ライバルがいない道を歩く技術「ビジネスメンタリズム」

あなたの授業やセミナーがエンタメ性溢れる「魔法の授業」に変わる!本格メンタリズムを駆使したエンタメ講師、日本唯一のビジネスメンタリスト®が魔法の授業のコツを書き連ねています。
※メンタリストとはメンタルマジックを行うマジックパフォーマーの事です。


テーマ:


 
私はセミナー講師ですが、常にこの命題を考えています。
 
世の中に必要とされていない仕事はいずれ無くなることは歴史が証明しているので、ここを考え続けない講師に未来はないのですね。...
   
セミナー業界には有象無象の講座があり、講師の数も毎年増加の一途をたどっていますが、そのまま食べていけない講師の数とニアリーイコールとなっている厳しい世界です。
 
セミナー受講者の目的は大きく分けて3つ分類できます。
(講演会参加者や企業研修受講者は除く)
  
①自分の気持ちが癒されて心地よい気持ちになりたい
 
②とにかく儲けたい
 
③教える側になりたい(技術や資格知名度を手に入れたい)
    
  
①は、自己啓発やスピリチュアルなどに代表されます。
  
●キーワード
「気づき」「癒し」「解放」「エネルギー」「大宇宙」「引き寄せ」「パワー」「量子力学」「感謝」「ポジティブ」「ブロック」「運」「運気」
   
●特徴
具体的なエビデンスやノウハウは無く、抽象的ではあるが、共感できる言葉やありそうな話しや不思議な話しに科学のエッセンスも少し混ぜることでなんとなくいい話を聞き、自分の事や自分の人生を肯定的に捉えられる気持ちにさせる。
 
●チェックすべきところ
脅かしや不安をあおることを言っていたり、スピリチュアル(精神世界)の話なのに、怪しさを薄めるために脳科学や量子力学を持ちだしている講座は多く、内容も表面的で都合の良い部分だけを抜き出して説明している講座が多い。再現性や取得性は低い。
  
 
②は、高額商材販売などに代表されます
 
●キーワード
「短時間で」「すぐに」「誰でも」「成功」「必ず儲かる」「月収が〇倍に」「売り上げが上がる」「経済的自由」「精神的自由」「パソコン一台で」「世界中を旅行しながら」
 
●特徴
講師や過去の受講生や弟子が儲かっている様子を写真でこれでもかと喧伝。再現性は非常に低いので、実際に儲けている人は皆無。実態は、「私の商材を売るか、私に人を紹介すればあなたも儲かる」というもの。
 
●チェックすべきところ
ネットで調べて過去に、「詐欺」「裁判」などの言葉が出てくる講師には絶対に行ってはいけない。それと、簡単に儲かる仕組みなど存在しないし、それを人に教える人もいないことを心に銘じておく。 
 
 
③は協会ビジネスや〇〇養成講座、~塾などに代表されます。
   
●キーワード
「資格が取れる」「輝ける」「人を救う」「オンリーワンになれる」「あなたも●●できる」「独立」「起業」
 
●特徴
ここが一番玉石混交しているジャンル。
多くは、海外から輸入された資格を売りにしたり、認定講師として講座が出来、上手くいけば独立起業できるということを謳っている。
  
●チェックするところ
・第一に技術の再現性と取得性。
・卒業生や受講生の活躍、属性
・講師のプロフィール
・講座の回数や時間、オフラインかオンラインか
・コスパを調べる。
・ちゃんとした練習やトレーニング、フォロー体制がある。
宣伝ページに「売り上げが上がった」などの、お金の話が多い講座は要注意。大切なのは「何が身につき、どんなことに役立つのか」を「理念」とともに伝えているかどうか。
 

どれがいいか悪いかは自分で決めることです。
 
ただ、セミナーを受ける時に最低限、
 
「自分の目的は何だろう」
「このセミナーを使って何を実現したいのだろう」
 
という自問自答はしていただきたいものです。
 
私は③の仕事をしていますが、③に②を加えてくる人も増えましたね。
 
結局、お金の話に飛びつく人はまだまだ多いということですし、しんどい人生に癒しが欲しい人も多いことは間違いありません。
 
でも最後は自分の人生を誰かにゆだねたり、依存したり、誰かの言葉を盲信して思考停止になってしまうことだけは避けなければいけないと自戒しております。
 
今後も誠実なセミナー運営を心がけていきます。
 
10月7日(土)は再現性、取得性は100%のスプーン&フォーク曲げパフォーマンスレクチャーを名古屋で初開催。

http://winquest.nomaki.jp/
 
これでお金が儲かるかどうかはあなた次第ですが、周りの人を笑顔にできることは間違いがないでしょう。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

5月から、高松市にある、「学校法人穴吹学園」様において、月1回の講師をしております。

対象者は穴吹学園の講師陣。

内容はビジネスメンタリズム。

題して「メンタリズム講師養成塾」

予備校にはカリスマ講師がいるのに

専門学校にカリスマ講師がいないのはなぜ?

素朴な疑問から始まったプロジェクトです。

もしも専門学校の先生が

フォークを曲げ

受講生の心の中を読んだり

誘導をしたり出来たら。

高校生が楽しく学び、効果的に結果を出せたら。

そんな学びの場を作れる喜びがあります。

いよいよビジネスメンタリズムが教育現場に進出です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年の何月だか忘れましたが、TB番組のカンブリア宮殿で株式会社ストライプインターナショナルを率いる石川康晴社長のお話が心に残りました。...
  
ストライプ社はアースミュージック&エコロジーというブランドショップをはじめとする27ブランドを運営しユニクロの牙城を脅かす存在となっています。
  
石川社長が、セレクトショップ時代の独りよがりな経営から気付いたのは、「前言を翻す柔軟な戦略転換(転換力)」。
  
そしてそこから身につけた「逆から物事を考える」習慣は、ものすごく共感するところがありました。
 
時代や現場、お客様の声、実践してみて気がついたことなどを次の戦略に活かすということは「ブレる」こととは違います。
 
それが分からない人は、手法転換やビジネスの転換や展開に対してすぐに人を「あいつはブレた」と評論をしますが、そういう人ほど本質が見えていないため自分のビジネスが上手く行っていないものです。
 
ビジネスを推進する理念やロジックが確固たるものであれば、手法はいくら変わっても良いし、人はついてきます。
 
そして石川社長の戦略で私が注目したのは、海外の自社店舗のうち赤字店舗をほとんどすべて潰すという英断と、そのうえで他社のブランドショップを一箇所に集めたオールジャパンブランドで戦うという構想でした。
 
私の前職は保険業でしたが、保険も1社独占から様々な保険会社の商品を扱える代理店が台頭してくる時代になりました。
 
1か所でいろいろな商品が買えるという発想は古くは百貨店から今ではコンビニまでその「業態」は様々ですが、アパレル業界でオールジャパンの「業態」で戦うという発想はそういえば耳にしたことがありませんでした。
 
転じて今私がいるセミナービジネス界ではどうか。
 
特にセミナー講師養成系の講座では、大抵は一人のカリスマ的なトップ講師の下に受講生が集まってそのノウハウを学ぶのですが、残念ながらというか当たり前というかやはりその中から講師として成功する人は、1桁%もいないという現実があります。
 
そもそも講師という仕事が簡単にできるもの、と思われているという誤解があるうえに、講師として身につけておくべきスキルは複数あってそれぞれが絡み合っています。
 
話し方やツカミ、動画、ブログ、コンテンツ作りなど「だけ」を一生懸命学んでもあまり意味はないのです。
 
しかも、「オンラインで」「簡単に」「数週間で」「誰でも」「トップ講師に」養成できると謳う講座が多いことには大いに問題があります。
 
私も来年の4月から講師養成講座を本格的に始めるのですが、他の講師のようにカリスマでもない私がやるとしたら、既存の講座と逆を行くことになります。
 
すなわち
「オフラインで」
「数か月間は時間をいただき」
「訓練をしてもらい」
「本気かつ既に素養を持っている人に」
「メンタリズムなどのエンターテイメントな技術や」
「企業研修コンテンツを」
「マーケティングやブランディングの方法とともに」
「仲間とともに学んでいける場を作り」
「高額講座の作り方や」
「出版の方法、機会」
なども併せて伝える講座にするということです。
 
これは滅茶苦茶大変なことです。
 
でもそれでも講師として成功する人材を出せるかは保証できません。
 
ただこのまま、玉石混合の講師養成講座が乱立する中で本気で取り組む講座があってもいいじゃないかという想いだけなのです。
 
どこにも1ストップでこれらの技術やスキルを教える講座が無いのです。
 
おかげさまで、独立してから4年弱で多くの心強い仲間が出来たのできっと成し遂げられると思っています。
 
頑張ります。

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。