小林沙羅オフィシャルブログ「小林沙羅のきまぐれ日記」Powered by Ameba

ソプラノ歌手、小林沙羅のブログです。
出演する演奏会についての日記を中心に、忘れてしまいたくない大切な日々を綴っていきたいと思います。


テーマ:
おととい、産休前最後のリサイタルとなる「独演コンサート」を無事に終える事ができましたキラキラ

今までよりは少しスケジュールを調整し、無理をしすぎないようにしては来ましたが、ここまでたくさんのコンサートに出演させて頂き、無事に歌えてこれたのは、まわりで支えて下さった方々、そして応援して下さったお客様皆さんのおかげです。

本当にありがとうございました。

出産後も10月から、秋、年末年始と、オペラやコンサートへの出演が予定されています。

しっかり体調を整えて、声も整えて、今まで以上に真剣に歌に向かい合って行きたいです。

皆さんには見守って頂けたら、そして変わらず応援して頂けたら嬉しいです。


おとといのリサイタルは休憩、アンコール含め2時間のフルプログラムでした。以下がそのプログラムです。


第1部
ブラームス作曲 J.Brahms
 日はもう照らない Die Sonnne scheint nicht mehr
 エオリアンハープに寄す An eine Äolsharfe
 私たちはそぞろ歩いた Wir wandelten
 サロメ Salome
 私は夢を見ていた Es träumte mir
 昔の恋 Alte Liebe
 春の恋はとても愛らしい Es liebt sich so leblich im Lenze

トスティ作曲 F.P.Tosti
 アマランタの四つの歌 Quattro canzoni d’Amaranta
  1 私をほっておいて下さい!息をつかせて下さい Lasciami! Lascia ch’io respiri
  2 夜明けは光と影を分かち  L’alba sepàra dalla luce l’ombra
  3  むだに祈り In van preghi
  4  何を語るのか?おお、賢者の言葉は Che dici, o parola del Saggio?

休憩

第2部
池辺晋一郎作曲
・春のビューグル (新川和江 詩) 
・風の子守歌 (別役実 詩)
・歌 (新川和江 詩)

山田耕筰作曲
・中国地方の子守歌 (岡山地方民謡)
・待ちぼうけ (北原白秋 詩)
・鐘が鳴ります (北原白秋 詩)
・AIYANの歌 (北原白秋 詩)
  1 NOSKAI
  2 かきつばた
  3 AIYANの歌
  4 曼珠沙華
  5 気まぐれ

アンコール 
・「たたへよ、しらべよ、歌ひつれよ」(山田耕筰作曲)
・「五月の夜」(ブラームス作曲)
・「えがおの花」(小林沙羅作詞・作曲)


このプログラムは私にとって初めて人前で演奏する曲も多く、挑戦のプログラムでした。

ウィーンでモーア先生と一緒に勉強したブラームスの歌曲、ピアニストの森島英子さんに、あなたの声に合うからと推薦して頂いたトスティの歌曲集、先日初演をさせて頂いた池辺晋一郎さんの新作と、昔から大好きだった「風の子守歌」、今の私にぴったりの作品「歌」、そして学生時代に勉強した山田耕筰さんの3曲とずっと挑戦したいと思っていた「AIYANの歌」。

お客様にとってはハードすぎる内容かしら、と少し心配もしていたのですが、皆さんが真剣に、そして笑顔で聴いてくださっているのが舞台上から見えて、嬉しかったですおねがい

そして、今回は、私が学生の頃からずっと応援して下さって私の歌を聴き続けている方々もいらしてたのですが、口々に、今日のリサイタルが今までで一番良かった!と言って下さいました。

妊娠してから体の変化に伴って歌の感覚も面白いぐらい変化して来ました。最近は息の入るスペースが減ってきて、工夫しないと目一杯息を入れる事ができない感じがしていましたが、しかしお腹に重りがあって重心の位置が下がったからか(笑)、声が安定しているなと思っていました。

また、精神的にも落ち着いて歌に向き合う事ができていて、演奏家としてとても充実しているのを感じています。

人生の変化に伴って、常に変化し続ける歌い手でありたい、と前から思っていましたが、今は自分が特に大きな変化の時にいるのを感じています。

不安ももちろんありますが、良いことも困難なことも全部、楽しみながら歌の糧にして行くぞ!と思っていますニコニコ

今回のリサイタル終演後に森島英子さんと撮った写真がこちらです。

{C4309115-D4FE-41EA-9796-B0A1B7640AC6}


こちらは演奏中の写真

{92CBC576-F318-4CD0-A2D0-9D9233BC6509}


今回はいつも演奏会に来て下さる方の中にも、チケットが取れなくて行けなくて残念…とおっしゃる方がいらしたので、今回のプログラムで取り上げた作品をまた他のコンサートでも取り上げて、さらに内容を深め、レベルアップした演奏を聴いていただけるようにしたいなと思っていますルンルン

6月の前半は、レコーディングやVOICE SPACEの仲間とのミニコンサートなどでまだまだ音楽漬けの毎日です。

6月後半、本格的に産休に入ってからも勉強したい曲がたくさん!他にもやりたい事がたくさん!体を大切にしながら、楽しく生き生きと毎日を過ごしたいと思っています。

また時々ブログでもご報告させて下さいウインク


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
さらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日の朝5時からのNHKBSプレミアム、クラシック倶楽部はご覧頂けましたでしょうか?2月20日の演奏会の時のことを思い出しながら、しみじみ見ていました。

もし再放送がある時はまたホームページに情報をアップします(^^)

明日はとある場所で学生さんたちと、第九を歌ってきます。楽しみ♪

そして、5月は…

毎年ゴールデンウィークに開催されているラ・フォル・ジュルネ音楽祭に今年も参加します!

5月3日には急遽決まった追加公演で、ドヴォルザークのオペラ「ルサルカ」より"月に寄せる歌"、ストラヴィンスキーのオペラ「放蕩者の成り行き」より"トムからは何の便りもない"の二曲をお送りします。

どちらも夜にちなんだ曲で、このコンサートではジョナス・ヴィトー、ユーリ・ファヴォリン、ルイス・フェルナンド・ペレスさん、3名のピアニストと私がそれぞれ夜にちなんだ曲を演奏する、という内容。今回は初めて、ユーリ・ファヴォリンさんが伴奏をして下さるのも楽しみです。

こちらはおそらくまだチケットは手に入るかと思います。



5月5日には今日放映された内容と重なりますが、ギターの荘村清志さんと、武満徹さんの作品を演奏します。2月20日に演奏しなかった作品も3曲入っています。

こちらのコンサートは完売です(>_<)


そしてそして、今回もう一つのコンサートに関わっています!

5月5日朝10時~ホールCで開催される、動物の謝肉祭のコンサートです!

こちら、今回は曲間に谷川俊太郎さんによって書かれたセリフと詩を、子ども達が朗読するのですが、そちらをプロデュースさせて頂きました。

子ども達は、私の出身校である私立明星学園小学校の生徒達10人。元気いっぱいの4~6年生です(^^)!

私が生徒だった頃の担任の先生や音楽の先生、部活の顧問だった先生もいらして、一緒に指導をしています。

その、練習の時の様子がラ・フォル・ジュルネの公式ホームページにアップされました。こちらをご覧下さい☆



子どもも大人も楽しめる内容になっています。ぜひ聴きにいらして下さい♪



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
さらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
皆さまにご報告があります。

このたび妊娠いたしまして、夏に出産の予定となりました。

お仕事は5月いっぱいまでコンサートが入っていますが、6月頭はレコーディング、そして6月後半からはお休みを頂く事になりました。

なにせ初めてのこと。わからない事だらけで、諸先輩方に意見を伺い、しかし皆さんそれぞれ考えも違い、アドバイスの内容も違い、いつから産休に入り、いつから演奏活動を復帰したらいいのかとても悩みました。

6.7.8月のコンサートはキャンセルさせて頂き、9月から復帰と思ってその心づもりでいたのですが、最終的にはもしもの事を考えて9月いっぱいもお休みした方がいいだろうと、主治医と相談の上に決めました。

出産にともないいくつかの本番をキャンセルする事になってしまい、関係者の方々にはご迷惑をおかけしてしまいました。

特に9月頭は大好きなドイツレクイエムを大阪で演奏させていただける本番が決まっていて、合唱で出演される予定の方々から、今度共演しますのでよろしく!と声をかけて頂いていたり、私自身も楽しみにしていたので降板はとても残念です(>_<)

大阪新音フロイデ合唱団の皆さま、大阪フィルハーモニーの皆さま、岩村マエストロ、バリトンの三原さんとは、またぜひとも共演できる機会を頂ける事を願っています。

その本番は素晴らしいソプラノの先輩、森麻季さんが歌って下さる事になりました。素敵な演奏会になることを祈っています。

産後復帰の演奏会は10月1.2日に奈良で開催される新作オペラとなります。こちらの詳細はまた後日ホームページでご報告させて頂きます。

それまでにしっかり体力を回復し、元気にいい歌をうたって復帰できるようにしたいと思います!!

産後復帰してから、秋冬の演奏会シーズンにはたくさんの本番がすでに決まっています。情報が公開になり次第、ホームページでご報告させて頂きます。来年はオペラもいくつか決まっていますし、パワフルに活動していきます!

子育てとの両立は大変な事もたくさんあるとは思いますが、やはり歌が大好きで私の生きるエネルギー源なのでやめるわけにはいかない!諸先輩方からアドバイスを頂き、家族や周りの方々に助けてもらいつつ、生まれてくる子どもを大切にして、元気いっぱい頑張って行こうと思っています!!!

これからも変わらず見守り、応援して頂けましたら嬉しいです。

また時々ご報告させて下さい。

まずはあさってのホルン福川伸陽さん、ピアノ河野紘子さんとのコンサート。なかなか演奏機会のない素敵な曲をたくさん演奏できるのでとても楽しみです!!頑張ります!

{7D914664-384A-4E6C-9E3E-6A66259B59E1}



{AF8DB153-77EF-4DD4-89FC-EB81282210AF}

{D49783A4-47B0-47D8-BEFB-7FCAABA81659}





いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
さらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
明日であの日から5年。

私は5年前、オペラのプロジェクト中で関西にいましたが、テレビに映った津波の映像や、移動中の車の中で聞いた原発爆発を伝えるラジオの声、その時の気持ちをつい最近の事のように覚えています。

毎年、宮城県石巻市の、ある被災した小学校で演奏しています。一年一年成長していく子ども達の笑顔を見るのがいつも楽しみです。

水に浸かってしまって使えなくなったもとの校舎にもおととしようやく戻る事ができて、少しずつ復興は進んでいます。

でも、関西にいた私でさえ忘れられないあの日の事は、子ども達の記憶からはなくならない。そして被災した地では、今でも完全に復興したとは言えない状況があります。

石巻にもまだまだ仮設住宅で暮らさざるを得ない人々がいますし、手付かずで津波の爪痕が残ったままの場所もあります。

国からの支援や、被災地から離れた所に住む人々の関心がどんどん減っていっていますが、でも、まだまだ、なんです。


明日は私はサントリーホールで行われるチャリティーコンサートに出演します。音楽のジャンルの垣根を越えて、様々なアーティストが出演し、復興支援の輪をつなぎます。

音楽家にできる事はそんなに大した事ではないけれど、でもできる事をしたい。

今年も秋に、石巻に子ども達に会いに行きます!去年は、あの頃小さかった子たちが、中学生になって会いに来てくれました。みんなの心の中で少しでも、音楽が楽しいものとして残ってくれたらいいな。


まずは明日、5年目の3.11。心を込めて歌います。




2016年3月11日(金) 18:30 開演

サントリーホール大ホール

指揮

大友直人、渡辺俊幸

出演

石川さゆり、石巻「きっとツナガル」つながり隊、四世 今藤長十郎、岩崎宏美、江原啓之、大月みやこ、神楽坂女声合唱団、川井郁子、クミコ つんく♂&東京女声合唱団、クリス・ハート、coba、小林沙羅、さだまさし、ジョン・健・ヌッツォ、谷村新司、中嶋彰子、氷川きよし、水野優也、横山幸雄、ル・ヴェルヴェッツ、六本木男声合唱団ZIG-ZAG、他(50音順)

司会
露木茂、永井美奈子








いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
さらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
あけましておめでとうございます!
2016年になりました

{4088F776-6194-43EA-9094-05314649AEA8:01}

皆さんはお正月はどのようにお過ごしですか?
私は今年は30日に歌い納め、
自宅で年越しをする事ができました。

12月30日大阪フェスティバルホールでの第九ですが、実は2年前に同じ場所で演奏した「第九」と同じメンバーでした。大阪フィルハーモニー交響楽団さんのツイッターから写真をお借りしました。2013年の年末の第九と、2015年の年末の第九の写真です。ビフォーアフターのような感じ♪ 上の写真が2013年、下が2015年です。


{E5D7E4D1-87AF-4E9D-B453-FD62153B3AD1:01}

{B60100D3-F453-4BEB-BA0F-9F1F3C84C8ED:01}



井上道義マエストロはこの写真の間にご病気をなされて復活されました。マエストロが元気になられて2年前と同じようにパワフルに第九を演奏されているのを見たら、本当に感慨無量でした。

{82359023-C072-403B-B4FA-57BE306B0563:01}


私にとって2015年は濃密な一年で、
とても長い一年間に感じました。

今年私にとって一番大きかったことは、何と言っても、野田秀樹さん演出、井上道義さん指揮「フィガロの結婚」~庭師は見た!~のスザンナ役として、10都市14公演を歌わせて頂いた事です。

稽古期間も含めたら5ヶ月ほどをフィガロの仲間たちと過ごしました。アホな事を言って笑いあったり、人生について深い話をしたり、本気でぶつかり合って喧嘩をしたり、仲直りしたり、この期間にいろいろありました。

そして1公演ごとに進化を重ね、14公演の最初と最後では違う舞台になっていたのではないかと思います。オペラの公演では同じ演目を14回も公演できる事は少ないので、本当に貴重な機会を頂いたと思っています。

「フィガロの結婚~庭師は見た!~」の楽しい舞台写真が届いたので、数日以内にいくつかアップしようと思っています。今セレクト中ですので少々お待ち下さい。まずは一枚だけ。星ひかるさんが撮影して下さった写真です。

{3AB8DCD8-EE22-412D-B748-B5578830FBED:01}


フィガロのツアー中に、皆、様々な変化がありました。フィガロ役の大山大輔さんとケルビーノ役のマルテン・エンゲルチェスは前期と後期のツアーの間に、それぞれ息子さんが産まれ、お父さんになりました!

そして、私は…
前期と後期のツアーの間に
結婚をしました。

ご報告が少し遅くなってしまい、すみません。プライベートな事なので、公にするべきかしないべきか悩みましたが、でもやはりいつも応援して下さっている皆さんに、自分の言葉でちゃんとご報告したいと思い、今回ブログでご報告させて頂く事にしました。

相手はウィーンで出会った方。仕事は音楽とは全く関係ない仕事ですが、お互い仕事に対する強い思いや姿勢は同じ。共に刺激し合い、高め合って行く事のできる人だと思います。

今後も今までと変わらず、いえ、今まで以上に歌にエネルギーを注ぎ、自分を磨き、歌の技術と表現力を磨いて行きたいです。そして歌い手としてもっともっと高みを目指します!

結婚を機に一度ウィーンの家を引き上げ、日本に拠点を移すことにしました。2016年からは日本での公演がメインになって来ます。でも、これからもできる限り海外で勉強し、演奏する時間と機会を捻出して行きたい、そして常に成長し続ける歌手でありたいと思っています。

2016年はデビューして10年の節目の年。
セカンドアルバムのリリースも予定しています。

ここから10年、どんな活動をして行きたいか、どんな歌手を目指すのか、しっかりと考え、見つめながら、私らしく活き活きと生きていきたい。そして、私の歌を聴いて下さる皆さんに、笑顔になって元気になって頂けるような歌をうたっていきたいです。

まだまだ未熟なところだらけではありますが、歌に対する思いは誰にも負けないつもりです。今後も変わらず見守って、応援して頂けたら嬉しいです。

皆さんからのブログのコメント、本当に嬉しく楽しく読ませて頂いています。いつも励まされています。いつも、本当にありがとうございます!!!

2016年、充実した一年にします!
本年もどうぞ、
よろしくお願いします

いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)
さらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み