.・♪・*Happy Sound .・♪*

横浜市青葉台駅にあるピアノ教室レスナー 木村佐織のブログ♪

こころも体もしなやかに!
レッスンは 明るく楽しく朗らかに!
を目指す日々を、ゆるやかに綴っています。



テーマ:
昨日は1日インプットの日メモ
attachment00.jpg

午前中は、
上智大学音楽い科学研究センター主催
特別シンポジウム

音楽を感じる脳
藤井 進也先生
(東京大学教育学部特任助教)
研究者としてだけでなく、
ドラム奏者としてもかなりの腕前でいらっしゃるそうです。

世界最速ドラマーさんが、
1分間に1203回叩く映像を紹介してくださいましたが、
それはそれは衝撃的(笑)

リズム同期(簡単に言うと、相手のリズムに合わせること)
社会性の関係とか、
非音痴者と音痴者の脳の違い、など、
興味深い内容を、
実験データと共にお話しくださいました。

ドラム奏者の研究は、世界的に見ても例を見ないそうです。
音楽には欠かせないリズムと脳の関連等、
今後ますます楽しみな分野です。


音楽が傷つける脳
坂本 崇先生
(国立精神神経医療研究センター病院神経内科部長)

演奏家が、演奏できなくなる理由は何なのか?
理由は一つではなく、

 脳神経
 整形外科
 心理的
 ジストニア


要因を4つに分類することができ、
それぞれの症例と対処法を、
お医者様の立場から、解説してくださいました。


午後からは、
ピティナ・ピアノフェスティバル
《第1講座》
音楽が脳を育む??
~練習の光と影を読み解く~
古屋晋一先生
(医学博士・上智大学准教授。
同音楽医科学研究センター長)

今回は「練習」がテーマ。
練習量 ≠ 成功 というのは、
限られた時間の中で練習する立場としては
助かる裏付けグッド!

まさに量より質ですね。


「脱力」を育む練習の目的は?
音色や技術面など、
「脱力」が出来ているか否か、影響する部分は沢山ありますが、
同じ質の演奏をしても、
脱力して演奏できているピアニストの方が、
良い評価をされやすいそうですょビックリマーク

やっぱり見た目は大事 ということ!?


そして、身体の使い方について。
表現したい音楽は、
表現するのに合った動きが出来るから実現できるので、
動きのレパートリーを増やすことが大事、
と仰っていました。


絶妙なタイミングで笑いを誘うグッド!古屋先生の講義は、今回もあっという間。

かなりお忙しい方ですが、
新しい本、お書きにならないのかな、
なんて期待してしまいます。

《第2講座》
ベートーヴェン解析講座
~初期のソナタを紐解く~
土田英介先生
(作曲家・ピアニスト・
 東京音楽大学ピアノ科教授)

この講座は、2年前に企画されていましたが、
土田先生が体調を崩されたため、
今回、改めて開講されることになりました。
attachment00.jpg

あるモチーフや音型が、
ひと手間加えられて他の楽章のテーマ(モチーフ)になっている、
という例が、こんなに沢山あるとは思いませんでしたひらめき電球ひらめき電球

土田先生のお言葉を借りると
「見えない糸でつながっている」という事が
よくわかります。

ベートーヴェン、と言うと、
中期~後期の作品ばかり弾いてしまいますが、
初期の作品の楽しみ方を教えて頂いた気がします。
何年も弾いていない作品ばかりだったので、
事前に弾いて予習したつもりでしたが、
読み込みが甘かったあせる

独学では、気付けない事が沢山あったので、
とても勉強になりましたニコニコ

内容が濃い講座ばかりだったので、
時間をかけて消化していこうと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。