おばたさおり(小幡沙央里)のブログ

おばちゃんこと小幡沙央里29歳のブログ。
日々の活動や思いを綴ってゆきます。
主に教育、子育て、地域のことをテーマに活動中です。


テーマ:
【働く女子の運命】【「育休世代」のジレンマ】

ワーク・ライフ・バランス、仕事と生活のバランス、調和。

一般質問で取り上げるにあたり読んだ資料の中に、この2冊もありました。

働く女子の運命、は女性の働きにくさを日本型雇用システムにある、としています。

日本は「就職」、じゃなく「就社」をする。

スキルを持ってポジションにいくわけでなく、一括採用、そこから育ててゆく...

男性が女性を養うことが前提の給与の設定(生活給)の考え方。

育児休暇という制度、ワーク・ライフ・バランスというものの浸透を図ってみたけれど、根にある企業の考え方とは合致しない。

女性を取り巻く「雇用」の変遷がわかります。

この本のラストの方に紹介されているのが、「育休世代」のジレンマ。

著者の1984年生まれの中野円佳さんは学校では男女平等である、と教わった世代。

同世代としてものすごく共感できる内容でした。

育休、取れます。

制度はあります。

仕事復帰もできます。

でも、

でも、

根本的に違うのだ、

といった切なる想いが伝わってきます。

何かを「あきらめた」(ように見える)女性は働き続けることができる。

働き続けることはわがままなのか?なぜ女性のみがそれを考えねばならないのか。

男、女、でない生き方。

これらの本から見えてくるは、性別役割分業の存在。

個人の尊重なんのその。

男だから、女だから、の固定観念がいかにはびこっているか。

考え方を変えるのは難しい。

だからまずは法を、制度を作ってきた。

さて、いかにこれが本当の意味でなしえるのか。

男と女だけじゃなく、多様な性もあります。

とにかく一人一人、が生きやすい、枠に嵌められないで生きられる世にしてゆきたいと思います。




いいね!した人  |  リブログ(0)

おばたさおりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります