心雑音

テーマ:VBAC
2004-12-18 21:39:48
私の場合、産道が裂けた関係で術後のように点滴生活。
抗生物質を投与されていました。

でも、そのほかは他の産婦さんと同じ。
円座クッション抱えて移動していました(*^_^*)

私のVBACのときに解ったのですが、
私の帝王切開は通常よりも下のほうを切られていたそうです。
それが今回どう影響していたかはわかりませんが、
子宮破裂という最悪の事態が避けられて、本当に奇跡のようでした。

赤ちゃんは2998グラムの男の子。
丸くて、白くて(私は色黒)、おっぱいをよく飲む元気な子!

・・・が、主治医がすぐ来て
心臓のチェック

そういえば、妊娠中もやたらと心臓ばかりエコーで見ていました。

「心雑音が聞こえるから、心臓外科に予約とって」

Σ(゜д゜lll)!!
長男のときにも心雑音は聞こえていたけど
わざわざ検査するなんて・・・と不安に。

退院後、予約した心臓外科に行くと
医師は丁寧にエコーを見始め、その間何も言わず
私の不安は募りました。

ちょっと薄暗くしてある超音波室。
それが不安をあおったのかもしれません。

結果・・・

異常なし.。゜+.(・∀・)b゜+.

トラブル続きのVBACでしが、これで本当に一安心しました。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

情けなさと無念さの中・・・

テーマ:VBAC
2004-12-17 22:42:33
容赦なく襲ってくる陣痛。

「もう、帝王切開だから・・・」

と思うと、呼吸法なんかどうでも良くなって
剃毛されながらうめいていた。
すると一人の助産士さんが言った。

「何やってるの!赤ちゃん苦しいわよ!」

私はハッと我に返って泣きながら呼吸した。

その叱咤した助産士さんは
「ああ~、ここまで出てるんだけどね~。」
といいながら、私のいきみを逃すのを手伝ってくれる。
先生はもう部屋を出て手術室だ。

助産士「あ!少し回った!先生呼んできて!」

2時間以上も固定されていた私が、剃毛により体勢が変わり
赤ちゃんが回り始めたのだ。

分娩台に上がり、もう一度いきむ。
赤ちゃんは出てこない。
なんと私はこの後5回吸引されて
やっとの思いで赤ちゃんを産むことが出来た。

赤ちゃんの頭はが出て大きなこぶ。
私の産道は裂けて、肛門からも指を入れられ奥まで縫われた・・・。

ものすごく大変でした゜゜(´□`。)°゜。

母子手帳には特記事項のところにこのことが記され、
次のVBACは慎重を期すように釘を刺された。

<余談>
私の主治医は管理入院の際
「僕、明日から休みなんですー。だから帝王切開しよう」
なんてほざいてました。
で、VBACしてくれたのは見知らぬ先生・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

初めての陣痛の不安

テーマ:VBAC
2004-12-17 16:48:01
実際、陣痛が起きると人格はどっか遠くに行っちゃう。
私は病院の暗い廊下の隅に座り込んでいた。
(早く看護婦に言えって感じだよね(^^ゞ)

「もしこのまま陣痛が進んで破裂したらどうしよう」

あわてて当直の看護士さんの所に行き聞いた。

「私はダブルセットで手術の用意をしながら
 お産をするって聞いたんですけど、
 そうなった場合、いつ頃手術の準備するんですか?」


すると看護士はこういった。

「ええ~~??私初めてだからわかんない~~~┐(゜~゜)┌」

私「な・・・!!!先生呼んでください(怒)」

「はいはい。わかりましたあ。」

信じられないことに、先生は呼ばれておらず、
言い続けて1時間後、だるそうに来た若い女医は

「駄目だったら産ませないって!大丈夫よ~~」

と私の質問には答えず去っていった。
(この女医は私がお産の間、足元でずっとあくびしてたっけ)

でも、私はこれで腹を据えた。

どんどん進む陣痛の中、私を支えてくれていたのは
学生の助産士さん。呼吸法を一緒にやってくれた。

そして、私の体で勉強だ。

ベテラン看護士「はい、これが胎ほう。触ってみて」
学生「はい。」

ってな感じで、陣痛のたびに内診された。
でも、不思議と嫌じゃなかった。

ベテラン看護士「進まないから人口破膜しちゃおうか」
学生「はい」

破水

それから全開まで2時間半。
分娩台に上がるけど、それからまた2時間の間
赤ちゃんは出口で止まったまま。

先生「帝王切開やってるから無理は出来ないな~」

助産士「どうしますか?」

先生「お腹押すわけにもいかないし、手術しよう
  家族の方呼んできて~~~」

(ええ~~~???)

看護士「ここまで頑張ったのにね・・・」

私はそのまま横に寝かされ、
陣痛の波が押し寄せる中、剃毛が始まった。


VBAC断念か・・・!?

つづく・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

いよいよVBAC

テーマ:VBAC
2004-12-17 08:53:18
が出て検査をすることになった私。
前夜9時くらいから何も食べれず、 腹ペコ拷問の検査(゜o゜)

サイダーのようなものを飲み(空腹にはうまい)血糖値を計る。

異常なし*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.

さあ、いよいよVBACです!!!


しかし、私は予定日になっても陣痛が来なかったので
管理入院することになった。

内診をすると「状態はいい」らしいので、
誘発することになった。
具体的に言うとバルーンを入れて、
陣痛が来なかったら陣痛促進剤を使うというのだ。
     

陣痛促進剤

私、帝王切開したことあるのに大丈夫なの???
医者が言うには

「促進剤はあくまできっかけなので大丈夫」
ということです。
私、半信半疑"^_^"

バルーンはすでに私の前に入れた人がいて、
彼女と一緒に な時間をしゃべって過ごした。

すると彼女はバルーンが抜けて陣痛が始まった。
バルーンが抜けるというのは、子宮口が開いたということ。
一人になった私はになり、
散歩に行こうとして看護婦に怒られる<(`^´)>

なかなかバルーンが抜けないので、いったん抜くことに。
医者は思いっきり抜いて、私は飛び上がった(イタっ

先に分娩室に入った彼女は難産で、
看護婦は

「彼女のお産が終わらないと分娩室に入れない」 という。

はあ?

ここは県立病院。なのに、 分娩台が一個しかない!!

でも、そのおかげで陣痛促進剤を使わず様子を見ることに。
結局、丸一日かかって彼女はやっと、4000グラムの男の子を産んだ。

その夜・・・ トイレに行くとおしるしが!

ベッドに戻ると ズガーン!!! ときついお腹の張りとともに圧迫感が。
「もしかして、陣痛???」
そう、陣痛。いきなり、15分おき。
私はパニックになって病室をよろよろと出た・・。

つづく・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

妊娠性痒疹(漢字合ってる?)

テーマ:VBAC
2004-12-16 21:45:08
夫の実家での生活は、マイペースに過ごさせていただき、
夫の両親は私にも息子にもとても優しくしてくれた。
でも、所詮他人の家。常に緊張はする。
そんな中

痒い・・・

まずは足に蚊に刺されたような赤い発疹が出来た。

ダニかもΣ(゜д゜lll)ガーン  

私はあわてて全部屋バルサン焚いた。

でも、ダニではなかったのだ。
ストレスから出るジンマシンだった。
おなかを中心に見る見る体中に広がり、
9ヶ月になる頃には夜も眠れないくらいに!!
痒みがある部分は赤を通り越し、どす黒くなった。

病院にいくと、非ステロイドの塗り薬をくれたが、
ひどくなる一方。
ついにはステロイドが処方され
その薬も、どんどん強いものに変えられた。

赤ちゃんに影響はないの???

心配する私に医者は

「もう、完成されている時期だから影響は少ない」

と答えた。

それでも痒みと湿疹が消えない体に
今度は・・・

糖尿の疑いが・・・

無事に産めるの~~~ 。゜(゜´Д`゜)゜。???

つづく・・・
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。