平成丙申 葉月 十三 福の湯

テーマ:
{17F4C65B-214A-4ADC-8A92-EDBACA8F52A7}
旧暦七月十一日

蒲田寄りの大森の友人宅に
落語会のチケットを届けに行くと
(と、言っても、友人はラオス
そのお母さんのご用命で)
福の湯がすっかり綺麗になってました。

そのうえ

pizzaまで売ってる。
風呂釜もピザ窯もある銭湯に。

福の湯さんは
絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」が
「やわらかい生活」という名前で映画化された時
上階に主人公が住んでいたところ。

主人公は寺島しのぶさんで
大森の映画館で見たけっな。

随所に蒲田が
散りばめられた映画。

蒲田といえば

「蒲田行進曲でしょ?」

と、言われるけど
蒲田行進曲にゃ蒲田は出てきません。

に、しても
福の湯がこんなにキレイになるとは。

釜と窯をたのしみに
また、来よ。



AD
{B2035F9C-E711-43D3-8CEC-E7D88F2401FE}
旧暦七月十日

巷で話題のシン・ゴジラ

初代ゴジラと
シン・ゴジラに
敬意を表して
八ツ山近くの映画館で。

うん。

いい。

わたしには
理屈っぽいところがあるので
まぁ、そんなところも
満たされました。

なにより

大田区民の
愛郷精神の高揚!

三遊亭 司と巡る
シン・ゴジラの足跡

やりたい。

そんなわけで
映画のあとは
蒲田の無事を確認しに
蒲田駅東口界隈へ。

うん

みんな、無事か。

二回目はテアトル蒲田で観なきゃ。

大田区対ゴジラ。
シン・ゴジラ対タイヤゴジラ。
AD

平成丙申 葉月 十一 60

テーマ:
{EFCDC76A-368D-4A75-AFF8-E84A5463601E}
旧暦七月九日

日本橋つかさの会

数えること、60回目。

一、湯屋番
一、皿屋敷
一、富士詣り

60回目ということで
まる5年をむかえました。

たくさんの皆さんに
感謝申し上げます。

5年で155席。

ネタおろしは20席ほど。

はじめる時は
勉強会ではないんで
ネタおろしを避けてましたが
もう、ネタが追いつかなくて…。

今回も『富士詣り』は初演でした。

次回は9月3日

6年目のはじまりは
おめでたく『らくだ』から。

はぁ

夏休み明けのテストが
いきなり重たい感じ。

こちらは再演です。

次の5年も
どうぞよろしく
お願いいたします。


AD
{2B1A384A-9033-4B5F-9AE6-835C5F7C712D}
旧暦七月九日

ストック食材に
カレーペーストや
ココナッツミルクがあると
夏にはとてもいい。

グリーンカレーペーストに
にが瓜やらオクラやらぴーまんやら。

緑でないのは
鶏肉とナスぐらい。

夏の陽を浴びた
緑の濃い野菜をいただくと
身体に力が漲るよう。

タイカレーは
ごはんもいいですが
素麺にもメッポウ合います。



{7963CD82-707A-4543-A3EF-2BB52FF17EF9}
旧暦七月八日

38°C

おもてに出ると
カァっと暑い。

夏が自己主張しているような。

暑いときには
暑いところの食べものを。

これ、基本。

スパイスが豊富な料理は
細胞がぷちぷちっと目覚めるみたいで
グダッとする夏には、ぴったし。

それとは逆に
暑さに寄り添う沖縄料理。

なかでも、きょうは
ジャンクに、タコライス。

メキシカン+ごはん
で、沖縄料理っていいね。

ちゃんぷるー文化というか。

わしわし食べて
さんぴん茶、ぐびぐび。

夏バテ知らずの、胃袋。