AMRITA

.


テーマ:
 

1854年、アメリカの第14代大統領フランクリン・ピアスは
インディアンたちの土地を買収し、居留地を与えると申し出た。

1855年、インディアン酋長のシアトルはこの条例に署名。


これは、その時のシアトル酋長が大統領に送った手紙です




 

『父は空 母は大地』より引用 寮 美千子(訳)パウロ舎出版



はるかな空は涙をぬぐい、今日は美しく晴れた。
あしたは 雲が大地をおおうだろう。
けれど 私の言葉は 星のように変わらない。

ワシントンの大首長が 土地を買いたいといってきた。

どうしたら空を買えるというのだろう?
そして 大地を。
私にはわからない。

風の匂いや 水のきらめきを 

あなたはいったいどうやって買おうというのだろう?
すべて この地上にあるものは
わたしたちにとって 神聖なもの

松の葉の いっぽん いっぽん
岸辺の砂の ひとつぶ ひとつぶ
深い森を満たす霧や 草原になびく草の葉
葉影で羽音をたてる 虫の一匹一匹にいたるまで
すべてはわたしたちの遠い記憶の中で神聖に輝くもの。

わたしの体に 血がめぐるように
木々のなかを 樹液が流れている。
わたしはこの大地の一部で 大地はわたし自身なのだ。

香りたつ花は わたしたちの姉妹
熊や 鹿や 大鷲は わたしたちの兄弟
岩山のけわしさも 草原のみずみずしさも
子馬の体のぬくもりも すべて 同じひとつの家族のものだ。

川を流れるまぶしい水はただの水ではない。
それは 祖父の そのまた祖父たちの血。
小川のせせらぎは 祖母の そのまた祖母たちの声。

湖の水面にゆれる ほのかな影は
わたしたちの 遠い思い出を語る。

川はわたしたちの兄弟。
乾きをいやし カヌーを運び
子どもたちに惜し気もなく食べ物を与える。

だから 白い人よ 

どうかあなたの兄弟にするように 川にやさしくしてほしい。

空気はすばらしもの。
それは すべての生き物の命を差さえ
その命に 魂を吹きこむ。

生まれたばかりのわたしに
はじめての息を 与えてくれた風は
死んでいくわたしの 最後の吐息を受け入れる風。

だから 白い人よ

どうか この大地と空気を神聖なままに しておいてほしい。
草原の花々が甘く染めた風の香りをかぐ場所として。
死んで 星々の間を歩くころになると
白い人は 自分が生まれた土地のことを 忘れてしまう。
けれど わたしたちが死んだ後でも
この美しい土地のことを 決して忘れはしない。
わたしたちを生んでくれた 母なる大地を。

わたしが立っている この大地は
わたしたちの祖父や祖母の灰から できている。
大地は わたしたちの命によって 豊かなのだ。
それなのに 白い人は 母なる大地を 父なる空を
まるで 羊か 光るビーズ玉のように 売り買いしようとする。
大地をむさぼりつくし 後は 砂漠しか残さない。

白い人の町の景色は わたしたちの目に痛い。

白い人の町の音は 私たちの耳に痛い。


水面を駆けぬける 風の音や
雨が洗い浄めた 空の匂い
松の香りに染まった 柔らかい闇のほうが どんなにかいいだろう。

ヨタカの さみしげな鳴き声や 
夜の池のほとりの 蛙のおしゃべりを聞くことができなかったら
人生はいったい どんな意味があるというのだろう。

わたしには わからない。

白い人は なぜ 煙を吐いて走る鉄の馬のほうが
バッファローよりも大切なのか。
わたしたちの命をつなぐために
その命をくれる バッファローよりも。
わたしたちには あなたがたの望むものが わからない。

バッファローが 殺しつくされてしまったら
野生の馬が すべて飼いならされてしまったら
いったい どうなってしまうのだろう?

聖なる森の奥深くまで 人間の匂いがたちこめたとき
いったい なにが起るのだろう?

獣たちが いなかったら 人間はいったいなんなのだろう?
獣たちが すべて消えてしまったら
深い魂のさみしさから 人間は死んでしまうだろう。

大地は わたしたちに属しているのではない。
わたしたちが 大地に属しているのだ。

ひとつだけ 確かなことは 
どんな人間でも 
赤い人も 白い人も わけることはできない ということ。

わたしたちは結局 おなじひとつの兄弟なのだ。

わたしが大地の一部であるように
あなたも また この大地の一部なのだ。
大地が わたしたちにとって かけがえのないように
あなたがたにとっても かけがえのないものなのだ。

だから 白い人よ。

わたしたちが 子どもたちに 伝えてきたように
あなたの子どもに 伝えてほしい。
大地は わたしたちの母。
大地にふりかかることは すべて
わたしたち大地の息子と娘たちに ふりかかるのだと。

あらゆるものが つながっている。

わたしたちが この命の織物を織ったのではない。
わたしたちは その中の 一本の糸にすぎないのだ。
生まれたばかりの 赤ん坊が
母親の胸の鼓動を したうように
わたしたちは この大地をしたっている。

もしわたしたちが 
どうしてもここを立ち去らなければならないのだとしたら
どうか 白いひとよ
わたしたちが大切にしたように この大地を大切にしてほしい。

美しい大地の思い出を 受け取ったときのまま
心に刻みつけておいてほしい。

そして あなたの子どもたちの そのまた 子どもたちのために
この大地を守り続け 私たちが愛したように愛してほしい。


いつまでも。

どうか いつまでも。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

??????? RIKOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。