青柿

テーマ:
「実のひとつだになきぞ悲しき」
台所の窓を開け夕食のしたくにかかる。
この窓から私の背丈ほどの柿の木が正面に見え、今年も柿が10コほど実をつけた、、、
2、3日前に3コほどなっていた。さてさて、、、(カラスか猿か?)
毎年の事、カラスが青く小さい柿を目ざとくよく見つけるもの、、、ネ と思っていた
数年前のこと、いつものように夕食の支度をしている最中、目の前に猿が直立して小さい青い柿の実を手でもいでいたのです。「コラ〜」声を出すと猿はびっくりして廻りを見渡して、人がいないと確認をした。そして柿に手を伸ばした。
今度は大きな声で「ダメ〜」と叫ぶと手に持っていた青柿を口にほおばり又急いで柿をもぐ。両手に青柿を1コづつ、口に1コ、立ったまま数メートル走り、竹がきの向こうに消えていきました。
色づく柿を見たことなく、実のひとつだになきぞ悲しき、、、、。
柿の枝を一枝、私の友人に渡し、「花は咲けども柿の実のひとつだになきぞ悲しき」
チョットしゃれてみました。
友人も太田道灌が詠んだうたとすぐ分かり、、、
さすが〜ネ、といわれました。

太田道灌 「七重八重 花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」
(雨の中、旅人に山吹の一枝をさし出し、この歌を詠んだといわれています。)
実の・・・山吹は実がつかない
みの・・・みの傘がございません


明日はこの少し大きくなった柿の実、残っているでしょうか?



青柿
AD

七十二候という季節

テーマ:

6月22日 雨

昨日は夏至(十節気)

1年で最も昼が長く、夜が短い日。

正午の時間がほとんど、真上から

太陽に照らされるので、影が最も短くなります

梅雨の真っただ中、太陽の姿すら見えない

日が多く、今も雨がシトシト、、、時にザーザー、

そして むしむし、、、と。

暑さが日に日に増すのでしょうね。

日本には1年を24等分した24節気と72等分した

七十二候という季節があります。

6月21日~25日のころ


乃東枯 (なつかれくさかるる)

意味は夏枯草が枯れる

季節を逆らい夏に枯れる花


夏枯草とは「うつぼ草」のことです

冬至に芽を出し、夏至に枯れることから

季節を逆らう植物と言われています。

庭のあじさい、まん丸くサッカーボウルのような

大きい花が咲いています

花が垂れて少々みにくいですが

雨の中けなげに花びらを揺らしています。

静かな時が過ぎてゆきます。



100年の時

100年の時


アジサイ

アジサイ






AD

雨あがりの午後

テーマ:

6月6日 曇りうす晴れ


5月の末のある日、屋島山上を散策。

6時すぎ遍路路から東に歩く

夕日はやがて夕焼けとなり屋島寺東門の濃い朱色は

漆をぬったように輝き、緑のもみじは柔らかく黄色になる

やがて少しずつ色をつけ茜色にそまる

その小半時は自然の営みの変化を楽しんで見入る

心地よい5月の風は頬を、、、肩を、、、撫で通りすぎる


展望台から見る瀬戸内の海はこの日も素晴らしい

眺めでした


瀬戸内国立公園屋島 日本で最初の国立公園

なるほど、ちょうと自慢したくなりました。







AD