パリ美学マインドの法則  ブレない自分の作り方

フランスのパリ郊外在住。環境の犠牲にならず、自分の生き方を自分でクリエイトする「パリ美学マインド」を提案しています。


テーマ:
 
{FEE3642B-F859-4708-B157-8635C03EC736:01}


こんにちは。パリ キャリアライフコーチのアキです。

日々セッションの中で、初めて知り合う女性たちを見ていながら感じることがあります。

なんでこんなにもやもやしているのだろう。

何にくすぶっているのだろう。


まるで火山噴火寸前で、地下でマグマが活動を起こしているような感覚。

もうすぐ出れそうなのに、まだまだ出口の見えないトンネルのような感じ。

自分も体験しているので、とってもよく理解できる感覚です。

何かがおかしい、その何かって何だろう?


その意味がやっとわかったのです。

それは、

古い価値観、固定観念、今までの考え方に対して、自分の考え方と合わなくなってきている


ということ。


そして、同時に新しい価値観、新しい考え方が大切なはずなのに、そこに移行するほど、まだ古い考えから抜けきれない

ということ。

セミナーでも話をしたのですが、

わたしたちの40代を中心とした30代半ば~50代の方たちというのは、

ザ・昭和

の両親に育てられています。

特に女性の場合、自分の母親を良くも悪くも参考にしているわけです。

ザ・昭和の母親がすごしてきた時代とは、

超簡潔に要約すると、教育を受けて、学校を卒業したら社会経験をし(あるいはしない人も多い)、そしてステキなご縁の方と結ばれ、子どもを産み育てながら、家庭を守る人

というもの。

これが一つのロールモデルとなっていたわけで、そのロールモデルを生きてきた彼女たちが、それを子供たち(娘たち)に求めるのは当然のことでした。

日本の女性の生き方として、一つのわかりやすいレールが敷かれていた、というわけです。


が!

このロールモデルは、ちょっとずつ崩れ始めています。

結婚しなくてもいいし、

子どもが結婚より先でもいいし、

子どもを産まない選択もあっていいし、

子どもがいながら、短時間でバリバリ仕事をしてもいいし、

いろいろな選択肢が増えてきました。

とはいいながら、ザ・昭和の女性に育てられたわたしたちは、そのザ・昭和的モデルの呪縛から抜けることができない、中途半端な状況にいるのではないでしょうか?

だからこそ、もやもやがおこる。

だからこそ、なんか新しい選択を選ぼうとしても、周りの目が気になってしまう。

今までのレールはもう違うな、と思っても、それに代わるものがよくわからない。

そんな感じに思えるのです。

そして新しい女性のあり方のモデルがどういうものなのか、それはまた改めて書きたいと思います。

 

2400人が読んでいるメルマガはこちらです。↓

ブログよりガツンと、エッセンスになることだけお伝えしています。

◆1900人以上ご登録いただいています!
無料メール講座(10回)は、こちらから。↓

「パリジェンヌが教える」
あなたの人生を輝くダイヤに変える10の方法

詳細はこちらです。

 

 

◆ ワンコインで買える電子書籍

 

ぶれない自分の作り方;進化し続けている女性が取り組んでいる17のルール
はこちらから

読みましたよ、という気持ちでぜひクリックお願いいたします♪↓
人気ブログランキングへいつもありがとうございます
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

パリ美学コーチ アキさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。