★John★

テーマ:
Love is like a flower - you've got to let it grow.


【愛は、花のようなもの。 ちゃんと育てないとだよ。】



私の愛するjohnの言葉の一つ。

いっぱい好きな言葉あるけど、かつて園芸が本気な趣味だった
私にとってはストレートに納得♪

1422553309657.jpg
AD

いただきます。

テーマ:

昨日美容師さんから聞いたお話。

お寺の住職さんが話してくれたお話なのだそうです。


石川県のとある小学校では無宗教を掲げていたそうです。


給食の時に、手を合わせて「いただきます」と言うのは

仏教の発想なので止めた方が良いという意見が多く、

止めたそうです。


では給食を食べ始める合図はどうしましょうか?という話になり、


結局

笛の合図で 「ピッ!」 

で一斉に食べ始めるようにしたそうです。


どんな宗教であっても食べる前には

「いただきます」めいた感謝の気持ちを表します。

無宗教であれば感謝しないというのはおかしいです。

「いただきます」は、

給食を作ってくれた人や、両親に感謝するのではありません。

私達が食べるために犠牲になった動物や植物に対しての

気持ちです。

無宗教であってもそういう気持ちがあるのは当たり前では?


というようなお話だったそうです。

お説教??と言うのかな??


色々お話した中で

ちょっと気に入ったので記録しておきます。





AD

今朝テレビであったドキュメント。

93歳、愛媛県で部品を洗浄する機械を作る工場の社長。

パソコンも一台もなく、あくまでもアナログ。

お金よりも仕事に重きを置き、

社員の仕事環境を重視、給料は拇印を押させて

一人一人手渡し。

社員は残業は一切無し。みんなのびのびしている。


11歳で兄弟が多いことから独立。

写真屋に拾ってもらい住込みで仕事。

14歳で牛乳屋に住込む。

「歯があるから虫歯になる」と歯は全部抜いています。


5年前に最愛の奥様の亡くしてからは一人暮らし。

週一回社交ダンスを3年前から始めました。

その金曜日だけはスーツを着ておしゃれに決める。

41歳の時に大手会社の下請け専門だったのだけど、

「お金払うから○○日までにやれ」というのが気に入らなく感じ、

下請けの仕事を全て辞める。

お金よりも仕事がえらいんだと。


溶接を頼んでいた小さい会社の社長が1億ほどの負債を背負っていまい

苦しみ社長に電話で相談。

「明日の朝迎えに来い」と一言。

負債の経緯など何も聞かずに、

「お前の言い値で会社を買ってやる。」と。

「いくらで買えばお前が仕事を続けられるんだ?」と。

会社を必要な額で買って、それを賃貸する形に。

今でも信頼関係がしっかりした関係。


溶接会社の社長は涙ながらに何故???と。

93歳の社長は、

「助けたいなど全然思ってなかった。」

「ただ単に困っていたから・・・・」

「自分でも何故かは分からない」


また最近大きな仕事が入ったのだけど、

組み立てをする社員が腰痛で退社。

取引先には納期を遅らせてもらい、

その腰痛の社員に

「好きな時間でゆっくりやってはどうか?」と。

その腰痛の社員は奥様に、

「仕事に行くのがとても楽しそう」と言われるそうです。


泣き虫の私ですが、

そのドキュメント見ながら号泣。

そんな心の大きな人が世の中にいるなんて。

日曜日の朝、

とても自分の為になる番組をテレビで見れたことに感謝。

私は本当に平凡な人間ですが、

こういう人の行き方を見習いたいと心から思います。


AD

昨夜思い出せなくて・・・・

そのまま寝てしまった。



さっき思い出した。


著者: ディーパック チョプラ, Deepak Chopra, 住友 進
タイトル: 迷ったときは運命を信じなさい―すべての願望は自然に叶う

これこれ。



宗教っぽい題材だけど、

著者は権威あるお医者さんです。



この手の本は10代のころに

気が狂うほど読みあさったのですが、

中には、ばからしい内容、宗教みたいなものも

たくさんあります。



これはちょっと納得できる本のひとつです。



もしかしてここでこの本の事を知ったのも

