日本各地めぐり”ささっぷる”

これを機にブログタイトルを変更しました。
東京近郊を中心に、時には国内の遊里跡をメインに街をぶらりと歩いてはデジカメで撮った下手糞な写真を織り交ぜて綴る、観光案内になっていない散策ブログ。

Ameba Ownsサイト”ア●街が放送しない街並み散歩 ”管理人のAmeba Blog版。

各地を歩いたLiveレポ、最新情報、小ネタetc、思いついたことを取り留めもなく綴ります。


Ameba Ownsブログ

ア●街が放送しない街並み散歩

ア●街で放送されないような遊里跡(遊郭・花街・赤線・青線街)を中心に散策し、拙い写真を織り交ぜて綴る、観光案内になっていないサイト。


Red Zone & Blue Zone

それまで巡り歩いた街並みを撮った写真を忘備録的に集めたサイト。


注意

当ブログはコメント承認制です。

記事に関係のないコメント(特に明らかにコピペと思われるもの)は公開せず


ポイ(ノ ̄ー ̄)ノ :・'.::・>+○┏┛焼却炉┗┓


と削除させていただきます。 ドクロ


テーマ:

前回はガチ"昭和"な「せと末広商店街」を取り上げましたが、実は瀬戸にはもう一つ、これまた乙な商店街が近くにあります。

これもブログ的には格好のネタなのですが、その前に、「せと末広商店街」のアーケードから外れた街並みも結構なものなので、そこで撮った写真の数々をば。

 

「せと末広商店街」のアーケードを抜けた先にも、商店が立ち並んでいるのですが、やはり雰囲気は"昭和"のまんまです。

 

錆具合がいいファンタの看板。

このロゴは相当古いんではないでしょうか。

 

その隣にある3階建ての建物、これがまたいい雰囲気なのです。

 

ハイカラな門構えの奥には2つの入り口、そこに「男」と「女」の文字。

まさか、これって銭湯??

 

建物を彩るタイル張りがきれいなこと。

 

門の表札にうっすらと文字が見えます。

「蛭子湯」だそうです。

あのギャンブル好きでいつも汗かいている人しか出てこない競艇マンガを描いている大ボケなタレントとは関係ありませんw

 

建物から引いて全景を撮ってみると、背後に煙突が立っているのが見えます。

それにしてもこの銭湯温泉、現役ではないようです。

 

アールを描いている建物は床屋さん。

サインボールと同じ三色の幌が素敵ですね。

これで真ん中が黄色だったら、「あ、そうかそうか」となるんですが......おや、誰か来たようだ。

 

その斜め向かいにある酒屋さん。

「清酒 清正」は知多半田の地酒。

 

タバコ屋さんも兼ねていたようで、きれいなタイルのカウンターが残っています。

 

さらに歩いていくと、また煙突。

これも銭湯??

 

ここの銭湯も閉店のようです。

陶房で働く男たちの需要が多かったのか、昭和30年代には40軒近くもの銭湯があったというのですが、現在は数軒ほどに。

ちなみに、近くには数少ない現役の銭湯「日本鉱泉」があるそうで。

 

瀬戸が最も活気があったころは、こういう通りも賑わいを見せていたんだろうと想像できます。

しかし、今では人っ気があまり感じられません。

 

あまりの錆びっぷりで判別しづらい看板。

「二木パン」って書いてるんでしょうか。

 

「おくりものに たばこ」と書かれたタバコ屋のカウンターが見えます。

タバコが贈答品として買われた時代もあったんですね。

 

2階の手摺がいい感じの商店。

こちらは現役の様子です。

 

「煙草小賣所」と書かれているんでしょうか。

珍しい琺瑯看板です。

 

探せばまだありそうな瀬戸のレトロ物件。

これは奥深そうですね。

次回は陶器の街らしい小径へ。

 

 

カメラ佐々張写真館カメラ

瀬戸川沿いに建つ、タイル張りの和風建築。

実は元は交番だったそうで。

昭和14年築の旧蔵所交番で、現在は観光案内所として再生。

AD
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。