自分なりの判断のご紹介

政治、科学から生活関連までいろんな自分なりの判断で
面白いと思ったニュース、情報をコメントをつけてご紹介しています


テーマ:
タイはほとんど全土が
洪水といえるありさま。

いにしえから、「政(まつりごと)」
については、仁徳天皇の「民の竈」
という言葉があるように、その基本は
民の暮らしを守ることです。

ところで、エジプト文明を
はじめとする古代文明の
いずれもが大河にそって発展し
したのは、洪水によって、
農業にとって肥沃な土地を
もたらしたためです。

しかし、同時に洪水は多大な
被害をもたらす・・・。

そのため、水の制御、利用を
図る治水は政治と同義語とも
いえることだったんです。

その意味で技術の発展した
現代において、タイのような
ことが起きるのは全く不可解と
いうか、政治の欠陥をまざまざと
見る想いがいたします。

ところで、「民の竈」については
2008年5月の当ブログ記事
日本自動車保有初の減少、中国、ミャンマーと同じく政治の貧困:仁徳天皇の仁政はいずこ
http://ameblo.jp/sansiroh/entry-10097248399.html

をご覧ください。


さて、日本では、必要以上の
ダム、堤防を作ったことも
あり、洪水はタイほとのことも
ありません。

豊かな現代社会でこそ
生じる頭痛の種がゴミ
処理問題です。

むしろ、現在の政治の
最重要課題の一つと
いっていいでしょう。

この記事はその重要性を
理解していなかった首長を
選んだ自治体の悲劇。

佐藤・小金井市長:辞意表明 ごみ問題、展望なく 「認識が甘かった」 /東京

◇周辺自治体に再度支援要請
 受け入れ先が決まらず可燃ごみ
 の収集ストップが秒読み状態と
 なっている小金井市で1日、
 佐藤和雄市長(54)が突然、
 辞意表明し衝撃が広がった。
 市長選の際に周辺自治体への
 ごみ処理委託を「ムダ遣い」と
 主張したことが基で辞職に
 追い込まれた形だが、辞職で
 ごみ問題の展望が開ける
 保証はない。

これはもう、小金井市民と
行政が協力して、ゴミ発生が
日本一少ない市宣言でも
する上で、他の自治体に
協力要請をするとともに、
東京都全体のインフラ問題と
して石原都知事に最後の
ご奉公をやってもうらうしか
ないでしょうね。

ゴミ処理問題の本質的解決は
ゴミの抑制と同時に、
現在いろいろと開発されて
いる廃棄物処理技術を
採用していくことと思います。

そうした技術を利用すれば
かなりのゴミが、自治体内で
きれいな処理が可能となります。

はっきり言ってごみ処理場
建設反対運動などは
利権の糾弾でも無い限り、
住民エゴとしてみなされる
べきものではないかと思います。












洪水と治水の河川史増補
¥1,470
楽天


日本古代治水史の研究
¥8,400
楽天

四大文明の謎
¥530
楽天


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sansirohさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。