カレン☆初めての病院

ブリーダー引退犬のカレンを我が家へ迎えるにあたって、
今後は出産をさせないという条件だったので2月上旬避妊
手術を受けています。
 
手術後抜糸をし、患部の状態がもう大丈夫との診断を受けて
からようやくお迎えをしました。
 
迎えてからは、洋服を着せたり、腹巻きをさせたりして出来
るだけ患部をカバー。
しかし一日に何度もうねうねしたり、匍匐前進みたいな事し
てお腹を擦り付けたりしたせいか、少し腫れて赤くなってい
るのが気になります涙

一旦ペットショップに行って相談し、肛門腺に関しても少し気になる
事があったので、お迎え後初の病院へ病院
 
 
ミシェルもお付き添いふれんちパイド

仲良く乗ってる姿がホントに可愛くって注目の的ぷ
 
 
 
病院は祭日も混んでます。

避妊手術を受けた病院が、ちょうどミシェルがいつもお世話に
なっている病院だったので、状況をすぐ分かって頂けた様です。
 
 
 
順番待ちしてると、ご近所のフレブル仲間の福ちゃんにバッタリフレブル
カレンと福ちゃんは初対面だったので、おちりクンクンご挨拶てへぺろ

福ちゃんもカユカユが良くなると良いね涙
 
 
 
肛門腺の検査等で時間が掛る為、私とミシェルは一足先に帰宅ブル散歩
診察結果が気になりますショボーン
 
 
 
結果・・お腹の手術跡は大したことない様ですが、肛門腺に関し
ては放っておくと悪化するとの事で飲み薬を処方して頂きました薬(錠剤)
 
 
初めてのお薬は錠剤が四種類も汗上手に飲めるかなあせる
ちょうどトッピング用に小さくカットしたお芋を茹でてあっ
たので、そこに埋め込みフードに混ぜたら上手に飲めました合格
 
 
早く良くなりますように・・・祈る
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
 
AD