ローマの街で。。。

美しい街ローマ。観光では楽しい街だが、生活すると色々な面でテキト―な事が多いローマ人。
そんなロ―マ人にイライラすることも多いけど、自分なりに楽しく生活できるように毎日過ごしています。
ローマでの出来事や私なりに思ったことを日記に書いています。


テーマ:
2月末の週末ナポリ旅行の2日目は一人で夕方まで過ごさなくてはいけなかったので、前回ナポリに行った際に行けなかったNapoli Sotterranea(ナポリの地下探検)
に行ってみた。

 

Piazza San Gaetano 68 Napoli

Phone: (+39) 081 29 69 44
Mobile: (+39) 340 46 06 045 (Vodafone)
Mobile: (+39) 334 81 97 912 (Tim)

 

 

 
この地下道はギリシャ時代、町を作るための採石場として石が彫られたり、ギリシャ、ロ-マ時代は貯水地として使われ、戦争中は防空壕、戦争で家をなくした人々の住居、そしてゴミ捨て場などとして使われていた2400年の歴史のあるもの。
 
ナポリの歴史って、ロ-マ時代より古いギリシャ時代にさかのぼります。
もともとナポリはギリシャ人の殖民活動によって建てられた町らしい。
だから町を歩いていてもギリシャ時代の遺跡なども見ることができるの。
ナポリの名前はギリシャ語でネアポリス(ネアは新しいと言う意味)(ポリスは都市という意味。)からきているようだ。
 
さて、このNapoli Sotteraneaに行く前に何度かネットで調べたんだけど、同じような名前で何箇所か似たようなものがあるの。
でもね、私が行ったこちらのナポリ地下探検はナポリ市から公認の許可をもらっているところです。
 
San Gaetano広場に教会がありその横に入り口がありますが、そこからガイドさんと一緒に入り、1時間半ほどのツア-が始まります。
ツア-はイタリア語と英語で行われ、それぞれツア-の時間が違います。
 
イタリア語のツア-は
10,00 - 11,00
12,00 - 13,00
14,00 - 15,00
16,00 - 17,00 -18,00
 
英語のツア-は
10,00-12,00
14,00-16,00
18,00から始まります。
 
チケットは入場時間のちょっと前に入り口の所で支払います。
10ユ-ロです。
 
約1kmの地下道を探検するのですが、ぼこぼこしているところもあるので歩きやすい靴で行かれることをお勧めします。
 
40mの地下に下がっていくのは降りやすい階段を136段降ります。
 
こちらは同じところをツア-最後に登っていくところの写真。
こんな感じの階段なら降りたり登ったりするのもそんなに苦ではありません。
 
 
{56CCF40C-B8DE-47DD-BB8C-4D9B311CDD3E}

 
 
地下に降りると結構天井の高い大きなスペ-スに出ます。
このように不発弾が上からぶら下げてあり戦争中防空壕として使われていたんだと思い知らされます。
 
{AAE16250-BD41-4C63-8074-1FDC891EF5D6}

こちらはア-トスク-ルの生徒が作った戦車ですが、

 

{16235558-8AE6-494C-AF70-876CC7916BFC}

 

こちらは戦争中か戦後、ここに住んでいた子供たちのおもちゃ。

ガイドさんいわく、この地下道は防空壕として使われていたのですが、空爆で家をなくした人々が地下に住み着いていて戦後もここで生活をしていた人がいるとのことです。

 

{EB3CB2B0-963D-494E-80EF-2E318B9B0207}


途中結構細い通路があったりして体を斜めにしながら歩いていきます。

 

前の人が斜めに歩いているの分かるかな?

 

 

{CA3C1B23-552D-4403-92EC-FD154F5FE5D8}

 

Aiutoと壁に書かれていますが、イタリア語で”助けて”と言う意味。

戦争中誰かが書いたのでしょうね。

 

{A80E1C82-714E-42EC-8983-F77F702A4A2C}

 

途中ワインや

 

{B2ABA0BE-F799-48BE-8593-9AD921EA8AAD}

 

食料の貯蔵所がありました。

 

{B9912CD9-CAB4-4D8E-80CA-B6F28F9A52DC}

 

水路に出るのに細くて暗い通路を通るので2人に一つキャンドルが渡され、キャンドルの光をガイドに通路を歩いていきました。

 

 

{D14212F6-D13F-4E50-833B-DAE17367172F}

 

暗くて分かるかな?↓

私の前に一人女性が歩いているのですが体を斜めにして歩いていかないと通れないような通路です。

ろうそくを持っているけどそれだけの光では足元はあまりよく見えず、ゆっくりと足元を確認しながら歩きました。

 

