1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月18日(土)

三星旗ライブ

テーマ:音楽
 
春一番が吹いた日の夜。
 
二胡奏者 ウェイウェイ・ウー師匠が昨年7月にオープンしたカフェ
ウェイウェイズカフェで行われた 師匠のライブに行って来ました。
 
20年前に「五星旗」というバンドのセンターで二胡を演奏していた師匠。
その時のメンバーのうち、キーボードの進藤陽悟さん、ギターの岡崎猛さんによる
3名でのスペシャル企画ということで「三星旗ライブ」。
 
当時はすごい迫力でガンガンな曲が多かったそうですが、意外にしっとり曲も
満載!聴き応えがありました。
 
私自身が二胡を始めたのは師匠が、五星旗を脱退してソロでメジャーデビューしてから
なので、五星旗時代の音楽はほとんど知らなかったのです。
 
3人でひとつの空気、ひとつの音楽を一緒に作りあげている感じがとても伝わって
来て、素晴らしいライブでした。
 
※画像はお店のFBページより
 
なんていうのでしょうか。
 
それぞれ皆さんが個々に、自分のスタイルを確立しながら別々の道を進んで行って、
時間の経過を経て、また一緒になることで、「特別なライブ」としてサウンドも温かく
奏でられて行く。
 
演奏している皆さんが、最初から最後まで、
「また一緒に演奏できてうれしい!!」とニコニコな表情なんです。
 
 
五星旗時代を知らない私ですが、五星旗時代のファンの方もたくさん集まった会場で
奏でられる音楽とMCから、耳も心も温まるライブでした。
 
ワーナー時代からの師匠のCDをずっと聴いていると、
師匠の二胡もどんどん熟成して、進化しているのがわかります。
 
 
追いかけようとしても、「今」の師匠に追いつくことはできない。
第一に二胡を弾いているキャリアが違います。育んてきた時間、
経験のレベルが違います。
 
 
誰でも、最初に「こんなふうになりたい」「目標にしたい」と思う
憧れの存在があると思います。
 
そして、素晴らしい演奏家自身も、はじめから何でも思うように演奏できた訳ではないと思います。
最初は初心者で、こつこつと努力と経験を重ねて行ったから今があるのです。
 
 
だから、こつこつ努力して経験を積んで行けば、昔の師匠に追いつくことは可能です。
 
 
「憧れ」を追いかけていくと同時に、様々な音楽に触れて行くうちに、
その人独自の感性、その人ならではの世界が育まれて行くと信じています。
 
 
人生に無駄はない。
 
 
5年後の自分を楽しみに思いながら。
 
 
 
3/29(水) 横浜野毛 うっふ  「ぶしつけ本番」ライブ

5/19(金) ウェイウェイズカフェ  Duo ※夜
         詳細決まり次第お知らせ致します。


 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。