自分なりの判断のご紹介

政治、科学から生活関連までいろんな自分なりの判断で
面白いと思ったニュース、情報をコメントをつけてご紹介しています


テーマ:
相次いで出された二つの
相反する判断です。

鳩山首相団体偽装献金:鳩山首相、不起訴相当 検察審査会が議決

鳩山由紀夫首相の資金管理団体
「友愛政経懇話会」(友政懇)を巡る
政治資金規正法違反事件で、
東京第4検察審査会は26日、
東京地検特捜部が首相を不起訴
(容疑不十分)にした処分に
問題はなかったとする
「不起訴相当」を議決したと公表した。


陸山会事件:小沢氏、起訴相当 「供述信用できぬ」 検察審議決、再捜査

小沢一郎民主党幹事長の資金
管理団体「陸山会」の土地購入を
巡る政治資金規正法違反事件で、
東京第5検察審査会は27日、
小沢氏を不起訴(容疑不十分)とした
東京地検特捜部の処分を不当とし、
「起訴相当」と議決した。

検察審査会は裁判員裁判と
同じように一般人を抽選で
選んで、検察の不起訴が
正しいかどうか判断するもの。

ただ、裁判のように最終結果を
決めるものではありません。

でも一般人の感覚で疑わしいか
どうかを決めるという狙いです。

その意味で今回の2件、いずれも
政治資金規正法違反事件で
秘書のやったこと、本人は関与
していないという意味で全く
同じ性格です。

ところが、判定は真反対。

そりゃそうでしょうね、今の
TVに現れるお二人の雰囲気、
さらに行動姿勢見ればまるで
違いますから。

秘書が勝手にやったことに
ついて道義的責任はあるに
せよ、あの鳩山総理なら
あ、そうなのなんて感じでしょうけど。

誰もが恐れる小沢氏に対して
秘書が勝手にやるなんて
思いませんよね。

鳩山さんの場合は過半数の評決に
対して、小沢さんの場合は11人
全員一致の意見は当然でしょう。

とはいえ、法律論でいえば、
鳩山さんの審査会での付言に
あるように政治資金規正法は
世間常識と違う不十分なもの。

その意味では、秘書が積極的に
政治家が関与したと言わない
限りは罪に問えないものなんです。

小沢氏の審査会が
「政治不信が高まっており市民
目線からは許し難い。裁判所で
真実と責任の所在を明らかに
すべきだ」
と指摘したことは本来の役割では
ありません。

であっても、国民の自然な感情で、
かつ正常な感覚をこの二つの
事例で示すことができたんですから、
審査会でどんどんと政治家の事例に
ついてとりあげていくことによって
立法措置などへの参考になる
ような制度としていきたいですね。o(^-^)o

それにしても小沢さん。

国民が民主党の議員に
求めるものは、自民党時代の
法に触れなければいい
ということでなく、道義的観点からの
いさぎよさを求めているんです。

ましてや自ら作ったザル法の
政治資金規正法に触れない
からといって、企業をおどして
お金を作るなんてやっちゃ
いけませんよ。

選挙において確実に動員を
でき、票が期待できる利権団体を
抑えたって、自民党の敗北を
見れば意味がないことぐらい
わからないんですか?

選挙の責任者としてマイナス要素を
減らすことが一番有効であること
ぐらいおわかりですよね。

日本の政治のためならば
理性ある対応をとることを
お勧めいたします。



検察審査会の午後
¥600
楽天

※モバイル非対応



ドキュメント検察官―揺れ動く「正義」 (中公新書)/読売新聞社会部
¥735
Amazon.co.jp

六十七番と呼ばれて―女性議員秘書の拘置所日記 (幻冬舎アウトロー文庫)/太田 あき
¥680
Amazon.co.jp





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

sansirohさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。