2017-08-11 17:21:57

夏休みによみたい本 - カウンセリングの原点に立ち戻る・新しい理論に触れる

テーマ:◆読書・本

 

中山です。

 

今日からお盆休みのかたが多いでしょう。

 

お墓参り、帰省等、休みといっても忙しい方は多いでしょうけれど、休みを利用して、少々読むのに時間がかかりそうな、がっつりした本を読んでみるのはいかがでしょうか。

 

カウンセリングの基本に立ち戻る、新しい理論に触れる等目的を持って本を選んでみてください。

 

私からのお勧め本です。

 

 

旗心理臨床スーパーヴィジョン 改定版

2012年に発行された「心理臨床スーパーヴィジョン」更に改版された最新版です。

1級キャリア技能士、指導者を目指す方、また、カウンセラーとしてSVを受けて見たい方にお勧めです。

 

 

 

 

旗カウンセリングの原理

國分先生のカウンセリング本シリーズは、原点に立ち戻るもので定期的に読み返したい本です。

 

 

 

旗カウンセリングの技法

 

 

 

旗カウンセリングの理論

 

 

旗エンカウンター

 

 

 

旗神経衰弱と強迫観念の根治法

私のカウンセリング療法のベースとなっているのが「認知行動療法」と「森田療法」です。

森田療法は日本人にとても向いていると個人的に思っています。

 

 

 

旗サビカス キャリア・カウンセリング理論

サビカス理論はキーワードベースで知ってはいても、実践的にどう使われるのかを理解するのにお勧めです。

ナラティブ・カウンセリングとの関連、キャリア・ストーリーなどがわかりやすく説明されています。

 

 

 

旗キャリア開発と統合的ライフ・プランニング―不確実な今を生きる6つの重要課題

 

ハンセン理論を学ぶ一冊です。これは、もの凄く分厚いです。

 

 

 

旗DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引き

メンタル系カウンセラーだけでなく、今やキャリアコンサルタントも疾患の見立てが必要とされています。

常に手元に置き、辞書のように使うことをお勧めします。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

産業カウンセラー資格取得サポーター中山法子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります