ゴルフ スライスの原因と直し方

社会人からゴルフをはじめてスライスに悩み続けること10余年ついに克服した秘訣を公開!
スライサーが真似してはいけない陥ってしまうスイング理論の罠やグッドスイングを手に入れる練習方法を紹介します。


テーマ:
ドライバーをカウンターバランスにするべく

グリップウエイトシステムなるものを購入しました。
前記事(http://ameblo.jp/sasa-golf/entry-11696975704.html


グリップエンドを付属のカッターでくり抜くのですが
カッターの刃の切れ味が悪いので結構力が必要でした。

くり抜いた後は、中に下巻テープの残骸が残っているはずなので
それを取ってから重りをつけた方がいいと思います。

僕は下巻テープの残骸を取り除いてから付けました。



重りの装着に関しては、プラスドライバー1本で簡単に装着できました。

ねじを締めると黒い部分(ゴム製)が膨らんでシャフト内に密着して固定されます。

↑通常の状態です。

ねじを締めてゴムの部分が膨らんだ状態。
少し膨らんだのが分かりますね。

きつく締めすぎるとシャフトに負荷がかかり、割れるれる可能性もあるので、適度な力加減が必要かなと思いました。僕の勝手な想像です。

やっぱり、シャフト折れ2回目はやりたくないんでね。

装着後はこんな感じです。


重さはある程度調整できる様ですが、とりあえず最大重量57グラムで装着。

ドライバーの総重量は323g+57グラムで超ヘビーなドライバーに変身

持った感じ、57グラムでも明らかにグリップが重くなったのが感じました。

素振りをしても、重くなったのがビンビン伝わってきます。

クラブを互い違いにして振った時と、また違った感覚なんですが


ちょっと大げさかもしれませんが、

クラブを振るって言うよりも、「クラブに振り回される」って感じですかね。

ヘッドスピードも、クラブバランスとかも一切計っていませんが

なかなか良い感じです!

明日、練習無でいきなりコースで使ってみます。

どうなっちゃうんだろうか!?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スライス撲滅運動@sasaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります