sarakのブログ

悩み多き青年sarakです。

麻雀好き。天鳳確変九段。

コメント等お気軽にお願いします(・∀・)


テーマ:
婚活麻雀というものが開かれるらしい
http://kinmaweb.jp/archives/17282

何で今までなかったのだろう、というのが率直な感想だ。

間違いなく需要はある。
麻雀が好きな人で女性との出会いを求めている人は多い。自分の周りを見渡してみてもちらほらいる。
自分もその一人だ。


が、はたしてこれは成功するだろうか。

現時点で考えられる問題点をあげてみよう。


①女性が集まるか

麻雀人口の8割超が男性の中で女性がどのくらい集まるのか。

運営もそれを見越してか麻雀初心者・未経験者も対象としている。

だが、ルールがわからない人がいきなり麻雀打っても楽しめるだろうか。
ルールを覚えるのに力を費やして肝心の婚活に集中できなそうである。

それにいくら咲のドラマ化等の影響で麻雀の認知度があがったとはいえ、まだまだ麻雀は暗いイメージが強い。
そんな中、参加者がはたして集まるだろうか。


②交流がはかれるのか

参加者男女あわせて16人で東風4ゲームとのことだが、4卓に分かれてやるのだろうか。

麻雀をしながら交流というのがイメージできない。

想像できそうなのは女流プロのゲストとフリー雀荘で同卓したときだが、自分はそもそも同卓してもさほど話さない。いや話せない。

そこで追っかけっぽい方々は何を話しているかと振り返ってみると「何待ちだった?」「いい手だね」とか麻雀に関することがほとんどな気がする。

ただこれは麻雀のルールがわかってる人じゃないとできない。そもそも未経験者がいてスムーズに局が進行するのかも疑問だ。
卓に皆が座っていたらわからなくても相談できないし。スタッフがそこら辺をフォローするのだろうか。

また、先ほどの女流プロと同卓した際の会話だが、なぜ麻雀の内容になるのかは、他の同卓者の存在があるからだ。

みんなほんとだったら麻雀の話なんかではなく、プライベートなことを話したいはずだ。
僕だって女流プロと好きに話してよいと言われたら別に麻雀の話なんてしたくない。

それが何故麻雀の話になるかは、他の同卓している人がどう思うかが気になるという部分があるはずだ。

婚活パーティーなどでは基本一対一である。
回転寿司と呼ばれる3〜5分程度の時間で席を写り、自己紹介シートをもとに話をする形式だ。

短い時間ではあるが、自分の聞きたいことが聞けるし、一人と向き合って話すことで記憶に残りやすい。

まったく知らない4人という状況でしかも麻雀を進行しながら会話が弾むのか。


③拘束時間が長い

14時から17時まで正味3時間。進行が遅れ少し延長すると予想。さらに二次会まで参加となるとなかなかの長丁場だ。

初対面の人と話すのは、人にもよるだろうが、相当労力を要する。
婚活パーティーなどでは2時間くらいでサクッと終わることが多い。

気が合う人と出会えればよいが、そうでなかった場合苦痛の時間だ。
時間的に参加を渋る人も出てきそうではある。


④その他

サクラがいそう。
女性が集まらず、女性の参加者の半数以上がサクラとか普通にありそう。

個人情報管理。
これは絶対に守っていただきたいし、普通の運営であれば気にしなくてもよいところだが、初のイベントとなると意外と情報が漏れることがある。
うっかり参加者が映った写真のup、誰が来ていたなどがネットで漏洩などなど。



他にもいくつかありそうだが、このくらいで留めておこう。
なんにせよ試み自体は面白いと思うし、やってみて問題点があがってくるということもあるだろう。

イベント結果の報告を楽しみにしている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
前回の続き。

twitterの性質について。

まず、フォローが多いとTLが流れるのが早くなり、すべてを読めない。
自分は普段より接点のある人、接点なくてもツイート内容が気になる人をリスト登録している。
それでもけっこうな量になるので過去のツイートはどんどん消えていく。

過去のツイートを遡るのは非常に困難な仕様だ。特定のツイートをお気に入りすることはできるが、それをしないとあの人前こんなことつぶやいてなかったっけ?と思っても探すのが困難である。

これは自分にも言えることで、自分の過去ツイートを遡るのも難しい。

twitterは感覚としては日々の会話、おしゃべりに近い瞬間的なもので、記録には適さないツールだと利用してから気づいた。

投稿日、テーマ等で管理できるブログとは本質が違う。
だからtwitterとブログを使い分けてる人も多い。
福地先生などはどんなに短いネタでもブログにしている。これはあとで見返しやすいようにではないかと思う。


瞬間的なものであるから、人のツイートに反応するのも早い方がいい。
何時間も経ってからリプを送ってもその話題はある程度終わってしまったりしていて微妙な感じとなる。
会話でも一度終わった話題をもう一度持ち出されるのは微妙じゃありません?

これが自分にとってはやっかいで、1日のうちにtwitterできる時間は限られている。仕事中は完全なデスクワークではないので、休憩中や移動中くらいしか見れない。
興味があるツイートを見つけても、あーもう半日くらいたってるし今からリプ送るのは微妙かなぁ、となる。
そして結果的に絡むことが少なくなる。


気にしすぎかもしれない。
好きなように利用して、言いたいことを言ってればいいのかもしれないんだけどね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログの更新が滞っている間、SNSはtwitterが主だった。

このブログ始めた頃、たぶん2008年くらいはtwitterがちょうど流行り始めた頃のように思う。

それまではブログが主流で、麻雀ブログもいろんな人が書いており、月刊ネット麻雀という麻雀ブログのまとめサイトも出来た。
ちなみに自分のブログも掲載いただいた。

天鳳プレイヤーもこういったブログや天鳳SNSなどで交流を図っていたが、いつしかその交流の場がtwitterとなった。

天鳳で同卓する人のプレイヤー名で検索するとtwitterのアカウントが大体見つかった。
この状況は現在も続いており、天鳳位の昇段報告はtwitterでするのが恒例となっている。

僕も時の流れにのり、ブログからtwitterにシフトした。
2010-2011年頃が僕が天鳳をピークに打っていた時期だが、同卓した人のtwitterを覗いたり、ときにはリプの飛ばし合いなどしてとても楽しかった。
この頃は天鳳に対してなんというか熱い人が多かったように思う。
自分が天鳳から少し離れて当事者になっていないだけかもしれないが、今と比べると熱気があった。
完全に老害の発言だ…
まぁこのテーマは別の機会にしよう。

今回のテーマはtwitter。
先ほど天鳳から離れたと言ったが、まったく打たないわけではなく、時間があれば打っている。が、全盛期に比べると打数は半分以下どころではない。

ゆえにtwitterも天鳳関係のツイートはほぼしない。
それでもtwitterを続けているのは麻雀関係の人の他の部分、プライベートなところだったり、趣味、考え方が垣間見えるからだ。

これは非常におもしろい。
僕のフォロワーは始めた経緯が天鳳なので、フォロワーもほぼ麻雀関係の人だ。
ただそうした人も麻雀のことばかりツイートするのではない。それぞれの生活のことや、考え方もツイートする。

笑ってしまうものもあるし、この人の考え方は絶対自分と合わないわっていうのもある。
合わない人はフォロー外すって考えもあるけど、僕はあえてしていない。
中には常識から考えると明らかに外れた考えを持ってる人もいる。でもそういう人もいるんだなっていうのは逆に自分の考え方がすべてではないと再考するのに役立つと思っている。

というわけで今はツイートはせずに眺めていることが多い。

眠いので続きは明日

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。