トラウマ日曜洋画劇場

レンタルDVDもインターネットもなかったあの頃。インドア派の少年たちがオタクとかヒキコモリといった言葉で安易に総括されてしまうこともなかったあの時代。昭和キッズは夜な夜なテレビで放送される洋画番組をめちゃくちゃ楽しみにしていた……

新刊 『トラウマ日曜洋画劇場』 よろしくね^^

トラウマ日曜洋画劇場-トラウマ日曜洋画劇場-皿井垂

70年代オカルトブームの影響をもろに受けた人、
大阪万博でアメリカ館の月の石を見そびれた人、
サンスタースパイメモを近所の川に流して溶かした人、
毎週欠かさずトランジスタラジオで
『淀川長治ラジオ名画劇場』を聞いていた人、
ラウラ・アントネッリと聞いてすぐにピンとなる、
じゃなかった、ピンとくる人……
昭和の「あの頃」、テレビ洋画劇場にくぎづけだった
全てのインドア派少年に捧ぐ。


トラウマ日曜洋画劇場-スローターハウス5 テレビ番組欄

日曜は『地獄に堕ちた勇者ども』に顔をしかめ、
月曜は『恋人たちの曲・悲愴』で吐き気を催し、
水曜は『午後の曳航』にモヤモヤハァハァし、
木曜は『絞殺魔』の暗さにどんより落ち込み、
金曜は『パニック・イン・テキサスタワー』に手に汗握る。


トラウマ日曜洋画劇場-No Blade of Glass 最後の脱出パンフ

深夜枠では『センチネル』の放送禁止フリークスにビビり、
週末は地方局が放映する『警視の告白』、『最後の脱出』、
『鏡の国の戦争』など、マイナーB級映画漬け。


トラウマ日曜洋画劇場-警視の告白ポスター

みんなの好きな快作からだれも知らない怪作まで、
毎日テレビの前で盛り上がっていた昭和の「あの頃」を
個人的に振り返りまくりました。


トラウマ日曜洋画劇場-センチネル The Sentinel パンフレット

十代の頃に名画座映画館に通い詰めたお父さんも、
70~80年代の映画に興味がある若い映画ファンも、
昭和のTVトラウマ洋画劇場へレッツラゴー!

『トラウマ日曜洋画劇場』

Amazon内容紹介:

テレビが輝いていた1970年代から80年代…。当時の少年たちをとりこにしたのは、テレビ各局で毎日のように放映される「テレビ洋画劇場」だった。テレビ朝日系列の「日曜洋画劇場」、TBS 系列の「月曜ロードショー」、日本テレビ系列の「水曜ロードショー」、テレビ東京の「木曜洋画劇場」、フジテレビ系列の「ゴールデン洋画劇場」など、各局は競い合うようにして、世界の名作をお茶の間に届けてくれた――だがしかし、ときにはその熱意が暴走し放送コードスレスレの作品が放映されてしまうことも。 強烈な男色シーンにお茶の間が凍りついた『脱出』、変態描写に血の気が引いた『地獄に堕ちた勇者ども』、日米合作の残酷ドキュメンタリーに戦慄した『アメリカン・バイオレンス』、3日前からウキウキで眠れなかった『女囚暴動』などなど、昭和のテレビを彩ったトラウマ級の映画を振り返る!

著者について:

昭和37年生まれ。テレビ洋画劇場にどっぷりの十代を経て、荻昌弘さんと同じ大学に進み、小森のおばちゃまにならって渡米。帰国後、後姿が木村奈保子さんに似た女性と結婚したが、その後、淀川長治さんや水野晴郎さんみたいな人がいっぱいいるタイのバンコクに移住。皿井タレー名義のアジア関係の著書多数。





テーマ:

ビジュアル・ホラー・マガジン VZONE(ヴイゾーン)
1986年1月創刊号 980円


トラウマ日曜洋画劇場-VZONEヴイゾーン-発行人・末井昭

表紙には「日本で初めてのホラー・マガジン創刊」とありますが、編集ノートのページで、発行人の末井昭さんが、「実は創刊号(写真右)は第2号だ」と説明しています。本当の創刊第1号は、アニメなどを扱った別種の雑誌だったんですね。

末井昭さんといえば、 『素敵なダイナマイトスキャンダル』、何度も読み返しました。実のおかあさんが隣の家の息子とダイナマイト心中しちゃった末井少年の半生記です。町工場へ集団就職し、キャバレーの看板描きやイラストレーターを経て、伝説のエロ本編集長となり……。白夜書房とかウィークエンドスーパーとか写真時代とかパチンコ必勝ガイドとか荒木経惟とか南伸坊とか赤瀬川原平とか……そういう名前を全然聞いたことがない人にもぜひ読んでほしいオモシロ本です。

さて、肝心の『VZONE』の内容ですが、細かい映画情報やビデオデータを並べて得意そうにする気などさらさらなく、『
死霊のしたたり』や『ゴアゴアガールズ』などが脚光を浴びた当時のホラーブームに乗っかり、「みんなで楽しもうぜ!」といったテキトーなノリが誌面にあふれています。

創刊号には、「思わず眼球に突き刺さるシーン・ワースト10」というふれこみで、「凄絶無比、超ド級大出血グロシーン・恐怖の袋とじ」なるものまで付いています。ワクワクして袋とじを破ると、中身はなんてことない『ジャンク』の猿の脳みそスプーン場面だったり、ハーシェル・ゴードン・ルイスの『カラー・ミー・ブラッド・レッド』のワンシーンだったりして、袋とじ企画の醍醐味である「なんだよもう」というガッカリ感を存分に味わえます。

トラウマ日曜洋画劇場-にっかつガイラ美女のはらわた

日野日出志さんの『ギニーピッグ2 血肉の華』の製作現場レポートなどもあり、基本的に、当時うじゃうじゃ発売されたスプラッタービデオの宣伝記事が多いです。オレンジビデオハウスとかそのてのやつ。ガイラ(小水一男)監督のにっかつ作品『処女のはらわた』『GUZOO』『美女のはらわた』なども登場しています。

『悪魔のしたたり/ブラッドサッキング・フリークス』ファンにはたまらない「ロイド・カフマンが語るトロマ史」や、喰始の「ファンタスティックムービー対談」といった記事の間に、島本慶なめだるま親方が活躍する「手作り死体写真ギャラリー」や「東京キモダメシ・ルポ」などが混ざっているサービス精神もなんだかすごい。

個人的には、創刊号の「日本のナツホラ特集」が気になりました。70年代に東宝が製作した特撮怪奇映画『呪いの館 血を吸う眼』、『血を吸う薔薇』などを取り上げているページです。山本迪夫監督の推薦で吸血鬼役をやることになった岸田森さんのスナップ写真は、いま見ても迫力じゅうぶん。新東宝の中川信夫監督作品『東海道四谷怪談』や『地獄』なども熱く紹介しています。

プレゼント

アレな映画が大好物という方はこちらもどうぞ click!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ユタ州ハリケーン2016
ユタ州の小さな町ハリケーンにやって来ました。快晴、華氏100度って感じ。写真の
半旗は、数日前にオーランドのLGBTが集まるゲイクラブ「パルス」で起こった銃乱射事件への弔意をあらわしているようです。1966年の元海兵隊員チャールズ・ホイットマンによるテキサスタワー乱射事件が死者15名、1999年のトレンチコート・マフィアによるコロンバイン高校虐殺が死者15名、2007年の在米韓国人チョ・スンヒによるバージニア工科大学銃乱射事件が死者33名。今回の事件はテロやヘイト的要素もあるようですが、それらを上回る50名の死者をだし、アメリカ史上最悪の銃乱射事件となりました。

モニュメントバレーViewHotel2016blog
とりあえず、当初の予定どおり、ユタとアリゾナの州境にあるNavajo Nation(ナバホ族居留地)へ移動。モニュメントバレー国立公園内のThe View Hotel(ビューホテル)に宿泊しました。部屋のすぐ目の前に、レフトミトン、ライトミトン、メリックビュートが並んでいて独特の風情があります。

グライド・イン・ブルー
この地を開発したハリー・グールディングが
ジョン・フォードに売りこみ『駅馬車』のロケをさせたことで一躍有名になったモニュメントバレーですが、個人的には、やはり『グライド・イン・ブルー』の鮮烈なラストシーンを思い出します。『トラウマ日曜洋画劇場』 にも書きましたが、子供の頃に観てほんとにショックでした。

モニュメントバレー日の出
『イージー・ライダー』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、『テルマ&ルイーズ』、『ウインドトーカーズ』、『トランスフォーマー/ロストエイジ』、『ローン・レンジャー』等々、モニュメントバレーで撮影された映画はたくさんあります。『2001年宇宙の旅』でさえ、こそっと加工したこの地の風景をクライマックスのトリップシーンで使用していたとか。

モニュメントバレー・トーテム2016
上の写真は、少し離れた場所にあるトーテムと呼ばれる奇岩です。『アイガー・サンクション』 で、アイガーを目指すクリント・イーストウッドが登山訓練に使用していました。

レイクパウエル2016 猿の惑星

バレーから車で1時間ちょいのところにある、レイクパウエルにも寄りました。コロラド川をグレンキャニオンダムで堰き止めてできた人工湖です。ミード湖やパウエル湖などの巨大貯水池って、アメリカ人にはよく知られた人気観光スポットですが、外国人にはあまりなじみがないかもしれません。ここでロケした映画といえば、なんといっても『猿の惑星』です。チャールトン・ヘストンが不時着してましたね。『ゼロ・グラビティ』などもロケしたそうですから、SF映画と相性の良い風景みたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『キック・アス』のヒットガール役で、ちまたのロリオタ衆のハートをわしづかみにしたクロエ・グレース・モレッツ主演の最新SF大作(?)『フィフス・ウェイブ』。今年の1月にはもう観ていたんだけど、映画の評価など特にアップしたいとも思わず、観たことすっかり忘れてました。

クロエ・グレース・モレッツ主演フィフス・ウェイブ
「地球外生命体の攻撃により人類が滅亡の危機に瀕した世界で、見えない敵と戦う孤独なヒロイン!」みたいな日本人好みの宣伝コピーもあるようですが、実際のストーリーは上のポスターイメージに近く、「ふつうの女子高生が幼い弟を救うためサバイバルの旅に出る」ぐらいの感じです。


原作はベストセラーになったSF小説、といっても、ヤングアダルト・ライトノベルみたいなやつなので、映画は『メイズ・ランナー』や『ハンガー・ゲーム』あたりが好きなお子たちにウケそうな感じに仕上がってます。『宇宙戦争』や『インデペンデンス・デイ』のようなスケール感、スペクタクル感はほとんどありません。

フィフス・ウェイブ―感染
突如地球へ飛来した「アザーズ」と呼ばれるエイリアン。彼らは問答無用で人類に波状攻撃を仕掛けます。第1の攻撃ですべての電子機器がブラックアウトし、第2の攻撃により巨大な津波が引き起こされ、第3の攻撃が人々の間に感染症を広め……侵略という第4の攻撃波が始まると、ついに世界は崩壊、人類の99%が死滅します。あらすじだけ紹介すると、なんだか妙にかっこいいですね。

フィフス・ウェイブ―津波
エイリアンの攻撃で世界中を津波が襲う場面があるのですが、このカタストロフ・シークエンスには 私のホームグラウンド、タイのバンコクらしき街も登場します。 Siam Securityと書かれたビルの前を人々が逃げ惑い、やがて大津波がビルを飲みこんで……。

フィフス・ウェイブ―タイバンコクのビル街
水浸しになって壊滅したバンコクと思われる街。画面左のビルは、シーロム・ラマ4のAbdulrahim Placeにちょっと似てますね。ロンドンのタワーブリッジはともかく、なんでここでストーリーに無関係なタイがフィーチャーされるのか、不思議でしかたありません。

クロエ・グレース・モレッツ2016
物語は細かい説明など何もないままザクザク展開するのですが、そんなきっつい状況の中、なんとなく生き残った主人公の女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は、混乱の中で離れ離れになった弟サミーを探す旅に出ます。

フィフスウェイブDVDレンタル
で、かんじんの弟はどこに行っちゃったのかというと、軍人さんたちにオハイオ州のライト・パターソン空軍基地に連行されていました。エイリアンがボディースナッチャーのように人間の体を乗っ取るのを知った軍は、子供十字軍みたいな特殊部隊を組織して対抗しようと考え、生き残った少年少女を強引に集めて訓練を開始したのです。

リーヴ・シュレイバーFifthWave
軍の指揮官役はリーヴ・シュライバー。引っ張りだこの人気バイプレイヤーです。この人を見ると、私はなぜかデヴィッド・モースを思い出します。顔の輪郭が似てるからかな? キャリアの最初は穏和な善人役が多かったけど、売れっ子になったら冷酷な悪役ばかりこなすようになり……そういうとこも似てますね。


というわけで、いきなり結末のオチをあれするのもなんですが、大方の予想通り、この人こそ、実はエイリアンの最終攻撃フィフスウェイブの司令塔なのでした。純粋な少年兵士らを洗脳し、人類抹殺の道具に仕立てようとしていたのです。(映画の途中で睡魔に襲われたため、内容の解説まちがってたらスマン)

The 5th WAVE クロエ
そんな物騒なことになっているとはつゆ知らず、キャシーは誰が敵で誰が味方かもわからない廃墟の街を進みます。突然何者かに銃撃されてうめいたり、テキトーに太もも見せたり、謎めいた青年とチョメチョメしたりしながら、弟がいる空軍基地を目指します。

FifthWaveクロエ・グレース・モレッツ
アメリカ人のねーちゃんって、20歳過ぎたあたりで一気に「くる」のがふつうだから、あと何年かするとクロエちゃんもドリュー・バリモアのように近所のおばさん化してしまうと思われます。『キック・アス』でクロエたんハァハァしたヲタの皆さんは、そうなる前にこの映画を観て、彼女の10代最後のいたいけな姿を網膜に焼きつけておきましょう。というか、彼女が出演していなかったら、この映画、日本じゃDVDスルーになってたような気もします。

エイリアンもサイコキラーもどんとこい!ちょっとアレな映画が大好物だという人はコチラもどうぞ click!!



The 5th Wave (2016)
Release Dates : (USA) 22 January 2016
PG-13 | 1h 52min | Action, Adventure, Sci-Fi
Director :

J Blakeson
Cast :

Chloë Grace Moretz
Liev Schreiber
Nick Robinson
Alex Roe


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クエンティン・タランティーノ監督の8作目となる最新作は、真冬のワイオミングを舞台にした西部劇。といっても、あえて『ジャンゴ 繋がれざる者』的な盛り上がりを排した、『レザボア・ドッグス』風の「誰かが何かを企んでいる」といった内容の「へんてこサスペンス」です。

ヘイトフル・エイト日本語版

あらすじはわりとシンプルで、吹雪で「ミニーの店」に閉じ込められたクセ者たちが、互いの腹を探りつつ、やがて殺し合いを始めるといったストーリー。とにかくずっと「ミニーの店」という閉鎖空間でコトが進むため、ほとんど会話劇の趣があり、映画じゃなく舞台でやってもよかった気がします。

時代背景として南北戦争がそこそこ重要な要素になっているため、北軍と南軍、それぞれに参加した元軍人の立場や、黒人に対する意識などをある程度知っていないと、ピンとこないセリフもあるかもしれません。

タランティーノ監督ヘイトフル・エイトねたばれ注意

期せずしてブリザードで立ち往生する面々は、偽物のリンカーンレターを持ち歩く賞金稼ぎ(サミュエル・L・ジャクソン)、レッドロックという町で絞首刑になるはずの死刑囚の女(ジェニファー・ジェイソン・リー)、賞金目当てで彼女をレッドロックまで連行しようとしている賞金稼ぎ(カート・ラッセル)、新任の保安官だと言い張るならず者一家の息子(ウォルトン・ゴギンズ)、英国風アクセントでしゃべる胡散臭い死刑執行人(ティム・ロス)、凶悪な雰囲気を漂わせつつ「ママとクリスマスを過ごすため故郷に帰る途中だ」とぬかすカウボーイ(マイケル・マドセン)など。役者もキャラも、タランティーノファンならおおいにそそられることでしょう。

タランティーノ新作ヘイトフル・エイト

なぜ店のドアは壊れていたのか? 床に落ちていたゼリービーンは何を意味するのか? あったかシチューは誰がいつ作ったのか? どうしてブルース・ダーン演じる老兵は借りてきた猫のように大人しいのか?

謎解きミステリーめいた小道具や伏線も多少用意されているのですが、うなるようなオチや種明かしがあるわけでもなく、事件前にさかのぼった「チャプター5」で、あっさり裏事情が明かされます。

The Hateful 8-日本公開

「チャプター4」で唐突な「毒物混入ナレーション」が入り、それだけでもキョトンとしていたのに、次の「チャプター5」では、いきなり、それまで画面に登場していなかった男が床下から登場するなんて・・・・・・まるで子供の思いつきみたいな過激なシナリオに唖然。女死刑囚の兄貴が床下から突然発砲するというあんまりな展開に、爆笑です。

これって、正統派ミステリーファンがいちばん嫌うパターンだと知ってか知らずか・・・・・・。『そして誰もいなくなった』みたいに、黒幕は最初からちゃんと密室メンバーの中に入っていないと、密室ミステリーにならんでしょーが。

「どうしてキルビルのユマ・サーマンは日本刀を持って飛行機に乗れたんですか?」 とインタビューで訊かれたタラちゃんが、「細かいこと気にすんな、ワッハッハ」と答えていたのを思い出しました。「なんで突然、床下から?」なんて、訊くだけ野暮ってものかもしれません。

そんでもって、最終チャプターは血みどろの「説得合戦」になるのですが、これもなんだかしっくりきませんでした。前半のサスペンスモードと後半のバイオレンスモードがかみあわず、お互いを損ない合っている感じです。推理+アクションという一粒で二度美味しい作品になるはずが、ウンコ味のカレーというかカレー味のウンコみたいなことになってます(意味不明)。

パーソナルな映画原体験を軸に、ノリと勢いで突っ走るのがタラちゃんの魅力なのに、今回の新作では変にアタマ使っちゃったのが裏目に出た感が・・・・・・。アタマでっかちになるぐらいなら、このお祭りみたいにチンコでっかち になった方がよかったと思います。

ラストシーン、毒殺されたカート・ラッセルが望んだとおり、女を絞り首にするサミュエル・L・ジャクソンとウォルトン・ゴギンズの2人。しかし、なんとか生き残った彼らも、既に銃で撃たれ瀕死の状態であり、やっぱり結末はタランティーノらしく、全員悪人、全員憤死・・・・・・。

この設定と展開で3時間も引っ張るというのは、正直きつい。とりあえず、『デス・プルーフ in グラインドハウス』の延々続くかったるいセリフのやり取りが大好きだという人に、お勧めの作品です。


いかれたシナリオ上等!ちゃらんぽらんな演出も歓迎!おもしろけりゃ、なんでもいいぜ!という人はコチラもどうぞ click!!



The Hateful Eight (187 min)
Chapter One: "Last Stage to Red Rock"
Chapter Two: "Son of a Gun"
Chapter Three: "Minnie's Haberdashery"
Chapter Four: "Domergue's Got a Secret"
Chapter Five: "The Four Passengers"
Chapter Six: "Black Man, White Hell"

Release Dates in USA

 25 December 2015 (limited) (70mm version)
 30 December 2015

第73回(2016年)ゴールデングローブ賞受賞
 作曲賞:エンニオ・モリコーネ「ヘイトフル8」
第88回(2016年)アカデミー賞ノミネート
 助演女優賞:ジェニファー・ジェイソン・リー
 撮影賞:ロバート・リチャードソン
 作曲賞:エンニオ・モリコーネ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

撮影快調!の噂ばかりが先行し、なかなか全貌がつかめなかったトム・シックス監督・2015年の最新作『ムカデ人間3』 - The Human Centipede III (Final Sequence) 。102分バージョンをやっと観ることができたので、内容やあらすじなど軽く紹介させてもらいます。ストーリーにはオチというほどのものもないのですが、まあネタバレっちゃネタバレしてますので、ご注意を。



オープニングは、例によって、前作の「ムカデ」映像を見て感銘を受けている主人公の姿から始まります。ポイントは第1作のDoctorハイター(ディーター・ラーザー)と第2作のRetardedマーティン(ローレンス・R・ハーベイ)が仲良く一緒に登場することでしょうか。


前作では、有刺鉄線やサンドペーパーで人間業とは思えない快感テクニックを披露してくれたマーティンですが、今回は総統風のちょびヒゲを生やした地味な刑務所の経理担当者役です。ハイター博士演じる刑務所所長の腰ぎんちゃくで、いたってノーマルな役どころ。


一方、スキンヘッドの刑務所所長は、キ印全開、異常性格の独裁者です。血圧の高さを気にしつつも、アフリカからのお取り寄せグルメ、ドライフルーツならぬドライクリ○○スを強壮剤がわりにほおばって、反抗的な囚人をこれでもかといたぶります。



「このニガー猿はどちらの手でオ○ニーするんだ? そうか右手か、じゃあ右腕をへし折ってやる」



「熱湯責めをくらえ! きさまら囚人には、目には目をの拷問が一番だ!」


超真剣。ナイフ片手にものすごい真顔です。文字通り、囚人の玉をくり抜き、自らのエナジーフードに……。白石晃士監督『グロテスク』の五寸釘シーンを思い出しました。


所長は、ムスリムだろうとユダヤだろうとヒスパニックだろうと、人種や民族に関係なく片っ端から痛めつけますが、囚人の中には日本人の北村昭博さんの姿も見られました。1作目で活躍した彼のことは、『映画の中の奇妙なニッポン』日本人の受難 で触れましたが、今回は出番少なめ。残念ながら、あの関西弁も聞けません。


そんなこんなで、拷問&リンチ大好き所長に対する囚人たちの怒りは爆発寸前となり、所内は一触即発状態です。選挙前でピリピリしている知事が、たまらず飛んできます。



「知事が来るだと? 秘書のお前が奴にケツでも触らせとけ。うまくすりゃセクハラで訴えられる。いひひひ」


刑務所を訪れた知事(ロジャー・ウォーターズ似)は、野蛮なだけで管理能力ゼロのガイキチ所長に、「このまま所内の状況が改善されなければ、お前はクビだ!」と宣告します。


ここで、いよいよ経理の腰ぎんちゃくが提案します。


『ムカデ人間1』と『ムカデ人間2』のDVDを握りしめた彼は、澄んだ瞳をキラキラさせながら、こう進言するのでした。「ショチョー! この刑務所の諸問題を解決する最高の方法がムカデニンゲンです!」


なんでそうなるのかよくわかりませんが、まあ数百人の囚人をマウスtoエイナスでつなげちゃえば確かにおとなしくなりそうだし、彼らの食費もうきそうな気はします。


というわけで、前半はひたすらイカレ所長の残虐非道ぶりを見せつけ、後半は人間ムカデができるまでのドキュメンタリーみたいになるわけですが……。


巨大ムカデプロジェクト始動で、ついに実現する巨頭会談。なんと、トム・シックス監督自身(写真・左下)が本人役で登場し、刑務所の医師にアドバイスします。このパターン、またまた白石晃士監督を思い出します。『オカルト』あたりのスタイルですね。



ムカデ人間ー手術 医師
つなぐ人間の数が多いだけに、手術室も医師団も、いつになく本格的です。この場面だけ見てると、なんか正統派の医療ドラマみたいです。



あっという間にできあがり。人工肛門や慢性下痢症など、囚人の中には数珠つなぎオペの障害になる者もいましたが、そういう連中は問答無用でホイホイ射殺し、強引に完成させちゃいました。ぐずぐず言ってた知事も、最後は2人を絶賛! 「君達は天才だ!アメリカの誇りだ!」


ムカデ人間3 刑務所所長

うれしくて、思わず踊りだす所長。完成した四つん這い行列の中に、うっかり、セクシー女性秘書も混ぜこんでしまったのですが、全然反省してません。さらに、Human CentipedeじゃなくてHuman Caterpillarのオマケもあったりして、困ったものです(イモムシ人間の写真はあえて貼らないので、良い子のお友達はどんなか想像してね)。


前作・パート2の異様な負のパワーを超える衝撃を期待すると肩すかしを食いますが、B級グロんちょコメディだと思って観れば、普通に楽しめます。一昔前のトロマ映画みたいに、鼻で笑いながらテキトーに観るのが吉。


主役2人(特に所長)の過剰な演技と逝っちゃってるキャラに頼りすぎのような気もしましたが、トム・シックス監督、たぶん今回は、1作目と2作目を支持してくれたファンへのお礼、軽いサービスぐらいの気持ちで作ったんでしょうね。前作ほど攻めてないです。それなりのエグみを随所でばらまいてはいますが……。


この映画、アメリカでは2015年5月22日に限定公開・動画配信されましたが、日本でいつ劇場公開するのか、ツタヤやゲオでDVDを借りられるようになるのか、よく知りません。正直、旧作扱いで100円レンタルできるようになってから観ればいいかなって気も……。



プレゼント

アレな映画が大好物という方はこちらもどうぞ click!!



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

『映画の中の奇妙なニッポン』(彩図社)
皿井 垂(さらい たれ)著 2015年2月24日発売!

映画の中の奇妙なニッポン-皿井垂

<主な内容>
(Part1) 古き良きメガネ出っ歯の世界
(Part2) 日本人ツーリストの掟
(Part3) 世界一有名な職業……ヤクザ
(Part4) 昔はゲイシャ、今は女子高生?
(Part5) おそるべし、日本企業
(Part6) 切り取られたニッポンの風景
(Part7) キャラ立ちしているニッポン人
(Part8) ニンジャとサムライは永遠に不滅です
(Part9) 大日本帝国バンザイ!
(Part10) ジャパニーズ特撮レジェンド
(Part11) みんなでいじろうニッポン!
(Part12) トホホ和食は無形文化遺産


新刊の目次・内容詳細はこちらで  click!!



ラブホテルのエロパネル前で真剣に悩むウルヴァリン



新幹線の車内で自分の首を斬りおとす"くのいち"夏木マリ



「ししゃもと天ぷら定食2つ、それとお酒もう一本」



うぎゃあ! 必殺技ワリバシ責めが炸裂!


秋葉原ギレルモデルトロ監督
秋葉原でいっぱい買ったお⊂ニ(^ω^)ニ⊃



AMAZONの内容紹介から

日本を訪れる外国人観光客は年間1000万人を突破した。2020年には東京オリンピックも開かれる。いま、日本では“クール・ジャパン"を合言葉に日本文化を海外へ発信する動きがひときわ盛り上がっている。しかし、その一方でいまだに日本に対して色々と間違えたイメージを持つ外国人は多い。とりわけそれが顕著に現れているのが「海外で作られた映画」だろう。 学校の給食に豪華な会席料理を登場させ、勘違い全開のニッポン像をぶちかました「ワイルド・スピード3」(2006年)、 日本軍の大本営に原っぱで開戦会議をさせた「パールハーバー」(2001年)などなど、 比較的最近でもおかしなニッポン像をまき散らす映画は多い。はたして外国から見た日本の本当のイメージはどうなのか? そのイメージはどう移り変わったのか? はたまた変わっていないのか? 古今東西、数百本に及ぶ「日本が登場する外国映画」を検証し、洋画の中の奇妙なニッポン像に迫る!

[著者について]
1996年末からタイのバンコクを拠点に活動。 近著に、昭和のテレビ洋画劇場を振り返った『トラウマ日曜洋画劇場』(彩図社)がある。 『バンコクジャパニーズ列伝』(彩図社)、『バンコクで外こもり! 』(河出書房新社)など、海外での異文化体験にまつわる皿井タレー名義の著書多数。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:



1月15日にネット公開された『高い城の男』The Man in the High Castle (Season 1 Episode 1 - Pilot)を観ながら、2015年2月末発売予定の新刊 のゲラをチェックしています。


『高い城の男』もけっこうキテますが、海外でつくられるドラマや映画には、いろんなカタチで「ニッポン」が登場しちゃうわけで、その姿はキョーレツだったりトホホだったりヘンテコだったり、そりゃもう困ったもんです。


準備中の新刊は、そんな「ニッポン」のイカれたイメージを手当たり次第に収集した無節操な映画本。最近の「クール・ジャパン」の流れに逆行するバチ当たりな1冊になりそうです。にひひ


映画の中の奇妙なニッポン-皿井垂


さて、『高い城の男』は、ヒューゴー賞を受賞したフィリップ・K・ディックのSF小説が原作です。第二次大戦で枢軸国が勝利、アメリカが日本とナチスドイツに分割統治されている「もしもの世界」が舞台です。


高い城の男2015


若いころのアシュレイ・ジャッドを思い出させる気の強そうなヒロイン(アレクサ・ダヴァロス)はサンフランシスコに住んでいますが、アメリカ西海岸は「太平洋合衆国」と呼ばれる日本統治区域になっているため、街には「厚生労働省」「居酒屋」「旅行代理店」といった日本語看板が並び、ゴールデンゲートブリッジなど、いたるところに旭日旗が飾られています。


高い城の男-フィリップKディック


「TEIKOKU STATION(帝国駅)」とか「HIROHITO AIRPORT(ヒロヒト空港)」とか、こまかいお楽しみがそこかしこに。。。


高い城の男episode1


「太平洋合衆国」にあるナチスドイツ大使館の一室。打ち合わせを終えた日本人官僚(おなじみケイリー=ヒロユキ・タガワ)が去り際に腰を曲げおじぎをすると、ドイツ大使とナチ高官は右手を突きだしたヒトラー式敬礼で応じます。


ディックの原作小説に出てくる『イナゴ身重く横たわる』は、ドラマではわかりやすくナチス敗北が記録された映画フィルムになっていて、「誰も知らない、知られちゃいけない」というこの謎のフィルムを、密かに運ぶレジスタンスたちの活動が、サスペンス風に描かれていきます。


第二話以降の展開も気になりますが、アマゾン・スタジオのストリーミング配信用ドラマシリーズって実際どうなんでしょ? エグゼクティブ・プロデューサーとして一応リドリー・スコットの名前なんかもクレジットされているので、そのうちテレビで連続放映されそうな気もしますが。。。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

バンコクからアムステルダム乗り換えでリスボンに向かうKLM機内。往復で10数本の映画を観た。ろくに眠らず、目を血走らせながら。。。

ジョージ・クルーニーが監督し、マット・デイモン、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマンらが出演した『ミケランジェロ・プロジェクト』The Monuments Men。大戦中、ヒトラードイツ軍に略奪された美術品を取り戻すミッションに従事していた小部隊モニュメンツ・メンの活動を淡々と描いている。映画ファンならそそられそうな役者がそろっているが、事実に基づいているせいか、かったるいショートエピソードの羅列といった印象でしょぼい仕上がり。ハリウッドならではの「素晴らしきアメリカ」ノリにもげんなり。結局、日本でも20世紀フォックスが劇場公開中止のお知らせ を出しオクラ入りとなった。『ザ・インタビュー』The Interview ハッキング事件で流出したメールの中で、ソニー・ピクチャーズ重役が「ジョージ・クルーニーは批評家の評価ばかり気にしている」と言っていたが、まさにそんな感じの作品。


映画ザ・インタビュー


四十路キャメロン・ディアスが初ヌードを披露している『セックステープ』Sex Tape。これも赤字予想で日本公開中止となった一品。手違いで自分たちのアクロバティックな性交動画がネットにアップされてしまったエロ夫婦のドタバタお色気コメディ。文字通りトホホなお下劣企画で、笑うより先に観てて落ち込んでしまった。ファレリー兄弟 の『メリーに首ったけ』There's Something About Mary みたいな「魅力ある下品」って難しいということがよくわかる作品。


日本では公開延期され、結局2015年2月7日の公開が決まった『ミュータント・タートルズ』Teenage Mutant Ninja Turtles。1990年代につくられた「かぶりもの着ぐるみタートルズ」の愛嬌などまったくない不気味な亀CGと、どこがおもしろいのかよくわからないセリフのかけあい。。。雪山滑落などのアクションシーンも意外に地味だし、日本ではどういう層が劇場に足を運ぶのか、そっちのほうが気になった。


『レッツ・ビー・コップス』Let's Be Cops。白人と黒人、さえない2人の仲良しダメ男が、警官の制服を着てニセポリスマンになりすまし、うさばらしをしながらついでに正義のために戦っちゃうおバカコメディ。機内のヒマツブシに最適なB級感がたまらない。でも日本で公開されることはなさそう。

ジョン・ル・カレ原作の『誰よりも狙われた男』A Most Wanted Man。すごく観たかったのに観逃していた作品だったので、機内の映画メニューにタイトルを見つけたときは喜んだが、日本語字幕もないしイヤホンから聞こえる英語音声もクリアじゃなくて、まいった。ゲイリー・オールドマンがスマイリーを演じた『裏切りのサーカス』Tinker Tailor Soldier Spy には遠く及ばないが、フィリップ・シーモア・ホフマンのしょぼくれつつも野心メラメラといった風情はグー。


『グランド・ブダペスト・ホテル』The Grand Budapest Hotel。『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』The Royal Tenenbaums のウェス・アンダーソン監督の最高傑作。粋なリズムで流れるように展開する映画ゆえ、機内アナウンスに鑑賞中断されるとムッとしてしまう。旅情や冒険心をかきたてる描写も多く、海外へのヒコーキ移動のとき見るのにふさわしい作品かも。

あと、思い出すまま列挙すると。。。


シートテレビのちっこい画面でも意外に楽しめた『イントゥ・ザ・ストーム』Into the Storm。ギャレス・エドワーズの2014年版『GODZILLA ゴジラ』Godzilla もメニューに入っていたけど、逆にこっちは大画面でないとダメだと思った。


『ミッション:8ミニッツ』Source Code は『月に囚われた男』Moon の監督(デヴィッド・ボウイの息子だが、名前が出てこないのがいろんな意味で哀しい)の第二作。基本的に脳内ゲームという設定なので、どうしても切迫感に欠けてしまう。過去やり直しタイムワープものなら、やっぱり『バタフライ・エフェクト』The Butterfly Effect みたいなやつが万人ウケするんだろうね。


気にはなっていたけど、きっと『真夜中のサバナ』Midnight in the Garden of Good and Evil や『ミスティック・リバー』 Mystic River みたいな感じだろうと思って観ていなかった『チェンジリング』Changeling。独特のテンポのイーストウッド演出は、飛行機の窮屈な座席で観ても引っぱられる。やっぱり死んでいたという救いのないオチに、ポール・ハギスの『告発のとき』In the Valley of Elah を連想。疲労のたまる長距離移動中、できれば暗い映画は避けたかった。


ブライアン・シンガーが再びメガホンを取った『X-MEN:フューチャー&パスト』X-Men: Days of Future Past はシナリオに無理やり感があるものの、やっぱりおもしろく見れてしまうのがすごい。リュック・ベッソンの『ルーシー』Lucy は期待外れというか、なんじゃらほいな世界。でも悪役が台湾の韓国人マフィアという設定はちょっと気になった。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』Guardians of the Galaxy は、この世界観にすんなり入っていけるかどうかで、おっさん化がどれぐらい進んでいるか判定できそう。木のヒューマノイドとか遺伝子改造された傭兵アライグマとか言われても。。。


『オール・ユー・ニード・イズ・キル』All You Need Is Kill。展開がスピーディーって、寝不足の機内では結構しんどい。体調万全のときに見たら、それなりに盛り上がったのだろう。2014年版『ロボコップ』RoboCop もそこそこ楽しめたが、わざわざリメイク・リブートする意味がわからなかった。リブートといえば『猿の惑星:新世紀(ライジング)』Dawn of the Planet of the Apes。猿の惑星シリーズって、たいした話でもないのに、メニューにあるとついつい見ちゃう。「エイプはエイプを殺さない」というセリフで、「人間なのに人間を殺した」という『アメリカン・バイオレンス』のエド・ケンパーの言葉を思い出した。


リスボンのデパ地下映画館
ポルトガル・リスボン

スペイン系デパート・エルコルテイングレス地下にひっそりある映画館

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

青春時代のあるある映画体験 今もトラウマですか?
LivedoorNews - Nicheee!

http://news.livedoor.com/article/detail/8380184/

【トラウマ日曜洋画劇場】

昭和50年代。それまでゴジラ映画しか観た事がなかった中学の少年が、名画座で観た「タクシードライバー」に衝撃を受け、タダで映画鑑賞できるテレビの洋画劇場を観るため、なめるようにテレビ欄をチェックして過ごしていた。この本はライター・皿井垂さんが洋画劇場愛を込めて執筆した一冊だ。


シャーキーズ・マシーン

現在のようにSNSで顔を知らない同士でも気軽に意見を交換し合える時代ではない。映画への思い入れは、その当時の体験もより評価に影響する時代だった。「青い体験」で知ってしまった大人の世界の衝撃、「遊星からの物体X」のグロ表現……映画体験は、観たその年齢によって苦くも甘くも感じる可能性がある。

午後の曳航

『トラウマ日曜洋画劇場』は、そんな青春時代の甘酸っぱい映画体験思い出がぎっしりと詰まっているのだ。ゆっくりできる年末にこそ、この本を片手に甘酸っぱいあの日の思い出に浸りながら映画を楽しんでみてはいかがだろうか?

(2013年12月25日ライブドアニュース記事抜粋)


時計

そうそう、ライブドアニュースといえば、こんな懐かしい記事もありました 「私は如何にして心配するのを止めて日本脱出、海外移住、外こもりを愛するようになったか」http://news.livedoor.com/article/detail/4699284/


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

『テラー・オン・テープ』……IMDbには、Terror on Tape (1983) : a compilation of scenes from various horror/exploitation films とありますが、『ホラー・ワールド』(1979)や『ザッツ・ショック』(1984)よりさらにカーストの低いチープな作品ばかり集めたB級ホラーコンピレーションです。タイムマシンに乗って30年前に戻り、12,800円もだしてこんなVHSテープを買っていたあの頃の自分に説教してやりたい……。

トラウマ日曜洋画劇場-テラー・オン・テープ(ホラー映画ベスト1983)

『デッドリー・スポーン』(1983)、『お色気吸血鬼』(1978)、『エーゲ海の伝説』(1983)、『甦る怨霊/魔界少女キャシー』(1977)、『フローズン・スクリーム』(1970)、『悪魔の性キャサリン』(1976)、『魔島』(1984)、『バージン・エクソシスト/甦える悪魔のエクスタシー』(1974)、『ナイトメア・シティ』(1980)、『人喰いエイリアン』(1984)、『スカルプス』(1983)、『ブラックジャガー』(1978)、『過去を呼ぶ予言者』(1979)……ラインナップはかなり悲惨です。

トラウマ日曜洋画劇場-The Eerie Midnight Horror Show

登場するクズ映画の中には、御大ハーシェル・ゴードン・ルイスの『血の祝祭日』(1963)、『カラー・ミー・ブラッド・レッド』(1965)、『2000人の狂人』(1964)なども混ざっていますが、
やはりお勧めは、エロトラウマ殺人鬼ものの怪作『ナイトメア』(1981)でしょうか。一昔前の場末のピープショーのシーンなど、なんだか不気味な負のパワーを感じます。

トラウマ日曜洋画劇場-ナイトメア(映画1981)

間違っても日本版など出そうにない映画も数本取り上げています。マリアンヌ・フェイスフル主演の『MADHOUSE MANSION』(1974)、ドライブインシアターを舞台にした超常復讐劇『Ruby』(1977)……。


トラウマ日曜洋画劇場-ブラッド・ピーセス悪魔のチェーンソー1983

ウォーターベッドのぬるぬる殺人場面が好きだった傑作『ブラッド・ピーセス/悪魔のチェーンソー』(1983)も収録されてると思っていたけど、確かめたら記憶違いでした。あれはレンタルしたんだっけ……。

とりあえず、『ブラッド・ピーセス』や『ナイトメア』や『人喰いエイリアン』がレンタルビデオ屋さんのホラーコーナーに当たり前のように並んでいたあの頃が懐かしい……(遠い目)。

プレゼント

アレな映画が大好物という方はこちらもどうぞ click!!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。