【ふるさと便り】

 広島に夏の訪れを告げる円隆寺(広島市中区)の大祭「とうかさん」が4日、始まった。近くの中央通り一帯では関連イベント「ゆかたできん祭」も開催。涼しげな浴衣姿の家族連れやカップルでにぎわった。6日まで。

 午後7~10時に歩行者天国となった中央通りでは、祭りのシンボル「大とうろう」の明かりのもと、浴衣姿の市民らによるよさこいや盆踊りなどが繰り広げられ、祭りばやしがムードを盛り上げた。今年は新たに、モデルと一般公募の市民による浴衣のファッションショーなども行われた。

【関連記事】
AKB48、東京タワー点灯式に浴衣姿
花婿に冷水浴びせ防火祈る 福島で奇祭「水祝儀」
響く祗園囃子、漂う情緒 祇園祭宵山
「べっぴんさん」夏告げる 愛染まつり始まる
現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期

「小沢氏はしばらく静かに」=菅氏(時事通信)
関空への補給金凍結を解除=伊丹との統合など条件に―財務省(時事通信)
<鉄道事故>女性が「のぞみ」と接触、左腕切断 JR尾道駅(毎日新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)
野口さん帰還 宇宙滞在163日(産経新聞)
AD