もねぇ」

とまったく聞く耳を持たず。

「そこを何とか…」

校長がねばると、池の持ち主は怒り出し

「火と杭はねぇ!」

ひとくいわにぇ!

人食いワニィ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-06

暗闇の大蛇

テーマ:新・恐怖の味噌汁

ある少年が田舎のおじいちゃんの家へ

遊びに行きました。

おじいちゃんの家には江戸時代に作られたという

古びた倉が立っていました。

その倉が気になって仕方がない少年、

ある日、おじいちゃんに頼んで、

中を見せてもらうことにしました。

ギギギ…

重い扉を開けて中に入ると

そこには、錆びついたカマやクワ…

雨の日にかぶっていた蓑(みの)など、

使わなくなった農具がたくさん。

「こんなの捨てればいいのに」

少年がつぶやくと、

おじいさんは言いました。

「ふっふっふ…この倉や、蓑、大事や」

くらやみのだいじや

暗闇の大蛇!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。