仏サノフィ・アベンティス社は4月8日、インスリンやその他の膵臓ホルモンの分泌機能を回復する可能性を秘めた糖尿病の再生医療のための新規化合物「Pancreate」に関するグローバルライセンス契約を米バイオ製薬企業CureDM社と締結したと発表した。仏本社の開発担当者は「1型、2型糖尿病における初の再生治療薬となる可能性があり、増加の一途をたどる糖尿病が患者と医療制度にもたらす問題に対処できる可能性がある」としている。

 サノフィ社によると、インスリン分泌機能を持つ新しい膵島の成長を促進し、正常な代謝機能と血糖コントロールを回復することが前臨床研究で確認されている。今年後半からフェーズ1試験を開始する予定だが、日本法人の広報担当者は「日本で開発するかは未定」と話している。


【関連記事】
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
ミカルディス錠、糖尿病性早期腎症の追加適応の申請取り下げ
ビタミンDとCa摂取で糖尿病リスク低減も
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」

新党参加見送り、邦夫氏「私への消極論あった」(読売新聞)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
飲酒運転違反者講習実施へ=カウンセリングや依存度テストも-警察庁(時事通信)
<窃盗>20歳の自衛官逮捕 ネットカフェで財布盗む 宮崎(毎日新聞)
<将棋>急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
AD