BIGBANG家のスンリ君 ~エブリディ I'm ホッSeungri~

BIGBANGさんちの愛され末っ子、V.Iことすんり君を観察し記録いたします。


BIGBANG、すんり時々にょんとり

テーマ:


あんにょん〜!



BIGBANGスカウト、ep5の続きいきまーす(=´▽`=)ノ


マンネラインが野菜を洗い終え、戻ってきたところから…



なんですが!


私ね、前回あまりにもテソスンのラブアフェアー〜秘密のデート〜に肩入れしすぎて(TдT)
もう頭の中マンネラインマンネラインで気持ちが前のめりになりすぎて。

火の前で調理してる兄さん達の解説をずいぶん端折ってしまったこと、お詫び申し上げたくてm(_ _)m

今後はそのような事のないよう、冷静と情熱の間をいい具合に往き来しつつ進めてまいる所存であります(`・ω・´)ゞ

しばしお付き合いの程よろしくお願いします。



前回、火の番人をしていたジヨンとソーセージに執着してたタプがギスギスしてた場面がありますよね?w

私、あの場面を"殺伐としてる"の一言でまとめてしまったんですが、それを非常に後悔してます←

なんで二人は殺伐としてたか、ちゃんと原因があるんですよね。

このギクシャクの原因、多分見てる人の大半はタプの役立たず具合が原因だと感じたと思うんだけどwww

これ、どちらが悪いとかじゃなく、二人が思い描いている作業工程の

ビジョンの違い

が原因なんですよね←



というのもこのソーセージに切り目を入れるタプ、
これが私には

暖炉の前で木彫りの熊を彫るおじいさん

に見えたんですよね。

丁寧に丹精込めて。

切る作業が終わった後に、大事そうに両手でソーセージを抱えてるタプを見た時に私は気付きました。

タプはもうソーセージに情が移っている

と。


これはもうただのソーセージではなく、タプにとっては作品なのです。

そう、自分で彫った木彫りの熊と同じくらい。
かけがえのない大切なものになっているんです。

だからきっと、誰にも取られたくなかったんだと思います。

ここまで手をかけたわが子のような作品を自分自身で焼きたかったんでしょう。
ソーセージを焼くからよこせと態度で示すジヨンに意地でも渡しませんw


さらには他の材料(野菜とか肉とか)のスライスを命じられ、しつこく(はないけどタプにはそう見える)ソーセージを奪おうと手を出し続けるジヨンに「スライスは嫌い」とワケわからん言い訳で断るのです。

ソーセージの入った容器にジヨンの手が触れそうになった瞬間、ピクッと引っ込めるタプwww

せっかく彫った木彫りの熊(ソーセージ)に焼きを入れて仕上げ、消費者に届くまで(食べられるまで)を自分で見届けたいわけですよね。

すごく分かります(T_T)←



要はタプは

最初から最後までソーセージを手掛けたかった。

オールプロデュース型ですね。

それを思うと、ジヨンにモクサル(首肉)だ、サムギョプサルだと次に焼く肉の種類を何度も迷いながら指定していたのも納得です。

網の上で焼かれるかわいいソーセージに合う肉はなにかと考えていたんだと思います。

アートを愛する男ならではの発想ですね。


それとももしかして可愛いソーセージを無事コンロまで自ら置きにいけたことに安堵して、やっと他に目が向いて、モクサルやサムギョプサルを焼く余裕がうまれたのかもしれません。



それに対してジヨンは

切る人は切る専門、焼く人は焼く専門、というエキスパート育成型

ソーセージを切っているタプを見て、"この子は材料を切る係だ"と直感で決めつけてしまったのです。

ソーセージを切ったのなら次は他の材料も切ってその道を極めてほしかったジヨン。

自分は元々火のエキスパートだという自負があるので、
焼き場はオレに任せろ
と言いたかったのでしょう。
なのにソーセージを最後まで手がけたいタプによって勝手に持ち場を奪われてしまって、モンモンとする中、しばし佇んでいたのがこの場面。


タプも焼き場をやりたかったのか…(勘違い)
と仕方なく他の作業を探した結果がこのコショウふりふり。

バーベキューにおける花形はやはり焼き係ですからね。

焼き場に未練を残しつつも仕方なく他の作業をあたるジヨン。
肉を準備するという雑用にまわる。


好き勝手に振る舞っている(ように見える)タプに苛つく気持ち、こちらもすごく分かります。
ジヨン可哀想(;´∀`)



