羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局が26日、福岡県久留米市のふかほり邸で始まった。

 両者はこれまでタイトル戦で4回対決。03年の天元戦と04年の棋聖戦は、フルセットの激闘の末に羽根が制した。04年の天元戦と06年の棋聖戦は、山下がストレート勝ちしている。5度目の今回は、羽根が開幕局を制し、好発進した。

 第2局の舞台は、麦畑が広がる静かな久留米市郊外。山下、羽根の順に対局室へ現れた。定刻の午前9時、立会の小林光一九段が声をかけると、先番の山下は右上隅小目に黒石を打ち下ろした。4手目まで、互いに小目と星を1隅ずつ占めた。

 山下が黒7と右上に二間高バサミを打ったあと、新型ができた。「タイトル戦で見るのは初めて」と解説の首藤瞬七段。羽根は白14とひらき、ゆっくりした展開に導こうとした。【山村英樹】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊戦第2局、久留米で26日から
囲碁:史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー
囲碁:羽根、逆転勝ち 本因坊戦第1局
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局
囲碁:羽根VS山下、両者得意の布石 本因坊戦開幕

小沢氏、会期延長せず「正面突破作戦」(産経新聞)
<普天間移設>首相「辺野古」を初表明 「混乱招きおわび」(毎日新聞)
電子書籍配信で新会社=ソニー、朝日新聞など―iPadに対抗(時事通信)
<遺棄毒ガス訴訟>中国人遺族らの賠償請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
<メダカ>卵巣に生殖幹細胞 基礎生物研が発見(毎日新聞)
AD