今年度最後のプレーパークは、

風もなく日差しがあり、

週末降った雪で遊べるという

絶好のコンディションでした。

 

 

最後のお楽しみということで、

谷のところでも遊びました。

誰も歩いていない雪の斜面を上って滑り降りて、

また上って、

木のうろの秘密基地に入って通り抜けたり、、

何度も何度も繰り返していました。

 

子どもたちの顔がほんとうに生き生きしていて、

その姿はたくましくて、

みんな大きくなったなあと実感しました。

 

 

もちろん、

谷には行かないで下でずっと遊びこむ子もいるし、

友だちを誘いにくる子や、行ったり来たりする子など、

それぞれのペースで楽しんでいました。

 

 

会で用意した干しイモを、保育園のお友だちも食べていきました。

おいしかったね!

 

 

保育園の子たちが帰った後は、

コンロの上がいろいろにぎやかに。

この日は、お父さんがパン種をたくさんつくってきてくださり、

おいしい棒パンになりました。

 

 

ベタ雪だったので、

3分も転がせば大きい雪玉ができがります。

 

 

大きい雪玉をまっすぐ並べて

ドーンじゃんけんをやったけど、

小さい子どもたちには難易度が高かったので

丸く並べなおしたら、

おうちになりました。

この子が持っている枝が、扉で、

おかあさんがピンポンして訪問していましたよ。

 

 

今年度のちょこっとプレーパークin円山公園は、

5月から3月までの間に22回開催できました。

ケガなくトラブルなく、楽しく遊べたことをうれしく思います。

遊びに来てくれたみなさん、

気にしてくれていたみなさん、

本当にありがとうございました。

 

来年度も5月下旬から、月1~2回のペースで活動する予定。

開催回数や時間が少ないので、

地域の日常のあそびばたまりばにはなかなかならないけど、

あそびば開催中は、

そこにいるひとりひとりが

自分らしく過ごせる場になるよう、

来年度も工夫してみたいと考えています。

運営を手伝ってくださるかた、

なんやかんやと助けてくださるかた、

いつでも募集しています。

 

来年度の開催スケジュールは、

5月中旬までにお知らせできると思いますので、

ときどきこのブログかFacebookをチェックしてみてくださいね。

 

それではまた、春になったら遊びましょう!

 

(O)

 

 

 

 

AD

こんにちは。
はじめてブログを書きます、Sです。
いつも幼稚園年少の息子と一緒に遊びに来ています!

街中は大分雪が溶けてきましたね。
円山の森はまだフカフカ⛄
そしてお日さまピカピカ☀
絶好の尻すべり日和でした✨
 

 


次々すべってくる子ども達☺
腹這いですべってきたり
4人繋がってすべってきたり。


大人だって負けていません。
ブルーシートにみんなで乗ると
「新幹線みたいな速さ‼」
子ども達よりも元気な声のお母さん達でした😆

坂の下では 雪遊び。
保育園のお友達が作っていたかまくらを
後から遊びに来た子達が引き継いで…


最後には出入口4つの立派なのができました‼


雪遊びに夢中な子ども達も
大人が作っていたおやつに気づいて集まってきました。
マシュマロ、焼きリンゴ、焼きバナナ、お餅に干しイモ🍴
焚き火で何ができるかを考えるのが楽しい大人達です✨

暖まったら また雪遊び☺
疲れ知らずの子ども達です。


最後までいると お片付けソリも引っ張れて楽しいですよ🎵


次回は今期最後のプレーパークです!
3月13日(月) 10時~12時。
円山公園坂下野球場周辺の林です。

赤ちゃんから大人まで、みんな集まれ🎉
子どもの遊び場ですが、大人だけでも歓迎ですよ。
一緒にプレーパークをやってみませんか?
ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

AD
この日は最高気温が2度まであがり、風もなく、まずまずのお天気でした。
一月のプレーパークでつくったトンネルがまだ残っていて、
その後の積雪でトンネルの高さが狭くなったものの、
また遊べましたよ。
 
 
 
保育園の子たちは、
カツオ隊長と、雪合戦しながらじゃれついていたり、
友だちをソリに乗せてひっぱったり、
おなべやバケツやフライパンを使ってお料理して
ケーキ屋さんを開いたり、
だれかがつくって残っていた雪だるまのパーツを全部取り除いて
作りかえていたり、
おしりすべりしたり、
 
なかよしさん同士で遊んだり、
そこにいた子が集まって遊んだり、
一人で遊んだり、
プレーリーダーや大学生のお兄さんと遊んだり、
 
遊んでいるというより、
話している時間のほうが圧倒的に多かったり、
 
好きなことを好きなようにしていました。
 
彼らにとってプレーパークは月に1~2回のお楽しみですが、
回数を重ねるごとに場所に慣れ、
のびのび遊べるようになっていきます。
同じ場所にいるのにそれぞれやりたいことをやって、
目をキラキラさせている子どもたちをみると、
大きくなったなあ!と、
成長を感じます。
 
 
この日は、いつも滑っている斜面がツルツルテカテカ、
危険度が高いので滑る場所を変更。
普段誰も滑っていない谷に、
みんなで滑りながらコースをつくりました。
最初は滑りが悪かったけど、
だんだん滑るようになり、
そしたら雪の中から枝が出てきたので、
枝を少し丸めて滑る人に当たらないように工夫したり。
そうやって谷滑りを楽しみました。
 
 
子どもたちが遊んでいるすぐ近くにクマゲラがいて、
キョーンキョーンと鳴いていました。
頭の赤色が見えにくかったから雌だったでしょうか。
写真のどこかに写っていますが、よくわからず…
 
 
わたしは、
べっこう飴をつくりましたよ。
「子どものころよくつくってた!」
というお母さんがいたり、
「飴はまだあげていないんです。」
というお母さんがいたり。
「泡が六角形なんだよね~」
といってるおじさんがいたり。
そんな話をしている脇で、
アルミホイルからそうっと飴をはがしている様を
凝視している2歳児がいたり。
 
火の周りはあたたかで、ほっこりします。
 
 
次回のプレーパークは2月27日(月)10~12時
円山公園坂下野球場周辺の林です。
たくさんの雪で遊べる季節もだんだん終わりに近づいてきました。
暖かい春が来る前に、いっぱい遊びましょ!
 
(O)
 
AD