Piazzolla(ピアソラ)を尊敬してオマージュした作品『Piazzollamor』(ピアソラモール)が3/29にリリースされました。ジャズバイオリ二スト寺井尚子の20枚目のアルバムになります。ピアソラ没後25周年ということで作ったようです。


ピアソラをオマージュしたというだけあって前半5曲は全てピアソラの曲です。

以下に勝手な感想を記します。


1.アディオス・ノニーノ

バイオリンオンリーでスタート、古いヨーロッパを舞台とした映画の雰囲気で始まります。


2.フーガと神秘

軽快なテンポに乗せて、たまに不協和音(?)を混ぜバイオリンが踊ります。


3.リベルタンゴ

川井郁子氏の演奏も良く耳にしますが、こちらは重さを感じます。


4.天使のミロンガ

カフェにいる気分になります。


5.ミケランジェロ 70

変なリズム、ピカソ風作品と言えますか?


そして6曲目は寺井尚子自身の作曲

6.ピアソラモール

ピアソラに対する静かな感謝が鳴り響きます。


7曲目は北島直樹作

バイオリン、パーカッション、そしてピアノ それぞれのソロが素晴らしい。

7.まだ見ぬブエノスアイレス

ブエノスアイレスの街に哀愁が漂います。


その後、佐山雅弘が2曲

8.イン・マイ・スロート

9.アモーレ・グランデ

意外だ。無難な曲です。


10.レイン

北島直樹の作品です。

バイオリンもさることながらピアノが良いですね。簡単なフレーズなのに。雨の街が目に浮かびます。ちょっと淋しい感じで。


11.キャラバンの到着

ミシェル・ルグラン作


そして最後は、エンディングに相応しい曲です。

12.プラットホーム

北島直樹の作品です。


このアルバムを聴いて居ても立っても居られなくなり、レンタルバイオリンで挑戦です。弾けませんが気分だけでも。

{28F4D130-8C3D-4D55-B1D7-AD1A86FA81E3}
弾けた曲は、ちょうちょ、が精一杯でした。

Piazzollamor


人気ブログランキングへ
AD