ことばの教え方

テーマ:
次男も三男も 言葉がおそく
だからこそ 早めに 健診に ひっかかり
障害に 気付いていったわけですが・・・


当時は
「発達障害」という言葉もなく
特性もしらず

しゃべるようになりさえすれば
すべてが 解決するかのように
思っていました



長男がうまれて以後
ずっと 毎日 育児日記というか
育児メモ(簡単な内容なので)を
つけていて
(これは障害年金の書類を書くときに
とても やくにたちました
何年何月から何年何月まで 頻度はどのくらいで
障害関係の通院をしたか など 書かないといけないですので)

それに しゃべるようになった言葉をメモして
語彙数を数え
二語文を待ち
動詞や形容詞や固有名詞の登場を待ちました



当時
「子どもには 最初から正しい大人の言葉を
教えましょう」
という考え方と

「発音しやすい赤ちゃん言葉のほうが
ことば数がふえるから
その後 きりかえればいい」
という考え方がありました


現在 自閉に関して 断然 前者
というか どの育児の場合も 前者?


なのに
私は ついつい 赤ちゃん言葉を使ってました


それでも・・・


保育所時代 保育所のおそうじしてくださるかたが
次男に 本をみせて
「これが鳥さんだよ」と
教えてくださったら ろくにしゃべれないくせに
「オオイヌワシ」
と 正確な名前を言うーーー

赤ちゃん言葉も 口にすることはありませんでした


三男には いまだに つい
「ねんねの時間よー」
などと 言ってしまう 馬鹿な両親

(22歳って スポーツの有名選手多いですよねー
そういう年齢 そういう大きさなのにねー)


でも 三男は
「ねんね」などと言ったことはなく
「ねる」と普通にいいます

もしかしたら
「ねんね」などと言う言葉は
馬鹿な親語と 思っているのかもしれません




どう育ててもどうにかなるもんだねー
って
話でした

(きっとね 親があほでも
先生たちが 正しく教えてくださった結果でしょうけどね)



次男のときは 言葉を教えるのに必死でしたが
三男のときは
「しゃべれなかったら それはそれでしかたない
意志が通じさえすればいい」
と カードなどを使って意志疎通をはかっていましたが

それなりに 単語をつらねてしゃべって
意志をつたえてきます

言い間違いも かわいく感じて
三男語として採用していたら

療育の先生に
「それはきちんとなおしてやって」

注意をうけました

ごもっとも・・・


ついつい 小さな子のようなつもりで
育ててきたけど
大きさだけでなく
年齢も だいぶ積んでしまい
(親も子も)

もっと
きちんとせねば
と いまさらのように思うのでありました







さて

インコの言葉



インコについて書いてらっしゃるブログを見たら

セキセイちゃんは メスでもしゃべるようになるそうで

むきあって 大きな声で まずは言いやすそうな言葉を

ひとつだけ おしえるのが コツだそうで


前に ネットでしらべたときも
歌をおしえるとき
口笛など 生で 直接おしえてあげるのが
効果ありと 書いてあって

なおてりんさんの職場にこられるかたは
録音で おしえておられて
時間がかかっておられるようで・・・・
(それぞれ 事情があるでしょうから
録音じゃないほうが効果でますよ
とは 言えませんよー)


オカメの場合
歌は オスでないとだめでしょうし
おしゃべりも セキセイちゃんとは
発声が全然違う気がします

セキセイちゃんは ゴジョゴジョゴジョゴジョ
いいはじめ それが言葉になっていくけど

オカメは 鳴き声がもう
叫びですものーーー


このところ ゆきち
午前中は 私がでかけるのを 警戒して
姿がみえないと さけびまくり・・・

帰ってきたときは
まだ 扉のそとで 鍵穴に鍵をいれるかいれないか
くらいのタイミングで 気付いてさけびまくりーー

呼び鳴きは 少し無視したほうがいいな

と 思うと

気をひきたいのか
「カープ」
と 言おうと頑張るーー

かわいいような うっとうしいような・・・

我が子の言葉と 格闘してきたのに
結局 鳥にも 言葉を教える日々

なにやってんですかね(笑)


さて つぎは 何を教えよう・・・



きのうのコメント返信

えいりあんさん
呉はねー 超豪華な市役所たてたり
市政だよりがカラーになったり 無駄遣いおおくて
老人だらけなのに ろくにささえられないくらい貧乏よーー
観光客のみなさま いっぱい きてーーー

ロビン。さん
書いてちゃんと言えるのは立派よー
うちは次男は 書くと
大根役者の棒読み
相手が途中でなにか いうと セリフが
崩れるーーー
私の字がきたないと よみまちがえるーー ひどいのよ

りんごこなつさん
わー はげましありがとうございます
ご主人のはなんだかわらえたけど
同僚さんのは ちょっとねーー
お花いっぱいうえたのねー
花の趣味あうわー
こちらの雨よーー

はるるんさん
おおー ラテ研究家
参考になります
私はこれまで ブラック万歳 飲み物はあまくないのがいい
って 主義だったんだけど
ラテなら あまくしなくても ふんわり 優しい
最近 ちょっと はまっております
父さん ぶちはらたつわ

るるさん
私も郵送ーー
税務署のまえ とおったら 車が行列だったわ
あれをみて これまで できなかったのよね
わからないのを質問できる職員さんがいなくちゃだめー
って 思ったけど ちゃんと説明読んだら(←苦手な作業)
できたー
パソコンでしようとしたけど 結局手書き手計算

ネコ目イズミンさん
ようやく 復活ーーー おめでとう
といいたいけど まだ 完全じゃないの?
花粉?
行天ニュースでもアレルギーやっていたねー
体が弱っているから 花粉症もひどいのかしら・・・
おだいじにしてよー







きのう 友人のブログをみて
涙がでました
共通の友人の思い出話でした

その友人は もう ずいぶんまえ
(次男が3歳 三男が新生児のとき)
なくなりました
長男のことを 心配しつづけてくれてました

友人はブログに私のしらない思い出話をかいていて
そうだよね 私より 友人歴ながいものね
と 私も 思い出話を 思い浮かべていたら
夜が更けました

若いままの友人の顔

思い浮かべる時は
私と同じ ホウレイ線とか 加えて
思い浮かべてやるっ
などと 頭のなかで お絵かきして
一人で泣き笑いしました




↓ぽちっとしていただけたらうれしゅうございます



にほんブログ




目がみえない 耳もきこえない でもぼくは笑ってる 障がい児3兄弟物語 (角川つばさ文庫)/KADOKAWA / 角川書店
¥価格不明
Amazon.co.jp
障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)/KADOKAWA/角川書店
¥価格不明
Amazon.co.jp
AD