sarakのブログ

悩み多き青年sarakです。

麻雀好き。天鳳確変九段。

コメント等お気軽にお願いします(・∀・)


テーマ:
昨年の暮れから年初にかけて天鳳を久しぶりに真面目に打ってみた。

天鳳位や十段が前より増えてるんだから僕も鳳南打てばけっこういけるんじゃね、っていう発想。

甘かった。
最初こそ順調に7→8に昇段したが、8段になった瞬間からラスが多くなり、後段間近。

まぁこんなものだろう。
ただ数年前と明らかに違うのはラスったあとの気持ち。
取り返そう、悔しいとかはなく、ただただめんどくさいなぁ、取り返すのに何分かかるねんという時間を意識してしまう。
気持ちが簡単に切れるようになっていた。
前々から感じていたが、改めて真面目に打てる状態じゃないことがわかった。

今やってるポケモンサンムーンもそうだけど、こういう構築どうだろうとか、調整オリジナルで考えてみても育成する時間を考えると手が進まなかったりする。

最近仕事も前にもまして忙しくなってるし、プライベートも考えるべきことが多い。

麻雀はずっと続けるつもりだけど、天鳳に真剣に取り組むことは今後ないのだろうな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
最近、ある程度年齢を重ねたせいで仕事で求められるものが大きくなったと感じている。

具体的にいうと自分一人の仕事ではなく、課全体のことを考えて行動することだ。

正直難しい。
今の課は課題ばかりでうまくいっておらず、解決策も見出せない状況。

そんな上司でもうまくやれてないものをヒラがどうこうしろなんて無理な話だ。

ただ自分で思ってることを上司に発言するようにはしている。

自分のその思考がどのようにして生まれるかと考えてみると、意外と麻雀の思考が繋がってるのではないか。

例をあげると期待値。
それを仕事的に言い換えれば費用対効果。

正直今の課の仕事で無駄なことは多い。
だがなぜ無駄な仕事をやらざる負えない状況になっているのか、別なやり方があるのではないかと思考を巡らせる。

麻雀は一牌のミスが結果に大きく影響する。
なんとなくで切った牌がのちのあがり逃しに繋がる。
一牌一牌をシビアに判断しなければ結果に結びつかない。

仕事も同じで切り詰めるところを極限まで切り詰めなければいけないのではないか。

今の会社は過去を振り返ると経営が比較的順調で、なんとなくで何とかなってきた経緯がある。

ただ今はどこの会社もそうだと思うが、そのなんとなくでやってけるほど余裕がない。

一牌一牌、一つひとつの仕事をシビアに判断し、最大限のパフォーマンスをする必要があるのではないか。


そして判断が分かれる何切る問題のような事象も多い。
何切るで答えを探すときの判断材料は受入枚数や巡目から見る和了率、期待素点などのデータですよね。

仕事で難しい判断の時、データをどれくらい集められるか、という考え方。
この思考も麻雀からだと思っている。

まぁ別に麻雀からの思考なんて言わなくても当たり前じゃんと思うかもしれないですけど。


あとはちょっとこれまでの話と違うかもだけど、麻雀って弱いのは100%自分の責任じゃないですか。

弱いまま強くなろうと努力もせず、勝てないクソゲーとかあーだこーだ言ってるのってほんと不毛ですよね。

現状を変えたければ自分で努力しろよ、と。
努力ができないのであれば文句は言うな、と。

これも仕事でも同じですよね。
自分で努力して環境を変えようとせず、不満ばっかこぼしてる人周りにいません?

まぁ僕も麻雀はクソゲーだと思ってるけど、こんな感じで麻雀から学ぶこともあるのではないかって思ってます。

あー麻雀したい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。