………と言うのが前回の『殺伐』の一部始終。


どちらも悪気はないんですよね。


ま、バーベキューの場においては材料切る人、焼く人と作業分担するのが効率的にも正解だから、やっぱりジヨンが正しい気がしますけどね゚(゚^∀^゚)゚

こんなに考え方が違うのに、GD&TOPではあんなに絶妙で息の合ったかっこいいパフォーマンスするんだから面白いですよね(*´艸`*)

その化学反応がカッコ良さの秘訣なんでしょうね。



そんな二人を横目に黙々とキムチチゲをつくるのがヨンベさん。
この方もB型だし、一つのことに集中するタイプですよね。

ソーセージを極めるタプは火のエキスパートのジヨンと衝突する羽目になりましたが、チゲを極めるのにはライバルはいませんでしたので幸いでした。

キムチチゲ、お砂糖入れるのね〜(*゚∀゚)
コクが出て美味しそう。やってみよっと。



そんな3人の元へ仲良く帰ってきたテソスン。

炎の大きさを見て
\ヒョン、大丈夫??/
とテソン君。

心配されてトングが短すぎるんだ、と甘えて泣き言をいうタプだけど、
私は燃えさかる肉が心配←
(テソン君も肉の心配してるんじゃ…?)


\肉を焼いてんだか火を燃やしてんだか
わからないね/
と野菜持って覗き込むすんちゃん可愛すぎるwww

テソすんが戻ってきたことで一気に場が和んだわ( ´∀`)

そうしてるうちにチゲは無事に出来あがったみたい(*´ω`*)
味見して"ヨシ"とうなづくべべ。

すんちゃんは肉の付け合せのネギに味付け中。
不器用な手つきがかわいい〜
一生懸命(*´艸`*)

手袋はめてモミモミ馴染ませる。

はァーん美味しそう〜(*´﹃`*)
(内腿にはえる毛が)


お肉も美味しそうに焼きあがった様子♡

まずはリーダーが味見。

\んー♡おいひい!/とそばにいる誰かに表情で伝える。
目線の先にいるのはすんちゃんかしら?
 
タプも一口たべて頬骨もっこり♡

ところで結局野菜は誰が切ったのかな??w
ジヨンが並べてるからジヨンかなwww

焼き役は結局タプに取られちゃったのね゚(゚^∀^゚)゚

でも美味しく焼きあがったお肉とマンネラインの帰還でギスギスは解消したみたいね。
ヨカッタヨカッタ(*´∀`)

愛しのテソンくんにも一口。

アチチチチ、と超いい顔して食べてる♡
テソン君悶絶ーッッ(*´Д`)

…なのにタプは現在お肉に夢中←
(私的タプテソクライマックスはここではありませんので少々お待ちをm(_ _)m)




夜の帳が降りてきて…

いよいよ今回のエピソードの本題!!
(長かったな)


10周年記念!
\ヤジャタ〜〜イム♪/

すんちゃんひとりパチパチパチパチw

『ヤジャタイム』とは前回も触れましたが、年上年下関係なく、敬語無しでのトークタイムの事。

すんちゃんが意気揚々とタイトルコールすると、兄達のビミョーな反応wwwwww
/今急にやるの?(ご飯食べるとこなのに)\

不服そうな兄達の空気に中間管理職のテソンくんは爆笑w

ジヨンは
\スンリのアイデアだろ?/  とw
ヤジャタイムなんてすんちゃんにしか旨みがないもんねwww

それに対して
違うよ、全然違う!!
と断固否定するすんちゃん。
(あやしいw)

俺らには何も良いことがないじゃん、といいつつも

\いいよ、やりたいんだったらやれ、やれ/
とジヨンさんw

若干投げやりな言い方ながらもやりたいようにさせてやる寛容なリーダー♡


てか普段カメラないとこではすんちゃんがタメ口きいても許してるでしょ?(・∀・)ニヤニヤ

あ、そっか、だから余計になのか。
人の目があるところだもんねぇ。


3分間のヤジャタイム、スタート!!

\シージャ!(せーの)/の号令とともにまず動いたのは

\すくッ/

タプ!!!!Σ(*゚∀゚)ノノ
いきなり立ち上がったぁ


何をするかと思えば一目散にテソンくんの前へ!!(*゚∀゚)

するとテソン君が急に偉そうな態度になり

\タプや、酒を一杯いれてよ/

……Σ(゚∀゚ノ)ノエエエっ!!!!!

するとタプも迷わずコップを差し出す!

なんだこの二人の豹変っぷりはΣ(///Д///)


いつもは上下関係のあるテソンアとチングのような設定で触れあえる…(〃∇〃)ムフフ

とハヤる気持ちが抑えきれないタプと、それに即座に反応して返すテソン君(*//艸//*)キャフーー

いや、もはやチングというより自らシモベを買って出ているかのようなへりくだりっぷりを見せるタプ!゚(゚^∀^゚)゚

もしかしてこういう設定ごっこ普段からやってる??
あかんーーー(〃ii〃)
タプを呼び捨てにしてえらそうに虐げるテソン君にドキドキがとまらない(*TiiT*)


すんちゃんも
\ヤーヤーヤー、タプ!箸がないぞ!/
とここぞとばかりに命令してるwww

一番年長なのにヤジャタイムにノリノリのタプ、愛しすぎる(´;ω;`)♡


久しぶりに外で食べるとほんとに美味しい、と嬉しそうなジヨン(*^^*)
べべも満足そう♡

\テソンイが〜、/
とテソンくんの事も呼び捨てにして上機嫌なすんちゃんw

ヤジャタイムって最高(TдT)♡

ここでタプが裏話を。
グループチャットでこの企画のことを話してたんだね。ほんとに仲いいなぁ(*´ω`*)

考えてたよりすごく楽しくていい映像になってる予感がする、って事だよね。

仕事だけどほんとに心から楽しい時間だったんだろうな。


すると
ネギを頬張ってたすんちゃんが

\オーバーにするなよ!/
/セレブかよ!\

と。芸能人ぶるなって事??

それよりすんちゃん、
立って食べてるし゚(゚^∀^゚)゚

そして受け皿が紙コップwww
お皿用意しといてあげてよスタッフ


\このチゲ超美味しい〜!/
と感激するすんちゃん。
(チゲも紙コップwwwwww)

ヨンベが作ったんだよ、とじよん。
『トン・ヨンベ(29)/BIGBANGテヤン
キムチチゲの達人、10年目の歌手』とテロップがw

\ウリヨンベはいつでも結婚できるな/
/ハッハッハ〜\

とチングというよりもはや親戚のオジサンみたいな喋り方するすんちゃん。

余計な事言うなし←



そのすんちゃんの喋り方にキャッキャと笑うテソジヨ。

みんな家でよく料理する?とヒョン達にきくと

いつも家にいるからやるよ、とヨンベさん。
すっかり料理大好き芸人だねw

テソンイはどう?
…とテソンくんにも話を振ったところで

\ヤジャタイムもう終わりじゃないの?/
とちょっと意地悪言って笑うw(キュン♡)

3分間の終わりを告げられちょっと寂しそうなすんちゃんwww

残念そうなマンネを見て笑うヒョン達。

じよんも
\食べ終わるまでやっていいよ/

なんだかんだとみんなすんちゃんに優しいのよね(*´Д`)


ヤジャタイム続けてもいいとは言われたものの
\短すぎるから続けないとカットされるよ/

とプレッシャーをかけられ…

次の展開を考えあぐねて暗闇にフェードアウトしていく編集かけられるすんちゃんなのでしたwwwwww


鍋がほんとに美味しいとしみじみ言うジヨンさん。

普通の店で買った肉なのになんでこんなにおいしんだろう、と。

するとタプが
\愛を込めて焼いたからだよ/

勘違いの自画自賛゚(゚^∀^゚)゚
はずいwww


\(そっちじゃねぇよ…w)/
/鍋にはいってる肉だよ。\

と焼き係を奪われた火のマイスターの逆襲とばかりに宣告するじよん。


\デヘヘへへへ/

優しいべべが
\愛を込めて煮たからだよ/

とフォローのような追い打ちのような一言をw


オチもついたところで楽しい楽しい夕食ヤジャタイムはおわり。

最後は
またしても立ってガッつくすんちゃん(*´艸`*)

ほんとに美味しかったんだね♡


はァ〜、BIGBANGてほんまにええなぁ〜
(*´Д`)♡




そして次回予告!!

これまたヤバそう(´;ω;`)


メンバーにあてたお手紙を読むんだね。
もうこの部分見るだけで涙が…。゚(゚´Д`゚)゚。

わろてるw
…って事は自分が書いたもの読むんじゃなくてシャッフルして読むのかな?

次回が最終回なんだよね。
私耐えられるかしら…(TдT)

木曜が来てほしいような来てほしくないような。オーラス参戦を目前に控えた時のようなあの何とも言えない感情w


ではでは長々とお付き合いありがとうございました。

あんにょんです(^^)




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「BIGBANG2017」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。