灘町1丁目の新築マンションが建っているこの場所は、水木しげる夫人武良布枝さんのエッセイ『ゲゲゲの女房』によると、1961(昭和三六)年1月25日安来のご自宅でお見合いをし、10日後の1月30日挙式をした米子の豪邸「灘町後藤」の跡地です。

 

 

「灘町後藤」は、北海道の鉱山経営で成功した後藤彦三郎が野村財閥創始者の別邸・野村碧雲(へきうん)荘(京都市左京区・重文)も手がけた大工を呼び寄せ、1932(昭和七)年着工し、1935(昭和一〇)年に完成した敷地1,600平方メートルに数寄屋造りの主屋(約350平方メートル)や離れ、茶室や土蔵を配した大豪邸です。

 

戦後は連合国軍が一時使用し、1956(昭和三一)年から十数年間は料亭として使用された由緒ある建物でした。

 

鳥取県下の近代和風建築としては非常に優れたもので、米子の奥座敷とも呼ばれ、米子の迎賓館としても使えるほどのものだったと評価されていました。

 

その後空き家同然となり、2000(平成一二)年の鳥取県西部地震で被災。

 

灘町後藤 2013.02.12

 

夜などは邸内に人魂が飛び交い、影女などの物の怪が巣食う荒廃した妖怪屋敷といった様相に至り、残念ながら2013年2月から3月にかけて解体され、広大な屋敷は姿を消し去りました。

 

灘町後藤 2013.02.20

 

屋敷跡はしばらく広大な空き地となっていましたが、2棟の賃貸マンションが建設されました。

 

定点観測各撮影日(上:2013年2月・中:2013年4月・下:2017年6月)。

 

南東角

灘町後藤 2013.02.12灘町後藤 2013.04.05

 

東門

灘町後藤 2013.02.12

灘町後藤 2013.04.05

 

北東角

灘町後藤 2013.02.19灘町後藤 2013.04.05

 

南西角

灘町後藤 2013.04.05

 

南門

灘町後藤 2013.02.19灘町後藤 2013.04.05

 

北西角※2枚目は西から撮影

 

米子駅側より

灘町後藤 2012.09.15

 

◆参考文献

『米子のふるさと散歩』 「米子ふるさと散歩」編さん委員会 著 米子錦ライオンズクラブ・米子市 発行

『市民が選んだ米子の宝八十八』 よなごの宝88選実行委員会 編集・発行

「米子加茂川地蔵めぐりガイドマップ」 加茂川まつり35周年記念誌編集委員会 編集 加茂川まつり実行委員会 発行
「なつかしの小路と町屋めぐり」 米子まちなか歩こう会 発行

 

 

AD