札幌白石ガーデンプレイス皮膚科・美容皮膚科女医のブログ

札幌の美容皮膚科のシミレーザ―治療,ゼオスキンヘルス、シワ,ボトックス、ヒアルロン酸注入、ニキビ,毛穴,イボ、ほくろ、アトピー、アレルギー、分子栄養療法の最新情報をお伝えします


テーマ:
しわの治療 ボトックスとヒアルロン酸注入のコンビネーション ハート


しわ・たるみ ボトックスとヒアルロン酸注入による治療前



しわ・たるみ ボトックスとヒアルロン酸注入による治療後




50代の女性で、ほうれい線眉間のシワの悩みで受診されました。

眉間のシワにはボトックス、ほうれい線にはヒアルロン酸を注入しています。

これは ビスタシェイプキラキラ という最近注目されているしわ・たるみの治療です。


眉間の縦ジワは表情のクセが原因でできるしわで、表情筋の働きを抑えるボトックス注入という治療がよく行われます。

ほうれい線には、ヒアルロン酸注入が適しています。

ヒアルロン酸注入は、しわを埋めたり溝を盛り上げたりしてボリュームを増加させる皮膚充填材(注入剤=フィラー)による治療です。


旗 ビスタシェイプとは?

ビスタシェイプはシワやたるみがよくなるだけでなく、フェイスラインが整い顔の形もキレイになるという画期的な注入方法です。

最小限の量のヒアルロン酸注入材とボトックスの注入を組み合わせて、顔全体のしわやたるみを改善する新しい治療法です。


※アラガンジャパン VISTA-Shapeより引用


目の下から口付近に、少量ずつのヒアルロン酸注入材を注入し、顔の構造を立体的に改善することによって、ほうれい線やマリオネットラインを含む顔面全体の改善が期待できます。




さらに、ボトックスを眉間に注入すると、眉間の表情じわを目立たなくなり、顔全体の印象が効果的に改善され、自然な仕上がりが得られます。




旗 しわやたるみができる原因

深いしわやたるみは、皮膚だけの老化で起こるわけではありません。

骨格や、筋肉、皮下組織を含む顔全体の組織の構造が、加齢によりだんだん変化することによって起こります。



ほうれい線のような老化によって皮膚にできる深いしわは、その部分だけが凹んでいるわけではありません。

顔の骨格の加齢による変化や、口の周りの筋肉・頬と口の周りの皮下脂肪の減少が関係しています。

周囲の筋肉や皮下脂肪組織が垂れ下がって移動し、顔全体の形が変化するために、深いシワがみられるようになります。


そのため、しわの部分だけにヒアルロン酸などを注入するのではなく、老化により顔の形が変化した部分にもヒアルロン酸を注入することが必要になります。


今回ご紹介した症例では、ほうれい線だけでなく頬の部分にもヒアルロン酸を注入することで、頬の位置がリフトアップして、さらにほうれい線が浅くなりました。

また眉間にボトックスを注入したので、眉間にシワがよらなくなり、表情が柔らかくなりました。




関連記事

ヒアルロン酸注入 治療の流れ

しわ以外のヒアルロン酸注入の使い方

眉間や額のしわにはボトックス





札幌 小笠原クリニック澄川診療所皮膚科・美容皮膚科

Facebookページも宣伝


Twitterボタン




クリニック案内全体
クリニック案内TEL







 |  リブログ(0)

札幌白石ガーデンプレイス皮膚科クリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります