猫画像入りの長い記事は

下矢印

こちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ルカもテンちゃんも

いなくなった我が家。

 

 

里親希望の方たちからは

良い報告ばかりあり

ルカの事が心配でしたが

どうしようもない状態でした。

 

ボランティアを続ける気持ちも無くなり

「二匹とも正式譲渡になったら

りんご猫の里親になろう。

仲の良い兄弟がいれば

一緒に引き取ろう。」

と話していた頃のお話です。

 

りんご猫とは猫エイズウィルス陽性の猫のこと。

猫エイズは人には感染せず、ストレスの無い環境で他に持病が無く、健康管理をしっかりすれば15~20年生きられる猫もいるそうです。

最近ではりんご猫だけを集めた譲渡可の猫カフェもあります。

 

 

 

他の子と交換?

理解不能。

 

一度トライアルに出したのだから

義理は通した!

 

規則がどうであれ

何を言われても

ルカを引き取る!

 

そう意気込んで代表に連絡し

譲渡費用と去勢預り金をお渡しして

その日のうちに

ルカを正式譲渡して頂きました。

 

ルカが帰ってきた直後は夢のようでした。

 

帰ってきた直後は……。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ルカが返された理由は

結局よくわかりませんでしたが

その時の私たちは

理由なんかどうでもいいから

早くルカを助けたい

という気持ちでいっぱいでした。

 

トライアル中に送られてきた

画像と文章から

ルカは先住猫と仲良く過ごし

家族とも上手くいっているように

見えました。

 

ルカは不思議な子で

授乳期の子猫の頃から

空気を読んで

行動するところがあったので

その姿が

無理をしている様で不憫でした。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

その後、他の愛護団体の方にお聞きしたのですがとんでもない理由で猫を返す人がいるそうです。

  • 鳴く。
  • 毛が抜ける。
  • 排泄物が臭い。
  • 旅行に行けない。

など、猫にとっては気の毒な話です。

悲しいことに子猫は幼ない方が里親が見付かりやすいです。

もちろん子猫はトライアル期間にも成長します。

 先住猫との相性やどうしようもない事情があれば別ですが、子猫をトライアルすること、返すこと、品物感覚でして欲しくないと思います。

 

c memasite. All rights reserved. 

文章や写真の無断転載禁止。リンク・シェア歓迎。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

オッドアイ猫猫画像・猫マンガはオッドアイ猫

こちらのブログで

「似た猫暮らし~シャム&オッド」

 

鉛筆日記ブログ鉛筆

「Sのたわごと」

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

猫に限らずこれから動物を飼う方

既に共に生活している方に

読んで頂きたい記事です。

「猫からの10のお願い」

 

「抜爪手術(ディクロー)を受けた猫の悲しみ」

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

AD

リブログ(6)

コメント(24)