現在・未来を生きる!企業も個人も

1億総中流と言われた時代から、格差拡大の社会。これからどうなるかは定かではない。しかし日本は世界の中で重要な存在であることは間違いないのではないか。分岐点にあるとも言える。個人個人がどう生きるか問われていると思われて仕方がない。


我々はどんな時代に生きているのかよくは分からない。

グローバリゼーションという表現も誤解しがち。

個人にしても企業にしても重要なことがある。

それは目標・目的の明確化と自分・組織の置かれている立場・状況を認識することではなかろうか。















テーマ:

アメリカをどう考える  ①



                          アメリカ社会で仕事をしたのは永いほう 



                            仕事で殆どの州を訪れた


                            自動車ディーラーは土日もオープン


                            相手先の都合で順番に廻ることはあまりなかった



         




         アメリカに関する知識は教科書程度であった



         それだけでは余りにも不十分と気付いた



         国と国民との間には大きな差を感じた



         


        
           




        ぺりーの黒船艦隊が久里浜沖に現れたのは1853年


          日本に開国を迫るため



                マシュー・ペリーはメキシコ戦争で活躍したとされる


                その5年後に日本上陸


                蒸気船の燃料補給以上の意図があった




          開国を迫る


          それはどういう意味か




          開国の裏側には植民地的な意味合いがあったはず



          歴史とは史実の裏側を考えないと分からない




          それから幕末の動乱史


          明治維新が1868年



          日本の歴史にばかり気を取らた



          ”地政学”の本を数冊読んでみた





         



       アメリカの歴史は領土拡大



       米墨戦争(アメリカ対メキシコ)が1846年~48年)



                 発端はメキシコ領であったテキサスの領有問題



                 いったんは”テキサス共和国”として独立させ、28番目の州にした



                 米墨戦争に勝利したアメリカはカリフォルニアまでの


                 広大な領地を割譲させた




       カリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサス


       かつてのメキシコ領



      



      




       旧メキシコ領の地図をみると分かる


       カリフォルニアやテキサスはアメリカそのもの



       日本とアメリカは日米同盟の絆で結ばれている



       双方の重要性は増した



       政治問題には詳しくない



       経済的にも日米は相互補完の関係にある



       アメリカとどううまく付き合っていくか



       日本にとっては重要なことと思っている



       それにはアメリカについてもっと知ることだと思う



















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

営業を考える 




      相変わらず世の中は不安定


      政治的にも経済的にも


      個々の家庭の生活は安定的でありたい




                               大樹が育つには


                               年輪を重ねた頑丈な幹


                               それを支える地中に張った根


                               それが無ければ枝葉は大きく育たない


                               当たり前のこと




        




       自動車産業の企業間競争はグローバルに熾烈





       米GM (ゼネラル・モーターズ)を例にとれば




                   1908年ウイリアム・デラントにより創立



                   1920年にアルフレッド・スローンがGMの基礎を固めた




            




                    フォードを抜き世界一となる



                   キャデラックからシボレーまで商品の多様化を図る



                   マーケテイング戦略の成功 (当時)




                  100年間の企業経営は紆余曲折がありながらも


 

                  世界のトップを維持した




       然しながら



       2009年に連邦倒産法第11章を適用にて一時国有化された



       現在はトヨタ、VWに次ぐ世界3位





       VW(フォルクスワーゲン)が排ガステスト不正でつまづいた




       これから先どうなるかは断言できないが



       GMの最近の業績は良いと承知





       根がしっかり地面に張っていたと言えるかもしれない



       あるいは



       CEOであるメアリー・バーラ女史の手腕か





       企業は人により良くも悪くもなる







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シーズン到来を待つ




        
        




       江戸川(放水路)でしばしゆったり



       猫たちもくつろいでいる



       アスファルト舗装された道路



       クルマは勿論バイクも通行禁止


       猫もそれを知っているようだ



       近づいてもマイペース




       

        




       満潮時に人の頭が見える


       泳いでいるのではない


       貝を採っている


       多分カキ


       干潮時には数人で一生懸命



        
        



       妙典橋の鉄骨が取り払われた



       100メートルもある橋が電車区(地下鉄待機所)の上を渡る



       珍しい工法と聞く



       開通はまだだいぶ先の話のようだ



       歩行者通路が広めのようで



       ゆっくり川の流れが見えるだろう



        



       近くに寄ってみた


       鉄骨が見事に撤去されている


       技術力の高度さがうかがわれる




        



       草地に小鳥が集まる


       ムクドリであろうか



       以前に「可愛い」と言ったら、近くにいた女性に叱られた


       「あれは害鳥」



       でも餌をついばむ姿は心を和ませる







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

軽自動車を再認識




                   


                                時の流れを知ることは極めて重


                                自分の属する業界にも


                                他の業界・業種にも目を向ける



                                企業トップには”時代を読み取る”ことは責務


                                個人についても言える



                                勝者・敗者は入れ替わるもの


                                そうでないこともある


                              




           




           
          軽自動車の利便性を考えた




          郊外のマイホームに住む


          バス便が少ない場合に駅までの通勤の足になる


          ショッピングセンターまで気軽に行ける





            


              ホンダ N-BOX



           介護施設までの車いす運搬に便利


           勿論病院へも


     





         

              ダイハツ タント





      2016年5月の新車販売ランキングを見ると



      トヨタのプリウスがトップ      前年同月比で2.5倍



      ダイハツ軽 タントが           ”     30%増



      ホンダ軽  N-BOXが          ”     11%増


                            


    市場は厳しい



       三菱自の軽自動車 eK の燃費不正発表は4月20日で生産・販売中止



       日産デイズは三菱自工で生産であり同様の状況




    これからの自動車は


        PHV プラグイン・ハイブリッド


        EV  電気自動車


       水素自動車



    市場動向を見極めることと、市場を造りだす



    気が許せない



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クルマはどうあるべき



        クルマは馬車が発展したもの


        永い歴史がある


        


              




         エンジンが発明され馬にとって代わった


         燃料はガソリンであったり、軽油であったり


         これからは電気や水素に代わっていくようだ



         無視してならないのは


         エンジン出力は馬力で表示される


         これからもそうであるかどうかは分からない



       

         トヨタからセンチュリーが発売された


        心の中で拍手



        価格が1000万円以上


        家計を考えるとマイカーとして購入する可能性は


        限りなくゼロに近い



        車体デザインは数十年前のものと違いは感じない



        それで良いと思う



  
       




        トヨタはクルマの原点を忘れていない



       少なくとも自分にはそう思える



       世界のトップメーカーの余裕であろうか



       最近の車はどのメーカーのものも似たり寄ったり


       何故かヘッドライトは殆ど猫目



       ”売れなければ話にならない”実情は分かる



       市場動向は四六時中見張らねばならぬ



       重要なことは


       メーカーには消費者に対して、指導性が無ければならぬ



       トヨタの世界トップの座は続きそう


       米GM (ゼネラル・モーターズ)も頑張って欲しい









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。