気が付けば1月半ば

テーマ:
こんにちは音譜


気が付けば、
年も明けて、早半月…

年末年始は世間並みにちょこちょこ忙しく、あっと言う間に今日に至った感じがします(年はとりたくないものです)あせる


さて、年が明けてから
いろこの地方は雪が降り、散歩に内向きな私をよそに、いろこのときたら


シンクロでダッシュDASH!DASH!
足跡が可愛いあしあとハート


途中、吹き溜まりの場所で
隊列を 組んで、前進しっぽフリフリ足あと


未踏の田んぼ道を猛ダッシュDASH!DASH!
私の身にもなってくれーーー笑い泣きあせる



冬休みで帰省した娘の勉強の邪魔をする このは
イヒヒ、べんきょうのじゃましてあげるぅ♪
このはー、じゃましないでぇー


えへ♡ねぇたんをこまらしてあげまちた♪



お友達から頂いた、プレゼントを前にして記念撮影カメラ
あれれ、プレゼントが写ってないよハッ
プレゼントといろこのの距離がありすぎて、入らなかった…ハートブレイク


そんな、のほほんした正月も終わり、
次々と子供達が帰って行くのを察知した いろこのダウン
そんな、寂しげな顔をしないでおくれ…


ふて寝かなはてなマーク
珍しくひとつのベッドをシェアしてますドキドキ



そして…
しまホイにもしまドラも、なかなか活用しない いろこのに業を煮やして、私が強制収容グラサン


そのまま出て来ないので、クランチを進呈したら、中でかじってました音譜

いろはは相変わらず、お気に入りの場所で寝てますてへぺろ





こんな感じですが、今年もいろこのとおかかをよろしくお願いいたします土下座

AD
前回の記事に、心温まるコメント&いいねをありがとうございました。いつ自分の身に起きても不思議ではない事なので、色々勉強になりました。


さてもうすぐクリスマスですが、3年前のクリスマスイヴにいろははを迎えた事は随分と昔に思えるというか、あっと言う間に3回目のうちの子記念日を迎えることが出来ました爆笑
(とは言え、23日から私は訳あって実家へ帰省する為、前倒ししました)

この時期、昨年はスマホの不具合でバタバタしてましたが、今年は色んな事が重なってバタバタ。やはり師走はバタバタするものなのかもしれませんねえーん
なので、今回はプレゼントに洋服をオーダーしただけでご馳走とケーキは作らずにあるもので…それでも美味しいものが1日に何回も食べられてご満悦だったような…てへぺろ



今回の洋服は、被るのが苦手な子の為にデザインによっては前開きor背開きに変更可能な作家さんにお願いしました。今回は袖着きなので背開きでニヤリ
洋服を着せられると知って、おやつを持っていてもベッドから出て来ないいろはは置いといて、このはにモデルさんをお願いしました口笛
ウマウマくれるんでしょ?
なら、がんばるねー♪


高級おやつで、やっと出て来たいろは笑い泣き
おやつに釣られる目は真剣そのものえー
早くウマウマください


美味しいです♥          もっとくださいな♪



いろはの背中を撮りたい私は、前後左右に動いてベストポジションを探すけど、
私が動く=おやつを持つ手が動く=いろこのも動く笑い泣き笑い泣き
まだー?
もーこれでいいでしょ
ドタバタな撮影会でした




今朝は豪華に「北の極み」をトッピング。
いつもと違うトッピングにビックリするくらい前に出て来たいろはに注目!
普段はこんなにお行儀の悪い子じゃないんですけどね~てへぺろ
美味しいものがわかる賢い子なんです。(きっと笑)
このはは安定の離れてフセです。(お迎え時から変わってません)




人間の昼食後にイチゴいちごを進呈
このはの舌チョロと視線に注目です!



そして、さんしーママさん手作りの豚さんの骨も進呈しましたラブラブ
美味しいのがわかっているので、オーブントースターで温めている時から大騒ぎですラブ
このははここでも舌チョロですてへぺろ
いろはも早く食べたくて、いつも以上にお利口さんしてます
さんしーママさん、ありがとうございました照れ





そして最後に…
昨年は作ってあげられなかったので、今年は頑張って1年間のスライドショーを作りました。良かったら見てください土下座

いろちゃん、うちの子になってくれてありがとうラブラブあなたのおかげで、毎日が楽しいです。これからもよろしくねっウインクルンルン




今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました照れ





AD
表題の通り、当ブログは犬ブログなのですが、今回はちょっと近頃ざわついた出来事のお話です。
興味のない方はスルーして下さい。


先日、お昼休みが終わって、さあ!と言うところに、友人(Aさん)から電話が来ました。

聞くところによると、Aさんのお子さん(Bさん)は、学校を1ヶ月程休んでいるとの事。
Bさんは高校を卒業し、首都圏の学校へ一人暮らしで通っています。元々あまり連絡をしない子らしく、電話をしても電源が入ってなかったり、メールやラインも既読スルー。担任の先生にもそんな感じだったらしく、先生が連絡しても返事が来たのは1週間後だったらしいです。
Aさんは、Bさんの就職の事もありますし(今年度卒業予定)年内に一度会いに行こうかな?と考えていた矢先の事だと言ってましたが、いつ行こうかどうしようか悩んでいたAさんに私は
「明日、Bさんの所に行ってきた方がいい。仕事どころじゃないよ」
と、言いました。
担任から、もう少し休んでもまだ留年のレベルではないと言われたとの事ですが、猶予はどのくらいあるのか?本人はまた学校へ通う意志があるのか?就職が決まらなかったら、親元に戻ってくるのか?等問題は山積だと思ったからです。

そして「Bさんを追い詰めちゃ駄目だよ。こうなると思ってたって言っちゃ駄目だよ」と伝えるのが精一杯。
他に何を言えばAさんの気持ちは落ち着くのだろう?何かいいアドバイスはないかな?
と考えますが、いざとなるとなかなか思いつかないものです。


今回は友人の身に起きた事ですが、もし自分の身に起きた事だったら、私はここまで考える余裕はあったかな?冷静でいられたかな?どうなっていたでしょう?
相方が毎日仕事に出てると思っていたら、リストラされてて、仕事に出てるフリをしていた…とか、子供が学校に通ってるフリをしていたら…などと色々考えさせられました。

やはり最終的に親は、子供が元気でいてくれればそれでいいと、思うのでしょうか?
私の最終目標は子供の自立なのですが、それは希望になってしまうのかな?などと、悶々と考えてしまいました。




AさんとBさんは話し合いの結果、学校を辞めて親元に帰る事になるそうです。Bさんが卒業を目前になぜ学校が嫌になったのかは、私にはわかりません。
あと数ヶ月で卒業なのに勿体ないと思うのは親のエゴなのでしょうか。


少し前まで『対岸の火事』位にしか思わなかった出来事ですが、自分の子供にも起こり得る事であり、物凄く考えさせられました。



子育て、犬育て…思うようにはいかないものですね
※本文と写真は関係ありません
※画像はお借りしています



私の独り言にお付き合い頂き、ありがとうございました。

AD