単複馬券で回収率120%を目指すブログ

2018年的中ピックアップ
シルクロードS:ファインニードル(単勝770円)
京都記念:クリンチャー(単勝1050円)
阪神大賞典:レインボーライン(単勝560円)
皐月賞:エポカドーロ(単勝1450円)


テーマ:

皐月賞


◎エポカドーロ


◆本重賞の傾向

・前半3ハロンが35秒台のレースで連対した馬が中心

・瞬発型の馬が中心

・前走4コーナー7番手以内が目安

・馬場改修で馬場が軽くなり、2015年以降の好走馬は上がり34.3秒程度

・過去5年の勝ち馬は前走芝1800m出走

・前走3着以内の馬が中心


◆血統傾向

・馬場改修後はディープインパクト産駒、キンカメ系の独壇場


◆考察

皐月賞は流れが非常に速いレースのため、スローペースばかり経験してきた馬では厳しく、前半3ハロンが35秒台の芝レースで連対した馬が中心のレースです。出走馬の中で該当するのは、エポカドーロ、オウケンムーン、ジェネラーレウーノ、ジャンダルム、ジュンヴァルロ、ステルヴィオ、タイムフライヤー、ワグネリアンの8頭です。


また、皐月賞は中山芝で行われはしますが、瞬発力のない馬には厳しいレースです。ただし、末脚だけの馬も届かないレースです。つまり、好位につけられるけど瞬発力もしっかりしている馬というのが皐月賞馬に求められています。さすがクラシックレース皐月賞といったところです。ちなみに上記8頭の中で、瞬発力不足なのはジェネラーレウーノ。位置取りが後方過ぎるのはタイムフライヤーです。


重賞2戦で惨敗しているジュンヴァルロを除いたエポカドーロ、オウケンムーン、ジャンダルム、ステルヴィオ、ワグネリアンの5頭から本命を選ぶことになります。ダノンプレミアムが出走していたらあっさり勝っていたと思えるだけに非常に残念です。


候補馬五頭についてのコメントは以下の通りです。馬名の横には、ラップギア適性、好走時の平均上がりタイムを記載しています。


エポカドーロ  210  35.0

前で競馬出来て瞬発力もあるため、馬場改修前の皐月賞なら迷わず本命です。馬場改修で馬場が軽くなったのがマイナスですが、週末は時計のかかる馬場になりそうなので、そうなると面白いでしょう。最大の不安要素は戸崎騎手ですね。


オウケンムーン  210  34.7

近年皐月賞馬を多数輩出している共同通信杯の勝ち馬。この馬は3連勝で共同通信杯を勝ちましたが、3戦すべてで戦った馬が次走以降好走できておらず、レベルがかなり疑問です。好走時の平均上がりタイムが遅いので、時計のかかる馬場になった方が良いでしょう。


ジャンダルム  300  34.6

ホープフルステークス2着、弥生賞3着と頭打ち感のある馬。操作性のよい馬なので、武豊騎手には合うと思います。内枠を引きましたので、勝ち切るのは厳しくても好走は可能だと思います。


ステルヴィオ  320  34.3

スプリングステークスは加速ラップを差し切る圧巻の競馬。ここでも勝ち負けできる能力はあると思います。問題位置取りと馬場で、馬場が渋ったのはマイナスでしょう。多頭数の中山だとワグネリアン同様差し損ねが心配です。


ワグネリアン  310  33.5

追込み馬のため皐月賞では買いたくないところに、鞍乗が福永騎手のためますます買う気が起こらない馬。瞬発力は抜群なのと、好走時の上がりタイムが早いのでダービーでは勝ち負けできると思いますが、多頭数の中山で行われる皐月賞だと好走止まりだと思います。


◆過去の予想

2017 ◎アメリカズカップ 18 15番人気

2016 ◎サトノダイヤモンド 3 1番人気

2015 ◎サトノクラウン 6 1番人気

2014 ◎ワンアンドオンリー 4 4番人気

2013 ◎フェイムゲーム 12 7番人気

2012 ◎ゴールドシップ 1 4番人気

2011 ◎サダムパテック 2 1番人気

2010 ◎ゲシュタルト 7 12番人気


テーマ:

アンタレスステークス


◎ユラノト


◆本重賞の傾向

・瞬発力のある馬が良い

・先行力のある馬が良い


◆血統傾向

・キングマンボ系が強い

・サンデー系とミスプロ系の配合が良い


◆考察

11ヶ月ぶりのグレイトパールが1番人気になりそうな今年のアンタレスステークス。基本的に先行力のある瞬発馬が活躍するレースで、芝っぽい特徴があります。


該当するのはキングカメハメハ産駒4頭で、グレイトパール、トップディーヴォ、ユラノト、ディアデルレイです。


悩みどころですが、ユラノトを本命。前走準オープンの馬を本命にしていいものか悩みましたが、今年は全体的に出走馬のレベンが低いので通用するのではと考えました。


テーマ:

アーリントンカップ


◎レッドヴェイロン


◆本重賞の傾向

・瞬発力が求められるレース

・近2走で上がり2位以内の馬が期待値高い

・基本的に外枠が良いコース


◆血統傾向

・父か母父が芝2400mG1血統が良い


◆考察

瞬発力があり、速い上がりを使える王道血統の馬がちゃんと走るレースです。

人気馬の中で瞬発力がやや不足しているのは、タワーオブロンドン、パクスアメリカーナ、エアアルマス、ダノンスマッシュの四頭です。

逆にこのレース向きなのは、インディチャンプ、レッドヴェイロン。人気薄ではラセットも良さそうです。

外枠が良いコースなので、レッドヴェイロン、ラセットが良さそうですが、デムーロ騎手が乗りながらも4番人気前後になっているレッドヴェイロンが狙い目でしょう。



テーマ:

桜花賞


◎リリーノーブル


◆本重賞の傾向

・チューリップ賞組が中心

・社台ファーム生産馬は期待値が高い

・マイルを135秒未満で走破し、33秒台の上がりで勝ち負けした馬が馬券に絡む

・外枠有利のコース


◆血統傾向

・王道血統が強く、ディープインパクト産駒、ハーツクライ産駒が良い。


◆考察

今年はチューリップ賞上位馬ののレベルが高く、13着馬は「マイルを135秒未満で走破し、33秒台の上がりで勝ち負けした馬」という条件を満たしています。それ以外の馬でこの条件を満たしているのは、プリモシーンの未勝利戦のみです。この4頭が桜花賞の中心となります。まあ、プリモシーンはフェアリーステークスから直行なのでさすがに厳しいと思いますが。


ラッキーライラックはレースが非常に上手な馬で、高速馬場にも瞬発力勝負にも対応できる能力があるので、桜花賞も最有力であることは間違いありません。ただ、外枠有利の阪神マイルで最内枠はマイナス。スタートで後手を踏んだら包まれて厳しいですし、乗りにくいと思います。まぁ、普通に快勝する可能性も高いとは思いますが、1倍台なので期待値は高くないと思います。


マウレアはクイーンカップ、チューリップ賞と使ってさすがに今回は上積みを期待するのは厳しいとと思います。前走でラッキーライラックに完敗ですし、マウレアからスケール感が全くないので、勝ち切るのは厳しいと思います。


本命にしたいのはリリーノーブル。ラッキーライラックに2連敗ですが、阪神JFは中一週、前走は余裕残しなのでまだチャンスはあるかなと思います。騎手も含めて逆転できそうな馬はリリーノーブルだけに思えます。


◆過去の予想

2017 見送り

2016 ◎シンハライト 2 2番人気
2015
◎アンドリエッテ 6 4番人気
2014
◎ヌーヴォレコルト 3 5番人気
2013
◎メイショウマンボ 10 4番人気
2012
なし
2011
◎マルセリーナ 1 2番人気



テーマ:

ニュージーランドトロフィー


◎アイスフィヨルド


◆本重賞の傾向

・内枠有利

・近2走で上がり2位以内の馬が期待値高い

・ラップギアの平坦型が良い


◆血統傾向

・短距離血統が良い


◆考察

メンバーレベルが例年以上に低い今年のニュージーランドトロフィー。アーリントンカップが四月開催になったことが影響しているのでしょう。


ラップギアの平坦適性の高い馬を狙えばいいレース。コース形状から内枠先行馬が有利なので、該当馬のアイスフィヨルドを素直に本命にします。



テーマ:

阪神牝馬ステークス


◎ワントゥワン


◆本重賞の傾向

・前走G1出走馬または前走3着以内の好調馬が中心

・瞬発力必須


◆血統傾向

・王道血統が良く、特にディープインパクト産駒、ステイゴールド産駒。

・母系にアメリカスピード血統。


◆考察

スローの瞬発力勝負になりやすく、瞬発力必須のレースです。


リスグラシューは1番人気のハーツクライ産駒で取りこぼしがありそう。ソウルスターリングは強い馬ですが、ここが目標ではないですし、今回は内枠に入ったので本命にはしません。


今回狙いたいのはワントゥワン。外枠のディープインパクト産駒で、中7週の間隔を開けたのはプラス。瞬発力があり、速い上がりも使えるので一発があってもおかしくないかなと思います。



テーマ:

大阪杯


◎アルアイン


◆本重賞の傾向

・瞬発力と持続力を兼ね備えた馬

・前走G2以上で5着以内の馬が中心

・近年は近2走で上がり3位以内の馬が中心


◆血統傾向

・サンデー系、特にディープインパクト産駒


◆考察

スピードがあり、瞬発力と持続力を備え、操作性の良いことが求められるレース。大阪杯がG2時代からハーツクライ産駒が馬券に絡めていないのはスピード不足で不器用な産駒が多いからでしょう。スワーヴリチャード、シュヴァルグランとハーツクライ産駒の有力馬がいますが、この二頭には厳しいレースになるでしょう。


ハーツクライ産駒とは対照的にディープインパクト系が強いレースで、ディープインパクトの全兄ブラックタイド産駒のキタサンブラックも2年連続で連対しました。今年はディープインパクト産駒のサトノダイヤモンド、アルアイン、トーセンホマレボシ産駒のミッキースワローが有力です。


サトノダイヤモンドについてですが、明らかにまだ本調子ではなさそう。中2週で調子が戻るとは思えませんので。一回調子を落としたディープインパクト産駒は復活できないケースがほとんどなので、残念ですがこの馬も厳しいのかなと思います。


一方で勢いのある4歳馬アルアイン、ミッキースワローは有力です。どちらも甲乙つけ難いですが、内周り芝2000mに適性のあるアルアインを本命にします。



◆過去の予想

2017 ◎ヤマカツエース 3 4番人気

2016 ◎アンビシャス1 2番人気

2015 ◎エアソミュール 3 6番人気

2014 ◎ショウナンマイティ 5 4番人気

2013 見送り

2012 ◎ナカヤマナイト 5 3番人気

2011 ◎ダノンシャンティ 4 5番人気

2010 ◎ゴールデンダリア 2 9番人気



テーマ:

ダービー卿チャレンジトロフィー


◎テオドール


◆本重賞の傾向

・瞬発平坦両用型の馬

・前走5着以内の好調馬中心

・大型馬の期待値が高い

6歳以下中心で、5歳馬が強い

・前に行ける馬が良い


◆血統傾向

・パワー志向で、ロベルト、トニービン、欧州ノーザンダンサー系の血を持つ馬が良い


◆考察

近走好走のパワー血統ですと、ハービンジャー産駒2頭のテオドール、ヒーイズインラブ、スクリーンヒーロー産駒2頭のゴールドサーベラス、ミュゼエイリアンが良さそう。4頭とも中枠に入って枠にも恵まれました。

中山芝ということもあり、後方待機馬のゴールドサーベラスは減点です。


三頭ともチャンスはあると思いますが、コンスタントに先行して結果を残しているテオドールを本命にします。


テーマ:

高松宮記念


◎ブリザード


◆本重賞の傾向

・先行できる馬が中心

・芝1200mだが直線が長いので、平坦型の馬が良い

・前走重賞5着以内が目安

・中枠好成績。25枠の成績が良い。

・阪急杯を人気で好走した馬は結果を残しているレッドファルクス

・距離変更以降の京都牝馬ステークスを人気で好走した馬は結果を残している該当なし

・シルクロードステークスを人気で4角二番手以下から好走した馬も結果を残しているファインニードル

・オーシャンステークスを人気で負けた馬は穴をあけるレーヌミノル

・香港競馬はスローの瞬発力勝負のため、香港競馬で好走している馬は通用するブリザード


◆血統傾向

・父または母父ミスプロ系が良い

・父非サンデー系が優勢


◆考察

重賞傾向欄で名前の挙がった馬がレッドファルクス、ファインニードル、レーヌミノル、ブリザードの四頭ですが、この中で危なそうなのがファインニードル。この馬はシルクロードステークスで本命にしたように評価しているのですが、バリバリの消耗型なので切れ味が求められる高松宮記念は不向きだと思います。そこで、レッドファルクス、レーヌミノル、ブリザードの三頭に別路線組のダンスディレクター、レッツゴードンキを加えた五頭が候補です。


次に大事なのは位置取り。何だかんだ前につけた馬の成績が良いレースで、後方待機だと差し損ねる傾向にあります。そのため、後方待機が明らかなレッドファルクス、レッツゴードンキは本命にしにくいところです。あとは、中枠の成績が良いレースなので外枠のダンスディレクター、レーヌミノルは減点。


成績の良い2枠に入り、陣営も先行する意志を示しているブリザードを本命にします。香港競馬のスプリント戦はスローの瞬発力勝負が中心。スプリンターズステークスよりも高松宮記念と関連性が高いレースです。スプリンターズステークスで5着に入れた香港馬なら高松宮記念で勝ち負けできると考えています。


余談になりますが、歴代の国内スプリンターが香港スプリントで通用しなかったのに、ロードカナロアが香港スプリントを圧倒的な強さで連覇できたのは、ロードカナロアがスプリンターらしからぬ瞬発力を持った馬だったからだと考えています。


◆過去の予想

2017 ◎セイウンコウセイ 1 5番人気

2016 ◎ミッキーアイル 2 2番人気

2015 ◎ローブティサージュ 17 9番人気

2014 ◎レッドオーヴァル 14 9番人気

2013 ◎サンカルロ 9 3番人気

2012 ◎カレンチャン 1 2番人気

2011 ◎サンカルロ 2 4番人気



テーマ:

マーチステークス


見送り


ハイランドピークが人気ですが、そこまで強くないと考えています。内枠ならいかにも危険な人気馬なのでおもしろかったのですが、外枠に入ったので五分五分かなと思います。


買うならキンカメ産駒のディデルレイ、センチュリオンがいいと思いますが、今回は見送りです。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。