築200年の米子の町屋、長田茶店で一服ついて、一旦解散。

 

 

長田茶店のすぐ近くのアパートメントハウス。

 

 

通りの雰囲気を壊さぬよう、一段奥に下げ、ファサードを白漆喰の壁となまこ壁の腰壁で構成される土蔵風に仕上げています。

 

 

室内はロフト付、風呂トイレ別の近代的なアパートメント。

 

本通りを国道9号へ向かって、皆でそぞろ歩き。

 

 

不自然な細長いスペースは町屋跡?

 

 

それとも小路跡?

 

法勝寺町より岩倉町へと続く本通りを、尾高町と岩倉町の境の辻で北へ曲がると新小路。

 

 

この辻を南に曲がると天神橋。

 

 

米子城搦手門跡へと続きます。

 

 

尾高町のほぼ西端に現われた広大な空き地は、 「イマショ」の略称で親しまれる「今井書店」の創業の地。

 

 

今井書店は、1872(明治四)年米子組儒医であった今井芳斎(初代兼文)が、米子市尾高町で今井郁文堂を開業したのが始まりです。現在、同社は鳥取・島根両県で27店舗を展開する山陰地方最大規模の書店で、持ち株会社「今井書店グループ」を中核とした子会社5社で構成されます。

 

昨年6月解体され、現在はそれを示す痕跡としては駒札があるのみです。

 

 

今井書店発祥の地の向かいに位置する坂口家住宅は、1892(明治二五)年に建てられたもので、木造2階建、東側入母屋、西側切妻、桟瓦葺、桁行9.6m、梁間16m、主屋には台所や玄関、下屋などが設けられ複雑な外観をしています。敷地内には主屋以外にも離れ(1926(大正一五)年建築:木造平屋:桟瓦葺)、渡り廊下、土蔵(1896(明治二九)年建築:土蔵2階:桟瓦葺)、 土間倉(1892(明治二五)年建築:木造平屋建地下1階:桟瓦葺)、門及び塀(大正時代建築:木造:桟瓦葺)があり、それぞれ「国土の歴史的景観に寄与しているも の」との理由から国登録有形文化財に指定されています。

 

 

今井書店の並びにある坂口家住宅は、1947(昭和二二)年11月、天皇陛下が米子行幸の折、お泊りにいただくに足る相応しい宿がなかったため坂口邸を在所としました。

 

 

正門を天皇陛下がお通りになられて以来、家人であっても通るのは畏れ多いということで、開かずの門とされました。

 

坂口家住宅に隣接する壮麗なビルヂングは、日本有数の地方財閥として知られる、米子の坂口財閥のヘッドオフィスとして1931(昭和六)年12月に竣工した「坂口合名ビル」。

 

 

現在も登記上の本店所在地ですが、 本社機能は2011(平成二三)年6月に博労町のオフィスへ移転されています。

 

 

ここ数年、ものすごい勢いで町屋が解体され、そのほとんどが駐車場化している米子の中心市街地。

 

 

それは、曲がり淵に隣接する坂口家の地所も例外ではなかった。

 

 

2011年5月に初めて米子の中心市街地を訪れた時に撮影したものと現況を比較。

 

 

川守り地蔵通り。

 

 

坂口家住宅裏通り。

 

 

坂口家住宅が遠くからでも見えるようになったことはよいのですが・・・。

 

 

本通りを横切る旧加茂川に架かる加茂川橋は、かつて市街地へ水道水を送るための水道橋です。役目を終えた現在は、米子の水道の歴史を物語る証人として、市の有形文化財に指定されています。

 

 

橋を越えると西倉吉町。

 

 

米子随一の看板建築、第一モデル館。

 

 

米子の老舗和菓子店、米仙堂。

 

 

本通りと鉄砲小路、覺證院小路が交わる辻は、笑い通り商店街のにぎわいの中心。

 

 

1920(大正九)年創業の老舗そば店、林そば屋。

 

 

そのとなりの銃砲・火薬を扱う土井親男商店は、三井信託銀行(現:三井住友信託銀行)の第八代社長土井正三郎氏の生家。

 

 

三井信託銀行本店(中央区日本橋室町、三井本館)。

 

 

三井住友信託銀行本店(千代田区丸の内、丸の内永楽ビルディング)。

 

 

辻に面したにぎわいの中核、笑い庵には、カフェ、しゃぶしゃぶ、バーの3店が入居。

 

Toi’sKitchen Cafe(トイズ キッチン カフェ)は、2016年1月の角盤町のやよいデパート閉店に伴い、同年4月2日笑い庵に移転オープンしました。

 

笑い庵 2016.10.01

 

ここで概ね二班に分かれて、一班は林そば屋。

 

もう一班はトイズキッチンカフェでランチ。

 

 

流れ解散となりました。

 

「米子下町10選 下町ガイドおすすめイベント」次回は、7月22日(土)に開催される「米子城騒動~横田内膳暗殺に迫る~」。定員は先着20名程度となります。お申し込み・お問い合わせは、米子市観光協会でんわ0859‐37-2311まで。

 

また、「第2回米子の十八町を巡る」は、9月23日(土)に開催されます。

 

◇データー

トイズ キッチン カフェ

米子市西倉吉町57番地

TEL 0859-35-5383

営業時間 08:00~19:00

定休日 木曜

駐車場 笑い庵共有駐車場、中町有料駐車場(営業時間21時まで)※1時間無料チケット有

写真 限定ランチ(焼肉)※アフタードリンク付き 1,200円

 

◆参考文献

『米子のふるさと散歩』 「米子ふるさと散歩」編さん委員会 著 米子錦ライオンズクラブ・米子市 発行

『市民が選んだ米子の宝八十八』 よなごの宝88選実行委員会 編集・発行

「米子加茂川地蔵めぐりガイドマップ」 加茂川まつり35周年記念誌編集委員会 編集 加茂川まつり実行委員会 発行
「なつかしの小路と町屋めぐり」 米子まちなか歩こう会 発行

「海を臨む天空の城 国指定史跡 米子城」 米子市教育委員会 編 米子松陰高等学校、同インターアートクラブ 協力 米子東ロータリークラブ 発行

 

AD