SAORIGRAPH│サオリグラフ

サオリグラフは旅ライターのサオリグラフが国内外に旅先の思い出を沢山の人と共有する為にエントリーしているブログです。

アバウト 写真

アバウト キャプション 写真 キャプション

動画 旅

動画 キャプション 旅 キャプション

ピックアップ アーカイブ

ピックアップ キャプション アーカイブ キャプション

線

NEW !
テーマ:

桃園から新幹線に乗り約1時間で嘉義へ到着!

(桃園10:10 → 嘉義11:14)

 

 

途中3つ位、駅を飛ばす新幹線だったので到着が早かったです。

すべての駅に停まる新幹線だと1時間20分くらいかかります。

まぁ、あんまり変わらないね。

 

改札で乗車券が返却されるのでしっかり取りましょう。

この後バスに乗るのに必要となりますでよ。

 

 

嘉義うぇーい。

嘉義についたのはいいのですが、まだまだ移動します。

 

ここは高鐵嘉義駅(新幹線の嘉義駅)。

ここから台鉄嘉義駅(在来線の嘉義駅)へ行きます。

 

 

日本はJRが新幹線と在来線をやっているから乗り換えも同じ駅構内で出来るけど、

台湾は新幹線と在来線を運営している会社が別々の為、駅が離れているんですって。

(たくみ談)

なんか面倒だな、合併しちゃえよ。

(無責任)

 

という事で、台鉄嘉義駅へ向かいます。

駅を出たところにあるバス停から連絡バスが出ています。

 

 

 

 

バスが来るまでトランプをして暇つぶし。

トランプはこめっち持参です。

さすが、分かってらっしゃる。

 

写真ではのほほんとババ抜きしている風味ですが、

物凄く高速なババ抜き(兎に角速い)で殺伐としていました。

 

 

あ、バスが来たので乗りますぞ。

この連絡バス、新幹線に乗った時の乗車券を運転手さんに見せると、

 

 

こんなカードを渡されます。

これで無料で乗れるんです。素敵!

 

(まぁ、君らの事情で駅と駅が離れているんだからこれくらいしてもらわないと困るわ)

 

あ!いけない!心の声が駄々漏れですわ!

わたくし本当に意地汚いというか、ケチというか、あまり良い性格はしていません。

 

 

今朝も王子に、

『もし、“1,000万あげるから俺と結婚してくれ”って人が現れたらどうする?』

と聞かれ、

「とりあえず1,000万だけよこせ、って言う」

と即答しました。

我ながら強欲なババアです。

 

『それじゃあ答えになってないよ!』

『1,000万もらったら結婚しなきゃいけないんだよ!』

と王子に言われたので、

「じゃあ仕方ない」

「500万でいいんで(結婚は)勘弁して下さい、って頼む」

と答えました。

もう話にならない強欲ババアです。

 

でもまぁ、今後結婚を申し込まれることは無い。

結婚できた事自体が都市伝説みたいになってるからな。

これ以上の杞憂はありませんよ、王子。

 

 

という事で高鐵嘉義駅から連絡バスに乗り、30分程で台鉄嘉義駅に到着。

今夜の宿はこの近くにとってあります。

 

 

宿にチェックインして荷物を置きたいところですが、

それよりも我々、お腹が空いている。

たくみ君は臭いゆで卵を食べていたけれど、

たくみ君以外はお菓子しか食べていない。

 

 

インフォメーションに寄って集って美味しいご飯屋さんを聞く。

今日のお昼は嘉義の名物『鶏肉飯』を食べるのだ!

 

 

向かったのは『噴水鶏肉飯』というお店。

 

 

赤い看板が目印。

大衆食堂みたいな感じ。

 

場所は嘉義駅から徒歩10分くらいのところ。

 

クチコミは2.6と低めですが美味しいよ。

なんでこんなに低いのかしら。評価。

お世辞にもすごく綺麗とは言えない大衆食堂だからかな?

余程潔癖症でない限り全然平気です。

 

さて、入店したけれどメニューが読めない。

そして値段も分からない。

 

 

鶏肉飯はどれだ!

なんとなく雰囲気で鶏肉飯が食べたいと店員さんに伝えると、

どうやらスープを選べる様子。

(セットなのかスープも飲めと言われたのか不明)

 

 

店員のおばちゃんが片言で『エビスープ』とか言ってたので、

「じゃあエビで」とエビスープを注文。

こめっちだけ肉団子スープみたいなのにしました。

 

 

はい!鶏肉飯とエビスープです。

鶏肉飯、あっさりしていて美味しいです!

これ、七面鳥なんだってね。

(だからどうした)

 

鶏肉とご飯にかけたタレも美味しいし、

日本人の味覚に合うと思います。

以上!食レポ苦手なんで!

とりあえず美味しかった!

嘉義に来たら食べてみて下さい。

(台北でも食べられるけどね)

 

 

 

では今宵の宿へチェックインしましょう。

宿は嘉義駅から歩いて5分くらいの『嘉冠大飯店』

 

 

 

 

ここの4人部屋に宿泊。

4人1部屋で7,754円。

1人あたり1,940円くらい。

寝るだけなら十分です。

 

部屋の中はこんな感じ。

 

 

シングルのベッドが計4台。結構広い部屋です。

荷物を置いて、早速お祭りへ行く準備!

 

 

鹽水蜂炮のメインは夜のロケット花火ですが、

昼間も屋台が出たりしていてお祭りはやっているのです。

はよせなはよせな!

着替えてお祭りに持っていく荷物をコンパクトにまとめます。

 

準備万端!

 

 

ご覧ください、わたくしのテンションの上がり様!

戸愚呂弟で言うと80%位のテンションです。

千切れた腕が再生するテンションです。

(※どんなテンションか分からない人は幽遊白書を読もう!)

 

ちなみにフルフェイスはブログ仲間のOKUさんから頂きました。

本当にありがとうございました!

Made in JAPANのアライヘルメットでロケット花火を跳ね返したいと思います。

うおおぉぉぉお(雄叫び)

では!いざ出陣!

 

 

 

サオリグラフ フェイスブック サオリグラフ ツイッター サオリグラフ インスタ

 

サオリグラフ フッター

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。