{07280A78-0DFF-4CA5-961D-83E29C35FCDA}
旧暦五月十九日

きったねぇー写真。

目黒勤務の友人と
大崎勤務の友人と
五反田で飲む効率の良さ。

19時待ち合わせなので
かね将は外飲みもギリギリかと思いきや
中の狭いところに野郎三人。

和光学園高校の
同級生だったので
帰宅してひさびさに
卒業写真をひらきました。

それにしても
みんなちゃんと
お父さんしてますね。

さて、わたしは?
AD
{EDA3F554-B2D7-43C0-9080-04F9977EA7FD}
旧暦五月十八日

・いとや
・ビートル
・喜来楽

楽しい店ばかり。

あくる日飲む約束をした
高校の同級生が

蒲田のビートル行きたい。


結局、友人たちとは
五反田で飲むことになりましたが
ビートルを探検。

ついでに
あたらしく出来た
「いとや」も探検。

選び方によって
何もたのしい店。

おしまいは

うえ山の裏の喜来楽。

台湾料理…

と、いうか
ここは台湾。

おじさんは
日本の方だけどね。

地元はたのし。

AD
{21FB2557-CFF9-4A8A-9DE8-64F1955EE036}
旧暦五月十七日

小一時間かかる
焼きおにぎり。

肴になって
〆になって

炭火と時間。

炙りおにぎりでなく
ちゃんとしたおにぎり。

この店は

前座のころ
歌之介師匠の打上で
つれてきていただいて
いいなぁって思って。

歌之介師匠の馴染みではないと知り
二ツ目にまだなりたてのあたりで
店の前まで二、三度来て入らないでいた。

いつだったか
ふらりと行ってみて
それからのおつきあい。

お母さんは

息子がきた。

と、手土産をもたせてくれて。
お父さんは旨いもんを出してくれて。

大騒ぎする店ではないが
池袋での真打披露での二軒目
歌之介師もいらしてくださり
賑やかなひと時でした。

そんな、大切な店。
AD
{48513317-33BB-4655-AE79-F2F49B2853B0}
旧暦五月十六日

師匠、こういう店、好きでしょ?

と、連れてこられた店が
まんまんなかのストレート。

二の字カウンターに座って
注文はハイボール。

あっ、ウヰスキーもあるから
焼酎ハイボールって言わなきゃ
ダメだったかな。

ってな、杞憂。

ボール一丁ッ!

って、注文が入り
紛うことなきハイボールが。

駅を挟んで向こう側
いつかたまたま入った
小島屋って店が元祖とか本家とか。
焼酎にウメシロップ、冷えたソーダ
氷がないのがお約束。

その、ボールをやりながら
やきとんをいくつか。

レバーもうまい、しろ刺しもうまい
そのうち目の前を赤いものが。

いまの、なに?

かしらに辛子味噌です。

あ、それ、こっちも。

うん、確かに好きな店でした。
好みが合うってのはありがたいです。

堀切菖蒲園 のんきや
{25EAADF2-E53D-4CBC-8CE4-641C20B8CE68}
旧暦五月十四日

お蕎麦屋さんでは
日本橋の藪伊豆総本店では
毎月落語会をやらせて頂いているし
麺類の関連団体のサイトには
短文のコラムむ寄稿している。

わたしに限らず
お蕎麦屋さんと落語家は
とても相性がいいと思う。

その間には酒があって
落語も蕎麦も酒と相性がよくって
鮨や鰻ももちろんいいのだけれど
蕎麦屋はそれほど敷居も高くない。

浅草だったら
並木に尾張屋。

観光客からご通家まで
蕎麦好きの舌を悦ばせるが
気安いところで、翁に甲州屋。

甲州屋では
酒でなくって
蕎麦焼酎の蕎麦湯割り。

蕎麦屋のそれというよりは 
家庭料理に近い肴をアテに
〆はむじなせいろがいい。

わたしはここの
鍋焼うどん、うどん少なめ
これで飲むのも好きだ。

良心の蕎麦屋が
田原町の甲州屋だ。