閉所恐怖症の人は入れません。

現に、一緒に行ったツア-のメンバ-で一人女性はちょっと広めの場所で待っていました。

 

{BA2FA1B3-CB97-4075-8666-2866DCB3EB38}

 

こちらが水路で、上から壺がぶら下がっていますがこれらの水路は23世紀間使われていて市民にとっては大事なものだったことでしょう。

 

 

{2BE6266E-E2E7-4463-AD7F-54CAFC78573F}

 

ここはちょっとだけ広めの通路。

広めといってもそんなに広いわけではないので体をちょっと斜めにして歩かなくてはいけません。

 

{8629D661-76A5-4D0B-A162-9BF49F81748F}

 

貯水池が出てきました。

光に灯された貯水池は幻想的で美しかったけど、ギリシャ、ロ-マ時代は電気で明るくなっていたわけではないのでまた違った雰囲気だったんだと思います。

 

{5762D440-0464-4793-B7E1-0EC53CD9E648}

 

壺が上からつる下げてありますね。

 

{AE98D5CB-1A16-4B78-9405-317CD334855E}

 

こちらはバジルなどのハ-ブを実験で育てているところ。

 

こんな暗いところだけど、光を当てて育てているようだが、地下の湿気でお水を与えることはいらないようだ。

 

{1E51AE0D-CACE-4460-A682-96C61B599C0E}

 

こちらはごみ捨て場だったところ。

この近くには地上に続く階段が掘られていて地上から地下に下がりごみを捨てていたようです。

 

{7A4325AA-1EA0-4650-B2A0-E09245089F9E}

 

こちらも実験で使われているプラントの栽培所。

光だけを与え、植物は水を湿気から自然に取るそうです。

 

{7CC5FE5D-47A1-46A4-83C2-91BC4C6AA492}

 

地上に上がってきてこちらは第二次世界大戦のドイツ軍の制服や。。。

 
{A9C75D4D-6564-435A-93EE-8C10575C5B32}
 
アメリカ軍の制服。。。
 
{FD6F6794-F9B6-4A10-91E0-B4DEADCE03E8}
 
こちらはイタリア軍の制服に。。。
 
{F134D1A6-24E0-49D7-9231-94ED4F5FE257}
 
イギリス軍の制服が飾ってありました。
 
 
{DC91634C-C8B9-4176-B1DA-81C29BF83F2A}
 
 
その後、外に出て、隣の教会の反対側の道に出て、普通のアパ-トの入り口から入場してロ-マの劇場跡を見に行きます。
 
この地下劇場が発見されるまでここにはナポリの一般家庭の人々が住んでいたんだって。
地下劇場があることが分かり、彼らには多額の金額を払い立ち退いてもらったそうだ。
 
だから入り口を入ると一般的な家庭の家具が置いてあり、そこに置いてあるベッドを横に寄せると地下に下がる階段が出てきて、そこから地下の劇場へ入って行きます。
 
写真の右上はベッドの一部。
私たちが最初に個のお部屋に入ったときは、このベッドは女性が階段を降りている上に置いてあり、ベッドをスライディングさせて床についている扉を開けると階段が出てくる仕組みになっている。
 
{F04933C9-A4E1-430F-8266-6DF24908FF89}
 
階段を降りるとこんなスペ-スが出てきます。
こちらが劇場の一部です。
 
{BA45443F-0B48-42B4-B614-0C6463AD11B2}
 
こちらも劇場の一部。。。
 
{E0ECD2A9-8439-4A7F-A807-8D14F6FEDA88}
 
{BCBADA89-1942-42D6-952D-9FE10530CFD5}
 
写真に写っている出口から出ると。。。
 
{6E9EFE17-F9E2-47B1-A32E-E0D6E91D2EBA}
 
普通のアパ-トの中庭に出ます。
 
{07417F9C-8414-4DC1-9641-529F301F8959}
 
中庭を通り路上に出て、建物を半周くらい歩くとさっき入ってきたのとは別の入り口が出てきて、そこを入るとまた劇場の一部が出てきますが、こちらはちょっとした美術館のようになっています。
 
{67A01BA9-12E0-474E-9129-DB002F7F7CDF}
 
プルチネッラのプレゼ-ぺも置いてありました。
 
{59193BEB-3466-4751-83F7-3A1397005FDE}
 
楽しい一時間半の探検でした。
ナポリに行ったらお勧めの場所です。
英語やイタリア語の案内が分からなくても面白いと思いますよ。
 
 

クリックお願いします。↓

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ロマーナさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。