santafull time

幸せで在るための生き方を紹介しています。
が、サーフアートやポップアートを描いてます。
最近は創作怪談も・・・

NEW !
テーマ:
このブログはあくまでもオレ個人の考えです。
そして、読むかどうかは読者の方の自由です。
オレが体験して、学んで、考えた、オレだけの事実であり、
何もかもに当てはまるわけではないこと、
誰にでも当てはまるわけでないこと、
このことを理解した上でお読みください。





目には見えない存在のお話が終わり、
今回は目には見えない、運などのお話です(笑)
オレがお伝えしてる現代スピリチュアリズムには、
必要のないモノなので、
それらについて書かせていただこうと思います。



「運気」はですねぇ・・・、
オレの中では存在していません。
なぜかというと、人生は自分で創造するものだからです。
自分の人生を自分で創造するということは、
自分の思いどおりに生きるということですから、
自分ではない、何かしらの影響を受けていては、
ま~ったくお話になりません(笑)
なので、
占いなども、都合のいいことが書いてある時だけ、
真剣に読みます(笑)
都合の悪いことは、一切目にも耳にも入れません。
目や耳、つまり脳にその情報を入れることで、
意識していなくても、自らその方向に進む可能性があるからです。
これがこのブログでちょいちょい出てくる、
「スイッチ」というやつなんです。
人は思考したとおりに生きていきます。
このことについては、
また別の機会に詳しく書かせていただきますが、
とにかく、思考のとおりの人生を歩むようになってます。
つまり脳内にある情報を元に、
今後の人生を創造しているわけですね。
それなのに、自分にとって都合の悪い情報をわざわざ入れて、
人生を苦労や面倒な方向へ持っていくなんて、
何のためにスピをやってるのか分からなくなります(笑)
世界的に見ても、
本物の(笑)スピリチュアリストと称する人たちや、
メンター(霊的指導者)たちはテレビや新聞を見ません。
もちろんネットのニュースも、
興味のあるものだけをチョイスして見ているようです。
余分な情報を入れることで、
望んでいる人生がブレてしまうからなんです。

話がそれていきそうなので戻しますが(笑)、
自分が人生を創造している以上、
運気についてもいい話なら受け入れて、
自分の中に取り込みますが、
すこしでも都合の悪い話は受け取りません。
スピリチュアリストと称する人たちと、
そうでない人たちの差はここにあると、
オレはにらんでいます(笑)
どうしても、周囲の環境や取り巻く状況などで、
自分にとって都合の悪いことを、
「しょうがない」と思って、受け取ってしまいますよね。
人生上の体験の中には、どうしても避けられない、
都合の悪い状況というのも存在します。
結果的には自分が引き寄せてるんですけどね(笑)
でもそれ以外のことで、
わざわざ自分から都合の悪い状況を
引き寄せる必要性はないと思うんです。
それを理解している人たちは、
テレビやニュースなどを見ないんですねぇ。
つまり、運気というのは存在せず、
その話を聞いた自分が、創造しているに過ぎない。
ということになります。


現代スピでよく聞く言葉で、
「思いどおりに生きられる」というものがあります。
オレの体験上、おおよそ真実です。
オレもパーフェクトな生き方をしているわけではないので、
「絶対に」という言葉は使えませんが(笑)、
おおよそ、「気分」についてのみというのであれば、
思いどおりに生きています。
その体験から言うと、
誰でも思いどおりに生きてるんですね。
ただ、先ほども書いたとおり、
脳内の情報に否定的な要素があるかどうかなんです。
脳内の情報に否定的な要素があれば、
当然、人生上で体験することにも、
否定的な体験が混ざってきます。
そして過去を振り返った時、
人生、山あり谷ありだなぁって考えるんですね。
根本的には、自分が作ってる山であり、谷なんです。
そこには脳内でイメージする、不安な未来や、
過去を例にして考えた結果の「これはムリだ」という
意識が人生を彩っています。
「ビギナーズ・ラック」という言葉がありますが、
初心者の幸運、っていうやつですね。
そりゃそうです。情報がないですからね(笑)
純真無垢な気持ちで、事に当たるわけです。
嫌々でなければ、それなりにワクワクした気持ちを持って、
それをするはずです。
だから上手く行きやすいんです。



