姑とバトル勃発!?

テーマ:帝王切開
2004-12-14 16:16:46
術後部屋に来てくれたのは姑だった。
うちの母は父の言いなりなので、私が困っているのを解っていても
自分の意思では来れない人なのだ。


術後はすごーく痛い(>_<)

麻酔から目がさめるとき、悪寒で震えが止まらず、
電気毛布に包まれた(包まれてばっか)。

姑は足をさすってくれて、私の気がまぎれる様にか
いろいろな話をして聞かせてくれた。
ここまでは本当に良かった。

傷の痛み?子宮の痛み?

どこが痛いか解らないくらい痛い。
乳は張らず、初乳を上げる時間になって赤ちゃんが来ても

でない

そこで、姑はいきなり私の乳首を思いっきりつまみ

「なにそれ・・・」

と吐き捨て部屋を出て行った・・。「またくる」と言って・・・。
何が起こったか解らない私は、痛みとショックで涙が出て、
一人で泣いた。

3日間、おっぱいは出なかったけど、3日目

いきなりボインに(笑)

そして、地獄の母乳マッサージが始まる・・・(爆

とにかく、痛い!
泣くほど痛い。ていうか、泣いてた。
後で知ることになるのだが、桶谷式のマッサージは痛くなくてすばらしい。
でも、ここは「母乳育児に熱心な」病院。
とにかく、おっぱいジムなのだ。
授乳室は2列に並び、みんながおっぱいを出している(*^_^*)キャ
私も手を洗うとその列に参戦!

オルゴール調の音楽も私にはロッキーのテーマに聞こえる。

その奥の台ではみんながオムツを一列になって替えている。
布オムツを使った、これまたオムツジムなのだ。

鍛え抜かれた私は見事、ミルクタンクになることが出来、
オムツ替えも完璧にマスターし、退院の日を迎えることになる。

姑は退院後に家に来てくれたが、2日いて次の日には何も言わずに出て行った・・・。そんな去り方って・・・。
「布団はまだ暖かい・・・・」って感じだった。ヒュ~////
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ついに帝王切開

テーマ:帝王切開
2004-12-14 14:52:05
帝王切開こわーい(゚Д゚)

逆子で予定帝王切開になった私は、予定日より2週間も早く入院。
術前検査って何があったっけ???

肺活量を測る
心電図
蓄尿
血がどれくらいで止まるか耳を切る検査
レントゲン

ってところかな。
7年前だから記憶があいまい(゜o゜)スミマセン

冒頭にはあのように書いた私だが、全然実感がわかない。
実感がわいた瞬間・・・それは・・・

導尿

お分かりだろうか・・・。
おしっこが出るところに管を入れ、おしっこ袋をぶら下げた状態になる。

タラタラ~

おしっこはもちろん、私は手の先から滴り落ちるほど
冷や汗が出てきたのだ。
こ、こわい!!(;O;)

手術室で汗だくの私はブルブルと震えていた。

先生「暑いの?」
私「寒いんです!!」

すると、銀色のビニールシートで私を包んでくれて、まるで

ホイル焼き状態

まさしく

まな板の上の・・・

背中を丸め、背中に麻酔をされる。
仰向けになった状態で腹部や胸部に冷たい脱脂綿を当てられる。(多分)

「感じますか?」

「冷たいです」

「触っているのは解るだろうけど、今、冷たいですか?」

「・・・感じません・・・」

私は切っている感触はわからなかったけど、いきなり先生が胃の辺りを
押し始めたからパニック!!


ドシッドシッ!ドシッドシッ!

え?え?うえ~~~???涙\(◎o◎)/!

「今から赤ちゃん出てきますからねー」

(先に言ってくれ~)
       ・
       ・
       ・


オゲ~オゲ~!

う、うまれた・・・

私は赤ちゃんの手をとり「頑張ったね。」と言って泣いた。

その後は、点滴に「眠る薬」を入れられ、意識朦朧。
先生の会話が聞こえてくる。

「ああ~卵巣腫れちゃってるねー。とろうかー」

「ええ~???取っちゃうんで・・す・・・か・・・ぁ」

「大丈夫だよー取っても妊娠できるからねー」

私はその言葉を聞くと眠りに入ってしまい、
次に目が覚めたのは部屋に運ばれているときだった。

つづく・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。