ライバルがいない道を歩く技術「ビジネスメンタリズム」

あなたの授業やセミナーがエンタメ性溢れる「魔法の授業」に変わる!本格メンタリズムを駆使したエンタメ講師、日本唯一のビジネスメンタリスト®が魔法の授業のコツを書き連ねています。
※メンタリストとはメンタルマジックを行うマジックパフォーマーの事です。


テーマ:
「ドラッグ・リポジショニング」という言葉があります
 
既存の承認薬の、新しい治療効果を発見し、別の治療薬として再開発することを言います。...
 
たとえば、
 
リアップという薄毛治療に使われる薬がありますが、あれは元々高血圧の薬だったものが、偶然から薄毛に効くということが発見されました。
 
バイアグラは元々狭心症の薬です。
 
糖尿病で使われるメトホルミンは、がん治療に使われています。
 
高脂血症の薬だったスタチンは、脳こうそくの治療に使われています。
 
胃潰瘍の薬であるレバミピドはドライアイに効果があるとされています。
 
製薬会社が「創薬(新薬開発)」に費やす時間と費用は莫大なものになっており、製薬会社の大きな負担となっているそうです。
 
また、動物実験では出なかった副作用が人に起こってしまうといったリスクもあります。
 
そこで、人に対して安全であることが分かっている薬を他の治療薬として再開発すれば、時間と費用とリスクが少なくて済む、というのがドラッグ・リポジショニングの発想です。
 
今後のセミナービジネスも、「リポジショニング」がカギとなるかもしれません。
 
今から新しいスキルを「開発」することは時間と資金と効果の面から得策ではありません。
 
オリジナルのセミナーや肩書きを得ようと思ったら、いくつか方法があります。
 
●アメリカなどのセミナー先進国から日本いないスキルを「輸入」する
例)マインドマップ、NLP、コーチング、アンガ―マネジメント等
 
●既存のスキルと他の何かを「融合」する
例)ビジネスメンタリズム等
 
●既存のスキルの名前を変えてオリジナルな考え方を付加する
例)〇〇式△△メソッド、まほうの●●等
 
リポジショニングは、既存のスキルなのにみんな気づいていない
 
「そんな使い方があったのか!」
 
を見つけることです。
 
会社における人材活用もリポジショニングですね。
 
仕事が出来なかった私に
 
「お前、社内講師やってみたら?」
 
と言ってくれた上司に感謝です。
 
3年前の、
 
「このメンタリズムってやつを自分の研修に取り入れたら学習効果が上がるのでは?」
 
という思いつきから「融合」したビジネスメンタリズムも、今はリポジショニングかなと思っています。
 
あなたがたくさんの時間とお金をかけて学んだそのスキルは、本当にその使い方しかできないのでしょうか。
 
あなたがリポジショニングを行って「創始者」になるのです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
もしも今あなたが誰かからの攻撃を受けているのであれば、それは全く恐れる必要はない。
 
それは攻撃に見えるかもしれないが、実は全く攻撃になっていないからだ。...
 
こちらを攻撃しているつもりになっていても実はすべて自分に跳ね返ってきてしまう。
 
天に唾する行為を攻撃とは言わないように。
 
そのことは、先の都知事選で、新都知事に対して大人げないことをした議員が世間から大バッシングをされていることからも分かる。
 
相手は自分が優越感を味わえないことからくる「嫉妬」という感情に振り回されている気の毒な方なのだ。
 
あなたが相手の手の届かないところまで行ってしまえばそれはやがて収まる。
  
もっとも、あなたは相手が一生懸命攻撃(らしきもの)をしている時、すでにそこにはいない。
 
今この瞬間にも遥か先を睨み、どんどん先に進んでいる。
 
相手は、あなたを一生懸命攻撃している限りその場から動けない。
  
「行動」
 
それこそが最大の武器であり防御なのだ。
 
行動している人は人を攻撃している暇などない。
 
相手の攻撃は、過去のあなたの幻影に対してなされている。
 
あなたが同じ土俵にいたり、進むのを止めない限りあなたには届かないのだ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「人が人を選ぶのはどういう心理が働いたからなのか?」
 
という格好のサンプルがあったのでそれについて徒然を書いてみます。
  
そのサンプルとは、小池百合子新都知事です。
 
彼女から私は、
 
「人が誰かに選んでもらう時に大切なのは“この人は信用できるかもしれない”と思わせることである」
 
と教わりました(お会いしたことはないですけど)。
 
一般大衆が、立候補した人の公約の内容や“本当の”人柄などは短い期間で吟味することは出来ません。
 
だから、分かりやすい言葉、信用出来る人の推薦、イメージ戦略、メディア戦略、外見、一貫性などを武器に、「信用できる印象」というものを創り上げることに腐心します。
 
大衆の印象は、
 
「巨大な権力に立ち向かう一人のか弱い女性」
 
「おじさん達にいじめられても明るく受け流す強い候補者」
 
「嘘をつかなそうな芯の強い一面」
 
「うんざりしていたこれまでの流れに終止符を打つ期待の都知事」
 
といったイメージでしょうか。
  
これはセミナービジネスにおいても同じことです。
 
良いコンテンツを持っているにもかかわらずセミナービジネス(特に集客)に苦労する講師とは、大衆の心理的には「投票したくない候補者」と同じということです。
 
たとえば、
・知名度が決定的に無い
・分かりにくい
・露出が少ない
・日ごろの言動が怪しい、怖い、攻撃的である
・実績や肩書きに信ぴょう性が無い
・一度投票(参加)してくれた人を満足させていない
・過去に騙された
・ネットに醜聞が載っていた
・期待感が無い
 
という講師がセミナービジネスで成功することはありません。
 
SNSを見ている人はちゃんと分かっています。
 
「この講師は信用できると思う」
 
「この人が言うなら本当だろう」
 
「セミナー業界に新しい流れを創りだす人だ」
 
「クリーンなイメージがあるからきっと騙されることはないだろう」
 
ということを。
 
人は「印象」で判断します。
 
いかにして「信用できる印象」を創り上げられるか。
 
そして、相手の印象の通りふるまう演技力があるか。
 
相手の期待に応えられる覚悟はあるか。
 
一生懸命マーケティングやライティングを勉強する前に、世の中の大衆心理をよく見て分析することの方が大切だと思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。