"メンバー紹介"

テーマ:
あたしたちの歌は
全てを焦がす
あたしたちの歌で
みんな焦げる

長女 ヴィジュアル系女子大生
シャイなクールビューティーベーシスト
次女 お水系マジシャン
傍若無人なギタリスト
三女 恋愛系女教師
愛に生きる気まぐれドラマー
四女 メルヘン系女子高生
おとぎの国の歌姫

あたしたちの歌は
すべてを燃やす
あたしたちの歌で
みんな萌える

あたしたちの歌は
すべてを歌う
あたしたちの歌で
みんな笑う


AD

"ヒトとトリ"

テーマ:
小さい頃の夢覚えてる?
あたしの夢は鳥になることだった
理由なんて分かりきったこと
それはヒトとトリの違い

ヒトは一人で歌うのに
トリはみんなで歌うから
ヒトは愛をささやくけど
トリは愛を歌えるから
トリは自由に歌えるのに
ヒトは自由に歌えない
ヒトは一人で泣くけど
トリはみんなで啼けるから

だから鳥になりたかった

だけど大好きなパパはあたしに
歌って聞かせるように言ったの

ヒトは抱きしめられるけど
トリは抱きしめられない
ヒトはキスができるけど
トリはくちばしが邪魔をする

トリは寂しくて歌ってるのに
ヒトはそれを幸せととる
幸せなんてみんな違うから
君だけの幸せをさがして

AD

"星の願いを"

テーマ:
あなたが小さい頃
夜の星に願いをかけたね
幸せになれますようにと
僕はかなわぬ恋に落ちた

あなたが幸せならと
命を削ってあなたを照らし続けた
伝わることのないこの想いは
あなたの幸せを祈ることしかできない


あなたと僕の間に
さえぎるものはない
ただ広い空に
僕が霞んでしまうだけ

あなたと僕の間に
厚い雲があっても
闇に怯えないで
僕は光を放つ

あなたが泣くのなら
見上げた夜空の星の
にじんだ一つとなって
ひときわ輝くから


ただあなたを見ている
気付いてはもらえない
この命燃やして
流れ星になろう
あなたが僕を見つけて
願いをこめるのなら
僕のたった一つの
願いが叶う

AD

“さよなら”

テーマ:
さよならは言わないでダーリン
また会えるよね?
三か月後のあの日にまた会いたいの

さよならの代わりにおやすみのキスをダーリン
これで最後だからねえお願いダーリン


やっとやっと巡り合えた
あたしの運命の人に
全身で恋をして
傷つくのも怖くなかった
この恋は運命なんだって
信じてたのに

さよならは言わないでダーリン
悲しすぎるから
毎日の電話はいつも『またね』で終わってたのに
おはようのキスはもう二度としてもらえない
あなたの隣で迎える朝がすごく好きだったのに


いつもいつも考えてた
もっと好きになりますように
あなたの笑顔が
あたしを強くしてくれた
この恋は永遠だって
確信してたのに



さよならを言うわダーリン
もう夢の終わり
幸せなあの季節にはもう戻れない

さよならの代わりにあなたの笑顔を下さい
あたしに最後の勇気を下さい
手を降ってさよならいつもの二人だけど
笑顔でさよなら最後のさよなら

”幸せの考え方”

テーマ:
膝を抱えて部屋のすみっこ

とけてべちゃべちゃのアイスクリーム

なめて思ったの、あたし幸せなんじゃないかなって


暗い街灯の下に一人

ポケットに入れて砕けたビスケット

食べこぼして思ったのあたし幸せなんじゃないかなって


幸せなんてあたしが決めるものだから

誰が何を言ったってあたしは幸せなんだから

幸せだって思えばそれは幸せになるんだから

だったらいつでも幸せになれるはずなのに


どうしてあたしの頬には涙が跡をつけていくの?

あたしは幸せなのに

止まらない涙はいらないのに



真っ暗な所でうずくまって

とけたアイスクリームにクッキーをのせて

思ったのあたし幸せなんだって


パンク☆

テーマ:
君に愛を教えてあげる
常識をくつがえす
僕の熱い魂を
受け止めてハニー☆ユアボーイズハート
ウォンチュー
ダラララ…(ウォンチュー)
ダラララ…(ゲッチュー)
君の愛でクラクラクラリ
過激な恋愛模様
小悪魔にメロメロ

盗んでハニー☆ユアボーイズハート
ニージュー
ダラララ…(ウォンチュー)
ダラララ…(ゲッチュー)

このまま君と逃避行
知らない町をどう行こう
行く当てなんて決めないで
気の向くまま赴くまま
世界は僕らの足の下!
ダラララ…(ゲッチュー)
ダラララ…(ウォンチュー)

五七調

テーマ:
駆け抜けた
あの日笑った
振り向いた
あの日は泣いた
貫いた
あの日の意志と
ほころんだ
あの日の笑顔

雪とけた
春が来たんだ
顔だした
つくしを摘んだ
目が覚めた
春の息吹を
受け止めて
深呼吸した


大切な
あなたの笑顔
もう二度と
失わないと
約束を
交わして今日も
ただずっと
あなたのそばに

雨降った
夏が来たんだ
かたつむり
つついてみるよ
目の覚める
夏の太陽
ギラギラと
僕を照らした

葉が落ちた
秋が来たんだ
焼き芋を
二人で食べた
目の覚める
秋の紅葉
僕の中
深く刻んだ

雪降った
冬が来たんだ
ユキムシを
二人探した
一面の
冬の野原に
足跡を
つけて遊んだ

駆け抜けた
あの日笑った
振り向いた
あの日は泣いた
貫いた
あの日の意志と
ほころんだ
あの日の笑顔

僕だけの
君の笑顔を
君だけの
僕の笑顔を
もう二度と
失わないと
思いでに
誓い交わした

人間だもの

テーマ:
助け合えるよ
あたしたち
敵じゃない
友達だもの

知恵を使うよ
あたしたち
馬鹿じゃない
勤勉だもの

分かり合えるよ
あたしたち
花じゃない
おしゃべりだもの


何とかなるよ
あたしたち
猿じゃない
人間だもの


ウタウタイ(改訂版)

テーマ:
(サビ)ため込んだ想いを声にだそう
君が言えないならあたしが歌うよ
預けていいよ君の言葉を
だってあたしはウタウタイ

(A)ウタウタイの歌う歌には
魔法の力がかかってるんだ
何万人の心の声を
代わりに歌ってあげるんだ

(B)泣きたい時に泣かない強さと
泣ける強さを歌い分けるよ
あの人に会えない寂しい夜を
忘れるくらいハッピーにするよ

(サビ2?)あたしにはそれができるから
君の心軽くできるから
あたしの歌聞けばハッピーになるよ
だってあたしはウタウタイ!

(A)ウタウタイの歌う歌には
魔法の力がかかってるんだ
はち切れそうな重い想いを
こぼしてあげるあたしの歌で

(B)恋する心と愛する心の
違いを歌で君に教えるよ
誰かが言ってた人生の真理も
あたしには全て歌になる

(サビ2)あたしは歌うたい続けるよ
君の言葉を代弁するよ
あたしは君をハッピーにするよ
あたしにはそれができるから
君の心軽くできるから
あたしの歌聞けばハッピーになるよ
だってあたしはウタウタイ
(サビ)ため込んだ想いを声にだそう
君が言えないならあたしが歌うよ
預けていいよ君の言葉を
だってあたしはウタウタイ

だってあたしはウタウタイ!


オレンヂ

テーマ:
赤でもないし青でもないし緑でもないのに黄色でもない
白でもないけど黒でもないし茶色とは違うしピンクでもない
灰色でもないけど紫も違うし水色でもないし黄緑でもない

それがあたしの好きな色
それがあたしに似合う色
世界中の色の中で
あたしだけの色を見つけた
そう全てはあたしの色
あたしを表す色