santafull time

幸せで在るための生き方を紹介しています。
が、サーフアートやポップアートを描いてます。
最近は創作怪談も・・・

NEW !
テーマ:
このブログはあくまでもオレ個人の考えです。
そして、読むかどうかは読者の方の自由です。
オレが体験して、学んで、考えた、オレだけの事実であり、
何もかもに当てはまるわけではないこと、
誰にでも当てはまるわけでないこと、
このことを理解した上でお読みください。





前回からの続きでーす!

「チョー能天気な魂という創造主が、幸せな人生を創っている」

ということを、前回お話しました。
もちろん今回もふざけてはいません(笑)
考え方をすこし変えてみると分かることですが、
神という名の存在が、ですよ、
人に不幸を与えたり、試練を与えたりするでしょうか?
神が人間に「アイツらを殺せ」的なことを言うでしょうか?
神ならば小指の先でピーンと弾けば、
宇宙ごとぶっ飛んでしまう、とは考えられませんか?
そんな神が、わざわざ人を苦しめる理由がないんですよね。
神が人を嫌いになったり、飽きたのであれば、
神のリセットボタンを押せばそれで終わりです。
人間がとやかく言えるレベルのお話ではないですよね(笑)?

日本人の宗教観として、何度か耳にしたことがあるんですが、
「自分の宗派と違う仏さんを家に入れるとケンカをする」
そんな話をうちの親からも聞いたことがありますが、
仏さんってケンカするのぉ? って思いました(笑)
ケンカなんてしてるようでは、悟りの境地には到底及びません。
神も仏も、みんな愛のかたまりです。
まぁ仏の場合はお釈迦さんの流れですから慈しみですね。
どっちにしろ、ケンカをするような存在ではありません。
地獄とか煉獄とか、天罰なども、神や仏には不必要です。
要らない存在はその場で消せばいいんです。
それぐらいできてこそ神ですからね(笑)
でもそういうことは起きません。
なぜなら神や仏といった存在は、愛のかたまりだからです。
愛によってすべての人に、ありとあらゆる自由を保障しています。
どんなふうに生きても、どんなことをしても、
神は罰しません。罰する理由がないからです。
なぜ理由がないか?
神が創った存在が人間だからです。
神が未完成のものを野に放つとは思えません(笑)?
完全無欠が神という存在であるとするならば、
その神が作った人間もまた、完璧なんです。
ただし、否定したり、怒ったり、恨んだり、ケンカをしたり、
人のものを盗んだり、人を殺したりする自由も保障されています。
それは、神が用意してくれた自由の使い方を、
根本的に間違えてるためです。
でも人間には否定する自由も与えられていますから、
「自分が正しい、ゆえにお前が間違ってる」
ということも起こりうるわけです。
本当ならここで、
「自分は正しい、でもお前も正しい。みんな正しい」
となれば、神の考えですよね。
そのために人間には言葉が与えられて、
話し合うことができるようになっています
さらに思いやる自由もあるわけですから、
相手を愛することで、諍いをせずに済ませることも、
余裕で可能なんですね。

あ、ずっと神って書いてますけど、
オレのブログでは創造主のことです。
どこかの何かの宗教の、
第三者的な、擬人化された存在ではなく、
唯一無二の、この宇宙のすべてである存在のことを言ってます。
お間違いのないように。



で、本題です(笑)。
何が言いたかったのかというと、
人間は創造主であるということなんです。
神が創った人間は、神に似せて創られていますが、
それは姿かたちのことではなく、
存在としての在り方の方なんですね。
つまり、人間の魂こそが神に似せて作られたものである、
ということなんです。

愛のかたまりであり、すべてを創造するもの、
それが魂なんです。
このブログでよく書いてる公式があります。

神 = 愛 = 魂

この公式はそういうことを言っていたわけです。
今ごろになって、っていう気もしますが(笑)
そこでもうひとつの公式を。

魂 = 心 = 気分

これも何度か書いた記憶があります(笑)
この二つの公式を全部つなげると、

神 = 愛 = 魂 = 心 = 気分

ということになります。
オレの知るかぎり、完全にイコールで繋がってます。
今回のブログでも最初に書いた言葉、

「チョー能天気な魂という創造主が、幸せな人生を創っている」

これを翻訳すると(笑)、

愛のかたまりであるがゆえに、
どこまでも肯定的な神が、
自分そっくりに創った魂は、
人という物質に心という操り糸をつけて、
コントロールしようとしている。

と言えるわけです。伝わりますかねぇ(笑)?

人は肉体を自分と思いがちですし、
心や魂は肉体の中に在ると思いがちのようです。
モノはモノなんですね(笑)
こういう言い方は冷たいようですが、
人も亡くなればただ肉の塊です。
それはもうモノなんですよね。
生きてる方の思い入れがあるだけです。
で、神が創ったものは魂であり、肉体ではありません。
つまり魂ありきで肉体があるわけです。
もし魂が肉体の中にあるとすれば、
レントゲンやCTに映るでしょうし(笑)、
人が亡くなったとき、魂も一緒に亡くなりますよね。
また、脳に心があると考えられてますが、
臨死体験の説明がつきません・・・っていうと、
そんなものは脳の誤作動と言われますねぇ(笑)
でも体験した人がいる以上、
誤作動かどうかを調べたほうがいいですよね。
臨死体験の根拠もなければ、誤作動の根拠もないわけです。
水掛け論を繰り返していては科学とは言えません。
体験者は体験している、それだけでもすこし勝ってます(笑)

で、話を戻しますが(笑)、
人は魂が主で、肉体が従です。
チベットのダライラマ法王の代が変わるとき、
最終的には過去生の記憶で決められています。
亡くなった法王が愛用していたものなどで、
予言等で見つけてきた子供が
生まれ変わりかどうかを調べるそうです。
他にも世界中にはたくさんの過去生の記憶を持つ人がいます。
その説明をつけるとするならば、
肉体は滅んでも、魂は永久に不滅です!
ということになりますよね(笑)?
これを馬鹿げていると一刀両断にするのは簡単ですが、
実はまだ人類が知らないだけかも知れません。
残念ながら、自分が体験したことのないことは信じない。
それが一般的な考え方です。


それで(笑)、
つまり、魂=神は不滅なわけです。
その「愛のかたまり神」(笑)が、
「自分」という存在だということになります。
それならば、その神という名の魂=心=気分に、
人生を委ねたほうが、上手くいくに決まってますよね(笑)
ここで前回のお話と繋がりますよぉ(笑)
気分に委ねたほうが上手くいくのに、
エゴという重たいフタをして、
たかだか数十年の体験と記憶で
すべてを知ったような気になってるほうが、
不自然だと思いませんか?
オレの感覚だと、
「人が生きる、っていうことの何を知ってるの?」
って思っちゃいます(笑)

選択肢は無限にあります。
自分が思いつくかぎりの選択肢が、
今、手中にあるんですね。
そこから魂の導く方向、
言い換えれば、気分のいい方向を選択すればいいだけです。
そして、
「自分の選択した道を歩いていく」と決めれば、
かならず自分はその道を歩きだしますし、
きちんと決定しているので、
目に見えない存在、あるいはエネルギーの
恩恵を受けやすくなります。
その途中で、もっと心地よい方向があれば、
そちらに移動すればいいんです。
誰の人生でもなく、自分自身が体験を重ねる人生ですからね。
遠慮はいりません(笑)



自分の人生をどうしたいのか、
それを決められるのは自分だけです。
たかだか人生100年ほどです。
その場に立ち止まっていても時間は過ぎます。
オレが考える、人生で最も大切なこと、
それは、死ぬ瞬間に「いい人生だった」と思えるかどうかです。
身をもって体験したことだけが思い出になり、
死ぬ時に持っていける唯一のものです。
そう考えると、すこしでも楽しくて幸せな人生を、
生きていきたいと考えちゃいますよね(笑)?
エゴに頼らない、目に見えるものだけで判断しない、
たくさんの選択肢の中から、「今」の気分で決定してみてください。
そこに失敗があっても、問題があっても、
けっして後悔はしないはずです。
自分で決めた人生ですからね(笑)
とは言え、たいてい上手くことが運びます(笑)





とかなんとか、たいそうに語っていますが、
オレは現代アーティストなんです。
昨日出来たての新作をご紹介です!

mizu-tama 26

「mizu-tama #26 共時性」です。
一般的にはシンクロニシティーと呼ばれる、
「意味のある偶然の一致」ですね。
同じ形、色を、規則正しく描くっていう、このストレス(笑)!
思いついたものはひとまず描く
と決めているので、やってしまいました。
でも、出来上がりには満足してます。綺麗です(笑)


本日も素敵な新作が掲載されていることでしょう。
ちらっとART-Meterへいらしてください。
何らかのシンクロが起こるかも(笑)!
ということで(笑)、お待ちしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。