NEW !
テーマ:
んにちは、三本菅善法です。

本日は

自信がないことは、いけないことなのか?

について一緒に考えたいと思います。


あなたにもこんな経験ありませんか?


人間関係がうまくいっている人を見ると

「でも自分には自信がないから
あんな風になるのは無理なんだろうな・・・」


こんな風に僕はいつも心の中で思っていました。


「話しかけて、もし不快にさせて嫌われてしまったら・・・」

そんな思いが頭の中をグルグル駆け巡ります。


だから積極的に話しかける勇気も出ないし、
相手の顔色ばかり伺ってしまうんだ。


人の顔色を気にしないようになるには

「自分に自信がなきゃいけないんだ」

「自信がないからこそ自分は気にしてしまう。
だから自信がないことはいけないことなんだ」


そんな思いを持ってしまったんです。


でも果たしてそうなのでしょうか。


自信は持たなきゃいけないものなのでしょうか?

自信がないことは悪いことなのでしょうか?

自信がないことはいけないことなのでしょうか?



もちろんその答えはNOです。


自信は持たなきゃいけないものでもないし、
ないことは悪いことでも、ダメなことでも、
もちろん決していけないことではないのです。



ではなぜあなたは

「自信を持たなければいけない」

と思い込んでしまったのでしょうか。


それは

自分に自信がなければいけない
という情報が余りにも世間に多いから


です。


だからあなたもそのような思い込みが出来てしまったんです。


でも本当は違うんです。

「自信を持たなければいけない」
というのは完全に間違いです。



ただそう言うと、

「でも自信はなきゃいけない」って
みんな言ってるよと反論があると思います。


たしかに自分に自信があると
積極的に仲良くしたい人に話しかけたり
自分の意見を伝えたり、相手に流されなくなります。


自信があると、

新しいチャレンジをしようとした時に
失敗したらどうしよう、嫌われたらどうしようと考えても、
自信のエネルギーを使って勇気が湧いてきます。

他人の目を気にしないで、
自分のやりたいことを本当に取り組むことができます。



それだけ自信があるということは
非常にメリットとなることが多いです。


そして

自信がないと、やりたいことが
なかなかうまくいかないことが多い。


そんな風に

・自分に自信がないとうまくいかない経験が多かった

・本やネットでもうまくいかないなら
「自分に自信を持たなきゃいけない」と書いてある

・自信がないと言うと「自信を持てばいいんだよ」
「自信を持たなきゃダメだよ」とアドバイスされる


という環境だったので


「自信を持たなければいけない」
という思い込みを抱いてしまったんです。



でもそれは完全に間違いです。


たしかに自信があると
周りの目や失敗の恐怖を気にせず、
いろんなことに取り組むことができます。


でも正しくは、

「自信は持たなければいけない」

ではないんです。


正しくは

「自信はあってもいいし、なくてもいい。
もし自信があったらそれはそれで良いよね」


が正しいんです。


だから

自信はなくてもいいんです。


「~しなければいけない」
「~しなきゃダメ」

ではないんです。


「自信はなくてもOK!
 自信があったらBetter!(より良い)」



正しくはこれなんです。


あなたがやりたいことを叶えるために
本当に正しいのはこれです。


でもこれだけじゃまだ信じられないですよね?

もう少し詳しく解説していきます。


自分に自信がないと
やりたいことをやろうと思ったとしても

「自分には自信がないから無理だろう」
「どうせ自分には自信がないから無理に決まっている」


と考えやすくなってしまいます。


つまり

何かやりたいことがあったとしても
「やりたい、やりたくない」という軸ではなく
「できそう、できなさそう」という軸で考えてしまうのです。


そうやってどんどん自分の可能性を
「できそう、できなさそう」という軸で判断して
潰していってしまうのです。


でもです。

でもなんです。


「できそう、できなさそう」ってものは
自信があろうが、自信がなかろうが
やってみるまで分からないんです。



例えば、人に話しかけたとして
「相手が自分を嫌うのか、嫌われないのか」

これも話しかけてみないと
うまくいくかどうかは分からないんです。


自信があろうがダメな時はダメです。

自信がなくてもうまく行くときもあります。


結局やってみないと分からないんです。


だから自信がある、自信がないって
物事を判断するときには
あんまり当てになりません。


だから

自信がなくてもいいんです。


そうなると大事なのが、
「自分がやりたいか、やりたくないか」
なんです。


自信がなくても、やりたいことなら
少しぐらいへこたれても頑張れます。


そんなもんです。


だから

自信はなくてもいいんです。


むしろ

最初は誰だって自信がないものです。

自信ってものはやっていけば
そのうちついていくものです。


きっとあなたもそんな経験をしたことがあると思います。


きっと小さい頃は
自転車に乗れるか乗れないかなんて気にせず
できるかできないかではなく

やりたいから何度こけても乗る
なんて経験があるのではないでしょうか。

そして乗れるようになって
今では自転車が乗れる自信がないなんて
そんなことはないのではないでしょうか。


こんな感じで
自信なんてなくてもいいんです。


大事なことは

「自信はなくてもOK!
 自信があったらBetter!(より良い)」


です。


それに

自信がないとは、裏返せば
「できなければいけない」という
思い込みから発生している感情です。

つまり

自分への期待値が人よりも高い

ということの現れです。


これは別に悪いことではなく

自信がない人というのは、裏を返せば
「自分の人生を良くしたい」と心の底で
人よりも真剣に願っている人のことなんです。



だから

真面目で真剣な性格な人ほど
「自信がない」という言葉を言うのです。


でも

それは心の底で
「自分の人生を良くしたい」
と願っている人の証です。



だから

自信がない人も捨てたものではありません。

「できなければいけない」という思いが強い、
それすなわち、できる自分で在りたい、
より良い自分でいたいという願望の現れです。


思いの重さにちょっとつまづいたぐらいです。


でもそれはまさしく
「自分の人生を良くしたい」と
心の底で強く願っている人の証拠です。



それってカッコイイと思いませんか?

僕は自分の人生を真剣に考えられる、
うまくいってないかもしれないけど
真剣に考えようとしているその姿勢が
めちゃくちゃカッコイイ生き方だと思います。


だから

自信がないからって
そんなに自分を責めなくてもいいんです。

自信がないことは悪いことでも、
カッコ悪いことでも、いけないことでも、
オカシイことでも、変なことでもないんです。


だから安心してください。

ぜひ自信がない自分も愛してあげてくださいね。




もし何か質問や
こんな悩みを持っている
ということがあれば

コメントやメッセージを
お待ちしております。

「今回の記事良かったです。」
という一言だけでも
結構喜びます。

ではぜひお待ちしております。


→嫌われるのがたまらなく怖くて恐怖に怯え
 相手の顔色を伺っては気が滅入っていた僕が
 嫌われ恐怖症を克服できた秘密を全て知る




人気ブログランキングへ



AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。