ライバルがいない道を歩く技術「ビジネスメンタリズム」

あなたの授業やセミナーがエンタメ性溢れる「魔法の授業」に変わる!本格メンタリズムを駆使したエンタメ講師、日本唯一のビジネスメンタリスト®が魔法の授業のコツを書き連ねています。
※メンタリストとはメンタルマジックを行うマジックパフォーマーの事です。


テーマ:
あなたが何かを判断するときに基準としているのは

「正しいか誤っているか」
 
「善いか悪いか」
 
どちらですか?
 
どちらも大切ではあるが、どういう使い分けをしていますかか? 
 
たとえば、言っている理屈が完全に間違っていても、

「この人は良い人だからまあいいか」
 
という、正誤(客観)より善悪(主観)を取る場合があります。
 
たとえば、非常に正しいことを言っている人に、
 
「言い方が気に入らない」

「批判された」
 
と言って、正誤(客観)より善悪(主観)を取る人などは非常に多いです。
 
客観が素晴らしくて、主観がダメだというのではありません。
 
人は「正誤(客観)」より、「善悪(主観)」による判断の方が思考を使わなくて楽なので多くの場合従いたくなります。
 
特に、自分の主観的な判断をけなされると人は腹が立つものです。
 
人は、自分の主観(善悪判断)こそが「客観的事実」であり「正しい」と思い込んでいるのです。

「無意識に客観視」出来る人は存在しません。
   
私もそう言う傾向があるが、このことを知っていると知らないとでは発信する情報の質に差が出ると思っています。
  
お金をだまし取られている人が多く存在している客観的事実に目をつぶり、「私はあの人を信じているからそんな情報はウソだと思う」と、主観的事実だけを見つめ続ける人が身近にいます。
 
身内が犯罪を犯したときに、警察に突き出さず匿まってしまう心理です。
 
私にも、「まあ、この人だから多少無茶を言っても仕方がないか」と苦笑しながら許してしまう仲間がいます。
  
人に(主観的に)好かれてしまえば勝ちなのは確かに真理です。
 
それでも、教育業界の末席を汚す立場にいる以上、「正誤」による判断は自分の判断基準として持っていたいと思います。
 
自分の基準がブレたとき、自分の判断に集まってくれた人は離れていきます。
  
思考するのを止めたらこの業界を離れなければならないのです。
 
ブレないためにも様々な立場からの見解を集めることにしています。。
AD
いいね!(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
「あなたは、ルールの中で生きたいですか?それとも自由に生きたいですか?」
 
そう聞かれたら何と答えるでしょうか。
 
セミナー業界を見渡すと、
・経済的に自由に生きましょう!
・精神的な自由を得ましょう!
・時間的な自由を得て働きましょう!
という、あおりまくりのコピーが並びます。
 
企業では、
・上司が自由にやらせてくれない
・くだらないルールが多すぎる
・鎖につながれた社畜になりたくない
というせつない声が多く聞かれます。
 
現在、大人気の俳優ディーンフジオカさんがある番組でおっしゃっていました。
 
「僕はルールの中で頑張るっていうのが好きなんですよ」
 
ディーンさんは、ひどい花粉症アレルギーのため日本にいられず世界中を旅して、苦労して5か国語を身につけ国際結婚をし、グルテンアレルギーに悩まされているという自己開示をされていました。
 
そんな自分の人生におけるルール(制約)が多い中だからこそいろいろなことを頑張ることが出来たと述べていました(本当はもっとたくさんの言葉でそれを言われていました)。
 
人は社会や環境などのルールの中で生きざるを得ないからこそ、自由を追い求めます。
 
原始時代から現代まで、自由に生きていては生存確率が下がることを知っているから、集団生活の中でルールを作ることを覚えました。
 
人は生き延びるために、目の前の事象の中に法則(ルール・パターン)を見出す本能が備わっています(春になると芽吹く、夏の前に苗を植えたほうが実る、あの雲の形は雨が降る・・・など)。
 