その流れで言うと、運命や宿命も同じことで、
そんなものは存在しない、ということになりますよね。
厳密には「ほぼ」存在しない、と言えると思います。
「ほぼ」というのは、「人生の青写真」というものがあります。
前回のブログですこし触れましたが、
「これを体験しておきたかった」とか、
「こういう風に在りたかった」などの、
過去生の反省から、
今生では絶対に体験しておきたい、と、
小さな繭玉の中に用意したものの中のひとつです。
これは自分で決めて用意したものなので、
それこそ宿命的に体験することになります。

でも世の中で、一般的に言われている運命や宿命というのは、
まずあり得ませんし、あったらお話になりません。
それを言いだしたら、幸運や悪運があって、
人生は山あり谷ありで、
結局何をやっても上手く行かない、という話になります(笑)
この上なくパーフェクトな存在である創造主が造りだしたものに、
そんな不平等が生じるとはとても思えないですからねぇ。
一般的に呼ばれる「神」という言葉で考えてみると分かりますが、
「神」が人を不幸にする、苦しめるなんて、
文章として気持ち悪くないですか(笑)?
「神」が人を幸せにする、喜びを与える、の方が、
スッキリとしてますよね(笑)
これが創造主なんです。
ということは、
不幸ばかりが続く人などいるわけがないですし、
苦労ばかりが続く人もいません。
否定的思考は、肯定的思考へのジャンプ台です。
否定的な思考に目を奪われてしまうと、周りが見えなくなり、
結果、否定的な体験の泥沼に沈みます(笑)
否定的な思考があるならば、その正反対を見据えることで、
肯定的な思考や言動に変化します。
そうなれば、否定的な体験をした分、
救われた気持ちになり、「おぉ神よ」となるわけです(笑)
その喜びや満たされた気持ちが、
次の瞬間からの人生を創造していきます。
人は、考えているとおりに生きるように出来ています
となれば、運命や宿命って存在するでしょうか?


片側10車線の道路を車で走っていると想像してください。
どの車線を走っても構いません。
10車線のうち、時には大きな穴が開いていたり、
落石によって巨大な岩が道をふさいでいる車線もあります。
それらのトラブルを見つめてしまい、
虜になれば寄ってしまって事故になります。
先ほどの否定的な体験の泥沼ですね(笑)
「危ないから寄らないでおこう」と決めて、
周囲を見回し、何事もないきれいな道を見て車線変更すれば、
事故は回避できますよね。
これが人生なんです。
都合の悪いものを見つめていれば、やがてそれに当たります。
都合のいいものを見つめていれば、やがてそれに当たります。
どちらに当たる方がいいでしょうか(笑)?

運気や、運命・宿命などというものに、振り回されることなく、
自分の心地いい道を選んで、心地よく生きるということ。
これがオレのお伝えすることのできる、現代スピリチュアルです。
ぜひご自分の人生を、ご自身の手で創造してみてください。
このブログではそのヒントになりそうなことを、
書かせていただいてます。
何もしないで否定だけをしていては、何も始まりません。
当然、今までどおりの人生が続くだけです。
もちろん、今までが幸せであれば、
変化の必要はありませんけどね(笑)

自分の人生は、自分が創造しています。
そして人は考えているように生きていきます。
自分が創造したかどうかは分からなくても、
何かいいことがあれば、
「ラッキー!」って考えておくと、
それはラッキーですよねぇ(笑)




とか語ってますが、
オレが現代アーティストではなかろうかと(笑)
まだ販売には至っていない新作です。

mizu-tama #21

「mizu-tama #21 既視感」です!
一般的な言葉で言うと「デジャヴュ」ですね。
「前にもこんなことがあったような・・・」とか、
「前に一度見たことがあるような・・・」などのことです(笑)
同じサイズのシルバーの玉が、
同じサイズの四角の中にあります。
似てるけど違う、違うようで同じ? 
みたいな感覚で楽しんでもらえると嬉しいです。


新しい販売窓口が何もかもグダグダで、
オレにとっては、ほぼ機能していないのと同じ状態です(笑)
なので、やり方をすこし変えようと思っています。
今しばらくは「ART-Meter」での販売となります。
よろしくお願いします!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。