非常に売れたみたいですね。

主旨としては、手垢のついたフィールドでしのぎを削ってビジネスを競い合うのはやめて、新しい発想で手垢のついていないフィールドを開拓しようよ、という話である。
ここで、手垢のついたフィールドをレッド・オーシャン、未開拓のフィールドをブルー・オーシャンと規定している。
この本の中では、視点を変えればコストを削減しつつ収益を大きく上昇させることができるということを繰り返し、様々な成功例を引きながら述べている。

この本については、僕がここで中途半端な話をするよりも、実際に読んでもらったほうが誤解が無くて良いと思う。
なぜなら、上記した主旨をお読みいただければ分かるとおり、ハンパな概略を話すと今までの有りがちなビジネス書と同様のものと思われてしまうからだ。

実際に読んでいただければ分かるとおり、非常にインスパイアされる内容であった。
少なくとも起業家精神を持った者なら、熱い思いを抱くことになるだろう。

自分にとってのビジネスの底本になるかもしれない。

(まじめにビジネス度:★★★★★)

W・チャン・キム, レネ・モボルニュ, 有賀 裕子
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する

AD

コメント(2)