この一つ前で、森友より加計を追及すべき、と書いたばかりなのに

森友に戻って恐縮ですが次のようなブログを発見。 

 

ヤシロぶ

デザイン芸人&ひとり遊び日本代表、ヤシロタケツグの「ヒマの過ごし方」

http://www.poc39.com/archives/5208

 

 かねてより、口さがない向きからともすれば「トンデモ」「電波」「お花畑」とも揶揄されるような言動が伝えられてきた安倍昭恵さんですが、2015年11月に出た著書を読みますと、中でとっても大事なことを述べられていました。

ちなみに籠池泰典(戸籍上は康博)さんの参議院での証言(2017/03/23)によると、森友学園が開校準備を進めていた「瑞穂の國記念小學院」名誉校長に安倍昭恵さんが就任したのが同年の9月5日だそうですから、時期的にはその後ほどなくして出版された本ということになります。

話を戻しますと、とっても大事なことなのに、私の知る限りではこれまでどのメディアもそこを取り上げていません。非常にいかんです。

なので私が書きます。

 

 そして上記ブログに、昭恵さん著書の一部が紹介されています。

 

 ちょっと不思議なのは、「何かの式典とか集まりなどに、本来なら夫が出席するところを、都合がつかないため妻が代理出席する」ということが、政治家の世界では通用します。(p.205) ふつうの会社で、たとえば社長がどこかに呼ばれて、「私は都合がつかないので欠席しますが、代わりに妻を行かせます」なんてことは、ふつうはありません。(p.205)「どうして政治家だけが?」と思いながらも、「それだけ政治家の妻の立場を認めていただいているのかな」という意味では、ありがたいとも感じています。(p.206) 

 

 

 私人だから、は通用しない!妻がしたこと、私は関係ない、も通用しない!

 

AD