あなたの運命かもしれませんね。



別に迷ってた訳じゃないんですけど、

読んで良かったと思います。



さっき帰ってきた。


もうへとへと。

昔はこんなこと平気だったのになー。


2日間徹夜で遊んだり。

カリフォルニア州からミズーリ州まで一人で運転したり。

気力も体力も衰えてくるもんなんだなー。



そいえばずっと昔何かで読んだ気がする。



「自分の中にいる、男性の部分と女性の部分。」


直感や、ふと考えたこと。これは女性の部分。


それを実際に行動に移すことが男性の部分。


このバランスが取れてこそ、人間の心と体が健康に保たれるらしい。。。



たとえば、


「あっ、あの人今頃何してるかなぁ??」 → これが女性部分。



それで、実際に電話してみる。 → これが男性部分。



んで、電話したら相手が、 「私も電話しようと思ってたところなの!!」



みたいな感じ。



実は、虫の知らせのようなものだったりするのも

これだったりすると書いてあった。



守護霊のようなものが女性部分にお知らせをして、

それを男性部分が実行することに意味があるらしい。



この世の中は、自分で考えたことをなんでも実行することは

とても難しくなってきたので、

女性部分と男性部分のバランスが取れずに

心の病気や、病気になったりするらしい。



なぜ難しいかというと、

自分の中の問題だけではなく、

外因的な問題(無理な環境や社会的な常識とか)が

あふれかえってるかららしい。



納得ができないところも多々あるが、

同時にかなり私の心には当てはまる。



体中の毛という毛が全部抜けたとき。

スキンヘッドで2年間過した。

自分自身はストレスなど感じていなかったのだけど、

今思えば、男性部分が女性部分を守ってあげてなかったのかな??

なんてね。

結構気を張って生きてたからな~。



自分の心と体を守ることは時には

とても勇気がいることだとあのときに学んだ気がします。



それ以来、私が正しいと思う方向で

かなりバランスが取れた(自分勝手??)生活を

送ってきた(笑)



それが不思議と、

色々な出会いを生んだり、

運命を感じる出来事が起こったり、

そんな偶然がどんどん繋がって

今の私がいるのだと納得がいく。


最近読んだ本でもあったなー。

なんだっけ。

(覚えてないくらいかいっ!!)

家のどっかにあるから今度探してみよっと。



今夜は、とんでもないくらいにへとへとで

疲れた。

きっと寝てあげるのが男性部分なんだと思う。


おやすみなさい。

人生の転機▲じっくりと。

テーマ:
著者: 田中ウルヴェ 京
タイトル: ライフトランジション―メンタルスキルで人生の転機を乗り越える

 

私たちは、「死」という人生の終結あるいは、

 

最後のトランジション(転機)に向かって、

 

様々なトランジションを乗り越え、

 

自己実現を目指しながら、生きています。 (本文より)

 

 

新たな自己発見とその人生の第一歩を踏み出すためには

 

様々な精神的スキル、

 

つまり「メンタルスキル」を身につけ、

 

それをもってトランジションに対応していくことが

 

重要になるのです。

 

つまり、

 

「自分とは何か」

 

といったことから始まる

 

「自分を知る」

 

というメンタルトレーニングから

 

新しい自己の確立を

 

していく必要があるのだということです。 (本文より)

 

  

 

 

 

 

私にはとても必要であり、

そして心が納得できる本のひとつです。

 

スポーツカウンセリングを学び、

メンタルスキルカウンセラーである方の本です。

 

本の中では具体的にメンタルトレーニングを

分かりやすく行えるようになっています。

 

 

 

大学、社会人、結婚、出産、転職、離婚、退職、閉経、~死

 

考えたら、これまで、そしてこれからも色々な転機が

訪れる人生。

 

それぞれの転機のために。

 

そして最終の転機のために。

 

その転機が訪れたときに受け入れ、

そして自分の中で認識し、先に進んでいくために。

 

自分を見つめて。

 

自分が今できることを考え頑張る。

 

今でこそ。

 

 

 

 

 

感謝の気持ちを込めて・・・

テーマ:

先日の妊婦と、出産後の人の体型を

元に戻す講習を受けた私。

 

 

そのときの先生に相談しました。

 

 

ぐったり落ちたこと。

自信が無いこと。

 

 

先生は、

 

 

私はマタニティビクスを指導する中で、出産経験も無いのに
指導していいのか、と悩んだり、妊婦さんから言われたりした時期もありましたが、不妊治療などの
経験も隠さず、私だからこそいえる事、結婚したら自然に妊娠できるわけではない、子供を授かるという素晴らしさを
感じて大事にして欲しい、などお話するようにしています。(いつも話しているわけではないけど・・・)
それに、産婦人科のドクターも男性は多い妊娠、出産の経験があるわけではない。医者という肩書きを皆が信頼し
身を預けているわけです。
だから、そのように信頼を得るためには勉強してドクターに並ぶような資格を取ることだと思い、いろいんな資格を取得してきました。
勿論、
それは今も今後もずっと続いていくでしょう。

 

 

とても丁寧に返事をくれました。

 

 

感動(涙・・・・)

 

 

私も私なりにできることを

目標をしっかりと見据えて

ひとつずつ努力します。

 

 

先生。どうもありがとうございました。

 

 

 

また、アメブロによって知ったある方の本を注文して、

今日届き、一気に読みました。

 

 

今の私に必要だった言葉達。

 

 

心からこの出会いに感謝しました。

 

 

私は本当にちっぽけでも良い。

ただ、短い人生を有意義に過す目標を立てて

それに向かって努力するだけです。

私のキャリア(仕事&人生)は私の努力の中から少しづつ

磨かれていくと信じています。

 

 

今夜の私はとても心が晴れやかです。

そんな気持ちで明日を迎えることに感謝します。

 

 

 

嬉しい褒め言葉★

テーマ:
ふふふ。

友人とその娘(3歳)が泊まりにきました!


久々に会ったその友人に、






「おでこの皺が無くなってるよ!なんで???」






なーんて嬉しい言葉を言ってもらいました!





納豆??

ピラティス??

ホクロ除去??

フェイシャルエクササイズ??




と色々頭で思いめぐらしてみましたが、



結局、原因なんてなんでも良いのです。。。。


その言葉が嬉しいのです(><)!!!
お世辞でもなんでも良いです!!!



ありがたいのは、そんな言葉を発してくれる大切な友人です。


彼女も、彼女の娘もずっと大切にします。


 
アメリカではよく人を褒めます。
赤の他人同士でもなんでも褒めまくり合います。
髪型や、ネクタイ、目でも、声でも。
多分そういう文化なのだと思います。。。。

その中で長く生活してくると、
人にちょっとした褒め言葉を言われても、
そう大げさに嬉しいとは思わなくなってしまっていました。

しかし、帰国してふと気がついたのですが、
ひとつだけ、びっくりするほど嬉しくなる褒め言葉があったのです。

それが、


「若いですねー!」


の一言なのです!!!!!

心の中で蝶がちらちら飛んで、うきうきしてしまいます。
誰に言われても、別に褒め言葉っぽく聞こえなくても!

そして多分この魔法の言葉は、
30代過ぎのどんな女性にも通用する言葉だと思います。


前に、派遣社員で働いていた時
一緒に働いていたかなり年下の女性が、


「○○さん(→私の名前)って、△△△(→アイドル)が老けたような顔してますよねー」


私「。。。。。。。。。」


これだけはかなり落ち込みました。。。。
事実だとしてもどーしても、「老けた」 なんて言葉は嫌なのです(涙涙)


嘘でも、強引でも、挨拶でも、なんでも良いから
30代過ぎの女性には「若い」と言ってあげてください。
喜ぶこと間違いなしです。

私も「若い」って言ってもらって、テンションを持ち上げて頑張るぞー!!!!