昨日たまたま安田節子さんのブログを紹介しただけだったのですが、
今朝の朝日新聞の論説で、大筋合意とやらだけの段階なのに、もう
著作権法改正案を文化庁が今国会に提出する準備をしていると知りました。
 TPPとは、グローバル企業だけがもっと太るための、
“国家”間の権威ある約束という化粧をしたトリック。
  
 変えるという項目は
 1 著作権保護期間を、著作をした人の死後50年だったのを70年に。
 2 今までは著作権違反があっても、著作権者が告訴しないと犯罪に
  ならなかったのに、他の人が告発することもできるようにする

の2点。
 他のサイトからの転載、今までは、事実上“自由に”できていたのが、
この改正後は、刺されやすくなる。
 
 古賀、岸井、古舘・・追放の流れの一環ではないか。

 ナチス以上です、麻生さん。すばらしい。
 

AD

コメント(1)