自由に生きているようで実はルールを自分に課してしまっているものです。
 
私も常々、「自由に発想しよう」「言語化しよう」ということを訴えていますが、結局、日本語というルールや、現在の自分の立場という制約の中での「思考」でしかないわけです。
 
決められたルールの中で、自由を勝ち得るために何が出来るかを考え、行動すること。
 
すべてが自由な環境で自分の能力を伸ばすことは出来ないのです。

自分が自由にできる数少ないことがあるとしたらそれは、
 
「自分でルールを創る」
 
ということではないでしょうか。
 
今自分の周りにあるルールから目を背けず、その中で様々な手段を用いて挑戦を続ける。
 
もしくは自分でルールを創り、賛同してくれる仲間を増やす。
 
それが自分の能力を一番伸ばすのです。
AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

【私が“言語化”にこだわる理由】
 
私は人に情報(知識、ノウハウ、思考、経験、発想・・)を伝える仕事をしています。
 
伝える手段は、主に「視覚」と「言語」と「体感」です。
 
その中でも特にこだわっていることが「言語化」です。
 
こだわっている理由は、視覚や体感をないがしろにしているのではなく、言語化は特に意識をしないと忘れてしまうからです。
  
言語化は「チャンクダウン」と「チャンクアップ」で創ります。
 
「チャンク」とは塊のことで、簡単に言うと、
 
チャンクダウンとは「具体的に~」で説明すること
 
チャンクアップとは「一言で言えば~」で説明すること
 
たまにみかける講師で、
「言語化しているようでしていない」
人がいます。
 
たとえば、
「潜在意識に働きかけるんです」
「脳が活性化するんです」
という説明で終わってしまう人。
 
説明しているようで具体的には何も言っていないのと同じです。
 
“潜在意識”とは何のことで、どこにあり、“働きかけ”るとは何なのか・・ということを説明できなければそれは「理論」ではなく「受け売り」でしかありません(私は潜在意識を説明できないので使いません)。
   
“活性化”とは脳の血流が増えることを言うのか、シナプス結合が進むことを言うのか、細胞が賦活化することを言うのか、それとも全く違うことを指すのか・・。
 
面倒くさいやつだと思いますか?
 
でもそれが出来ないというのなら、もしくは面倒くさいというのならその人は教育者になってはいけないと思います。
 
そういう方と話をしていて気付くのは、
  
・「なぜ?」を自分にぶつけていないから自分の言葉を深堀や吟味をしていない
 
・広範な知識を自分に取り込もうとしていないから他の情報や言い回しでの説明が出来ない
  
方だなあということです。
 
また、チャンクアップできない人は「一言で言いますと~」と言っておきながら、ものすごく長い言葉で説明をしてしまう人などです。
 
親切丁寧に言語化をしているようで、聴いている側が疲れたり、ますます疑問が湧いてきてしまった結果、「よくわからない」と言われてしまいます。
 
逆に、
「ここを、こんなふうにこうこうこうして・・・」
という、自分だけが分かっている説明をする「こうこう講師」も多くいます。
 
作家の村上春樹氏は、文章を書くことを
「自分の内側に深く潜っていくことだ」と書いています。
 
自分の内側にある思考と向き合い、積み上げてきた経験や情報と組み合わせて、他人との共通言語に変換して自分の思考を出来る限り分かりやすく届ける作業。
 
それが言語化です。
 
仏師が一本の丸太を”彫る”のではなく、中に眠る仏様を”見つける”作業であると表現していますが、言語化はそれに近いものがあります。
 
自分が表面的に使っている言葉は本当に相手に届いているのか?
それを具体的にすると?
それを一言で言うと?
 
言語化作業とは楽しくて辛くて孤独でありながらみんなでしていくものなのでしょう。
 
私の言語化の旅は果てしなく続きます。
AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。