いつまでたっても

テーマ:
ムスメは娘、なんですねえ。

まぁ確かに、わたしもムスメに対して同じようなこと感じますからヒトのこと云えないけどてへぺろうさぎ

でもホテルの朝食バイキングでも「何食べるの?おにぎり?」と返事を待たずにもう取ろうとしていたり、「お味噌汁飲むの?」と世話をやくのはカンベンしてクダサイサッ

昔からわたしがやろうとするのを見ていられなくて手をだしてきた母でしたから、基本変わってないんだな(笑)でも当時小学生だったこどもは今はオトナなんですけど〜つながるうさぎ 

{D698BAB1-1908-4F42-93CD-38DF5A412A24}


いいお天気の本番当日。母は元気にでかけて行きましたカナヘイきらきら 


 

人気ブログランキングへ


いやはや

テーマ:
いやはや、たった二時間あまりの間にもうすでに珍道中珍問答の数々カナヘイびっくり

新幹線合流して、品川でごはん食べて両国に移動、駅前のホテルで手続きだけして手荷物は預けて、リハーサルに向かう母を送り届ける。

この間の一部始終を第三者が聞いていたらもう爆笑の連続だっただろうと思います

なぜか母の記憶にある山手線から神田と秋葉原がすっぽり抜け落ちていて、東京駅で乗り換えようと言い張るんですね。確かに昔はあまり品川方面からの利用はなかったからぴんと来なかったのかも知れません。秋葉原に着いてもまだ首かしげてました無気力ピスケ

往来でわたしのマフラーなおそうと手が伸びてくるし、口紅は持ってるのと自分のを差し出そうとするし、母にとってはわたしがいくつになろうがこどもなんですねあんぐりうさぎ

今はリハーサルの真っ最中。膝の痛みも忘れて熱中していることでしょう。何はともあれ、母がこうして元気でいて、好きなことに打ち込む気力があることに感謝、三年連続その姿を見ることができて感謝ですカナヘイうさぎ

人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます<(_ _)>


人間杖発動~

テーマ:
先週とはうってかわって、今週はアクティブな母につきあって人間杖となります。
 
明日が本番の「国技館5000人の第九コンサート」に参加する母。一昨年初めて参加して、「来年はもう無理よ」と云いつつ去年も参加。「来年こそはもう無理よ」といいつつ今年も参加でなんとこれで3回目(笑)さすがに来年はどうかな、と思うのですが、この第九が終わったら整形の先生に膝の手術について相談するそうなので、もし手術が成功したら、たぶん来年も参加することでしょう。
 
父を3か月の看病で看取った母、なんでもっと早くに気づかなかったんだろう、と後悔と寂しさで打ちひしがれそうになっていた時、先日参加した地元の施設のオープニング記念のイベントでの合唱に参加して「そうだ、高校時代わたしは歌が好きだった」と歌に目覚め、それ以来歌が母の寂しさを埋めてくれたのでした。
 
合唱、オペラと参加する母を客席から見届け続けて幾星霜。気づけばもう20年近いんですよね~。母もわたしも年とるわけです。80歳過ぎてから膝の痛みを訴えるようになり、去年あたりから杖を使うようになってきました。
 
「でもねぇ、お父さんと歩いていたときはいつもこうして腕組んでいたのよ」と同じポーズをムスメのわたしに要求する母(^^;そのときに「人間杖」という言葉が親子間で定着したわけです。
 
膝が不自由になってから、やはり今後のことに不安もあるし、一人暮らしの寂しさもあって電話の回数が増えました。以前は「今忙しいから」とか「今仕事中だから」と断ったりしていたのですが、最近は電話を最優先するようにしています。「でもねぇ、わたしなんか完全にひとりだからある程度あきらめもつくんだけど、家族と一緒にいても寂しいっていう友達もいるのよね」寂しくてつい声をかけてしまうんだけど、かけられたほうは仕事や家事があるから、と断られてしまって。「目の前にいるのに相手してもらえないのもつらいわよねぇ」とまぁそんなような話を10分とか聞いているうちに、「あ、仕事中よね、じゃまたね」と母のほうから話を終わらせます。これが大事。母が満足して切らないと、電話切ったあとの寂寥感がはんぱないだろうなぁと思うのです。ここのところの体調不良は寂しさにも原因があるかなぁと思うので、とことんつきあうようにしています。
 
さて、もうそろそろでかける支度しないと。西からやってくる母と新幹線内で合流、人間杖、行ってきまーすウインク
 

人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます<(_ _)>