昨日のプレーパークの様子です。
夏ですね!というわりには肌寒い感じの日でしたが、
たくさんの子どもたちが楽しそうに遊んでいました。



雨が心配だったので、いつものロープの代わりにスラックラインを
貼りました。
いつもとは感じが違ったと思うけど、どうだったかな?



こちらは毎度毎度の虫探しです。



ある子が見つけたクモを、
他の子が「ちょうだいよ!」としきりに言っていますが、

ま、そんな簡単にあげられないですよね




苦手なかたのためにモザイクをかけておきましたが、
恒例のミミズまつりです


ミミズや虫類、
子どもたちは、気持ち悪さより好奇心が勝ることが多いのですが、
お母さんたちには、ちとハードルが高いようです。



だけど、小さい生き物の世界もおもしろいんです!
ミミズといっても、ふとっちょだったり赤ちゃんだったり、
小さいアリが白くて小さい卵を運んでいたり、、
ワラジムシのお腹にちっちゃな卵があるのを発見したり、、、

子どもたちがワクワクしているなと思ったら、
お母さんは触らなくていい、見なくてもいいから、
遠巻きに見守ってもらえるといいなと思います。



カッコウおじさんがつくってくれた紙ひこうきを、飛ばすのが楽しい子どもたち。
旗を越すように、飛ばしては拾い、飛ばしては拾いを繰り返していましたよ。



お天気がよくなったからか、自由広場を赤いトンボが何匹も旋回していました。
なんとかとまってくれないかと、あれこれ考える小学生。



いっぱい棒を立てたら、とまってくれるかなあ…

結局、とまらなかったんですけどね。


写真はありませんが、
昨日は0,1歳児の参加も多くありました。

歩き出したばかりだったり、
外遊びデビューしたばかりの子たちにとって、
見えるものきこえるもの触るものすべてが新鮮!

葉っぱをちょんと触ってみるだけでニコニコ。
木の幹を、さわってみたいけど、でも、どうしよっかな!
そうっとさわってみたら、
自分の手のひらが変な感じでびっくり!!
(ザラザラしてたのかな?)
地面がでこぼこしてるから、
歩くのもいつもと違う!!!

外に一歩出るだけで、
室内では味わえない感覚をいっぱい経験できますね。

大人が思う「遊び」をしなくても、
ただそこにいるだけで、
子どもにとっては、
じゅうぶん刺激的でワクワクすることだったりします。

そばにいる大人は、
そんな子どものワクワクやびっくりした気持ちを想像して、
声に出せない子どもの気持ちを代弁してみると、
いいかもしれませんね。

「わ、ザラザラだね!びっくりした?」
「かたいね~」
「でこぼこだね~」
「グラグラするね~」
「きもちいいねえ~」

子どもが自分の体中の感覚を使って経験したことが、
周りの人の表情や声の様子と混じり合って、
その子の体験となり、
言葉の獲得にもつながるのかもしれません。




次回のプレーパークは、7月18日(月祝)9:30~15:00の開催です。
午後まで開いているのでのんびりじっくり遊べますね!


寒くなければ遊水路でも遊べます。
食べ物や飲み物、着替えなどをもってくるといいですよ。
虫よけ対策もよろしくです。 (O)



AD

この日は一日中雨マークの予報でしたが、
朝は小雨程度で落ち着いていたので開催することにしました。



雨だからね、
誰も来なかったらいろいろ話をしよう~

なんて世話人同士話をしていましたが、
そう言っているところに振替休日の小学生がやってきて、
「どろんこで遊びたいなあ~」と発言。
(この子、去年も振替休日の雨の日にやってきて、
きのこ料理をつくってましたわ!)
続いて、未就学児親子がやってきて、
雨降りなのに、にぎやかなあそびばになりました。




さくらの黒い実をたくさん拾ってきて、つぶしてしぼって、
ぶどうジュースのできあがり!
しぼりぶくろやちゃこしがないので、
大きなビニールで代用です。




虫を探していたはずが、あっという間に物の取り合い。
子どもは自己主張しケンカしながら大きくなります。
おおらかに見守ってあげたいものです。




小雨の中自由広場に、幼稚園児が運動会の練習をしにやってきました。
広場の幼稚園児がよさこいソーランを踊り始めると、
幼稚園の振替休日できていた年長さんの男の子が、
「昨日ぼくもここで(別の幼稚園の運動会で)よさこい踊ったんだよ!」
と、ほんとうにかっこよく踊ってくれました。




そうこうしているうちに雨はしだいにしっかり降るようになり、
ブルーシートのやねにたまった雨水を集めたりしました。




自由広場にたまった水が、みんなが遊んでいるところに流れてきました。
カツオさんがシャベルで水の道をつくり水を流すようにし始めると、
子どもたちもシャベルをもって集まります。

細い川にトンネルをつくったり、
ばしゃばしゃとふんずけてけっかいさせたり、
楽しんでいるうちに流れる水はますます増えて、
大洪水。



笹船を流して、
この水はどこにいくんだろうねえ?
と、
水の行く先に行ってみたら、




水はこの穴にザアザアと流れていったのでした。
子どものひとりが
「ここでおしまいだね!」
と、言ったけど、入らなかった水がまだ先に流れていて、
その水をたどっていくともう一つ穴があり、
そこに水が流れていったのでした。

わかった!
というふうな顔つきをした子どもは
なんというか、誇らしげに見えましたよ。


雨だからこそ楽しめる遊びがあります。
雨の日に遊ぶことは、ふだんあまりないかもしれませんが、
一緒に楽しむ人がいると、おもしろくなりますよ!

3歳の男の子が、水の流れでいっぱい遊んだあとお母さんに、
今日はあめふりーパーク!
と言いました。
そして
「あめふりーパーク!」
と連呼しながら帰っていきました

子どもって、こうやって経験から言葉を獲得していくんだな、
と実感し、ちょっと感動したわたくしでありました。



おまけ:
池のカモ(カルガモかな)親子は元気です。
お母さんカモが、12羽のちびっこを連れて泳いだり丘に上がって
なにかついばんでいましたよ。


次回は7月4日(月)9:30~12:00
同じく自由広場周辺で開催予定ですが、
場所が変更になる可能性もありますのでお気をつけください。
変更する場合はブログでお知らせします。




AD

本日予定通り開催します

テーマ:

おはようございます。

今日のプレーパークは予定通り、9:30~12:00

自由広場周辺で開催します。

 

雨と雷も予想されます。

天候によっては途中で終了することもありますのでご了承ください。

すべりやすい場所もあると思いますのでみんなで気をつけましょう。

レインウエアなど、雨対策してきてくださいね!

 

 

AD