惣治の日々

「悠々と急げ」とは彼の巨匠 親父の呟き
開高健に憧れ・・江戸和竿に魅せられ
回顧録を兼ねて綴る
4代目竿治 参乃治会 惣治


テーマ:

漆塗りを自粛中で・・和竿(小継竿)は中断していますが・・


こまちん さんから すてきな「シモリ」(糸ウキ)を頂き
材料(非公開)も教えていただきました。(感謝)


早速、ネットで材料を注文し、本日揃いました。
併せて・・・ネットで他の自作シモリ作りを検索してみると
自作記事は結構あり、

よくコメントを頂くもつごんさんの記事も見つけることが

出来ました。


次のことが分かりました。

1 芯ありと、芯無し
  芯は細糸を結び、玉を作り芯にする
  羽の微塵切り?にして糸に通して、整形し芯にする
2 芯無し
  下地用塗料を塗り重ねて、堅くなったところで上塗り塗装
  エポキシ樹脂接着剤を芯のようにして上塗り塗装
3 気をつけるべき特性?
  糸との密着性は、
  弾力のある接着剤で、ずるずるでもいけないし、
  動かないのは論外
  玉は、ある程度強度がないと、潰れる・・・
  塗料は蛍光色が良い


去年は、書籍にあった、下地塗料の塗り重ねの芯に塗装・・

これは・・・乾燥が不十分だったようで柔らかくて・・扁平に潰れ、

プラモデル用の蛍光色は・・???でした。


こまちんさんの シモリは・・・別次元の出来

違いは・・

強度・・・表面がカチッとしている

塗装・・・鮮やかさが違う


自分なりの工夫というか・・材料も探してみて、紹介できないかと・・

身の回りをガサゴソと探してみると・・・

もしかして、これは使えるかもというものが・・


惣治の日々

ジェルネイル用品・・・

要するに・・女性用の爪に塗り、

紫外線で固まるジェル(高粘度)

と紫外線で固まるトップコート(低粘度)


このジェルやコーティング材は、紫外線ランプ

36ワット


惣治の日々


で、2-3分で硬化する。

これを試してみることにしました。

さて・・・上手くいくでしょうか。


こまちんさんに教えていただいた材料での作成と

同時並行的に、やってみます。


自作というのは・・・やっぱり、楽しいです。







PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード