Japanese Bartender's Blog

日本を離れ海外でバーテンダーとして生きております。
現在は香港(Hong Kong)で落ち着いております。
日本のバーテンダーやバーを愛する皆様に少しでも情報を発信できたら嬉しく思います。


テーマ:




As a young man, Abraham Lincoln went to war a captain and returned a private. Afterwards, he was a failure as a businessman. As a lawyer in Springfield, he was too impractical and temperamental to be a success. He turned to politics and was defeated in his first try for the legislature, again defeated in his first attempt to be nominated for congress, defeated in his application to be commissioner of the General Land Office, defeated in the senato
rial election of 1854, defeated in his efforts for the vice-presidency in 1856, and defeated in the senatorial election of 1858. At about that time, he wrote in a letter to a friend, "I am now the most miserable man living. If what I feel were equally distributed to the whole human family, there would not be one cheerful face on the earth."

Winston Churchill repeated a grade during elementary school and, when he entered Harrow, was placed in the lowest division of the lowest class. Later, he twice failed the entrance exam to the Royal Military Academy at Sandhurst. He was defeated in his first effort to serve in Parliament. He became Prime Minister at the age of 62. He later wrote, "Never give in, never give in, never, never, never, never - in nothing, great or small, large or petty - never give in except to convictions of honor and good sense. Never, Never, Never, Never give up." (his capitals, mind you)

Louis Pasteur was only a mediocre pupil in undergraduate studies and ranked 15th out of 22 students in chemistry. In 1872, Pierre Pachet, Professor of Physiology at Toulouse, wrote that "Louis Pasteur's theory of germs is ridiculous fiction."

Charles Darwin gave up a medical career and was told by his father, "You care for nothing but shooting, dogs and rat catching." In his autobiography, Darwin wrote, "I was considered by all my masters and my father, a very ordinary boy, rather below the common standard of intellect." Clearly, he evolved.

Thomas Edison's teachers said he was "too stupid to learn anything." He was fired from his first two jobs for being "non-productive." As an inventor, Edison made 1,000 unsuccessful attempts at inventing the light bulb. When a reporter asked, "How did it feel to fail 1,000 times?" Edison replied, "I didn稚 fail 1,000 times. The light bulb was an invention with 1,000 steps."

R. H. Macy failed seven times before his store in New York City caught on.

Albert Einstein did not speak until he was 4-years-old and did not read until he was 7. His parents thought he was "sub-normal," and one of his teachers described him as "mentally slow, unsociable, and adrift forever in foolish dreams." He was expelled from school and was refused admittance to the Zurich Polytechnic School. He did eventually learn to speak and read. Even to do a little math.

When Bell telephone was struggling to get started, its owners offered all their rights to Western Union for $100,000. The offer was disdainfully rejected with the pronouncement, "What use could this company make of an electrical toy."

Sigmund Freud was booed from the podium when he first presented his ideas to the scientific community of Europe. He returned to his office and kept on writing.

Charles Schultz had every cartoon he submitted rejected by his high school yearbook staff. Oh, and Walt Disney wouldn't hire him.

Henry Ford failed and went broke five times before he succeeded. 

Michael Jordan and Bob Cousy were each cut from their high school basketball teams. Jordan once observed, "I've failed over and over again in my life. That is why I succeed."

Babe Ruth is famous for his past home run record, but for decades he also held the record for strikeouts. He hit 714 home runs and struck out 1,330 times in his career (about which he said, "Every strike brings me closer to the next home run."). And didn't Mark McGwire break that strikeout record? (John Wooden once explained that winners make the most errors.)

Walt Disney was fired by a newspaper editor because "he lacked imagination and had no good ideas." He went bankrupt several times before he built Disneyland. In fact, the proposed park was rejected by the city of Anaheim on the grounds that it would only attract riffraff.

To be continued……

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日、月刊九州王国さんの取材を受けさせていただきました。
私は日本を離れてもうすぐ5年です。今回の取材であらためて自分の志していることを思い出した瞬間でした。「なぜ日本を離れたか?」ということをもう一度自分に問ういいきっかけとなりました。
今回はあらためて自分がなぜ日本を離れたかということを日本語で書かせていただこうと思います。

************************
日本にいる多くの若いバーテンダーが持つであろう夢は「独立」だと思います。

なぜ自分のお店を持ちたくなるのかというと、それは100%自分自身の持つコンセプトやイメージをお店やお酒に表現したかったからというのが一番大きな理由だと思います。もちろん違った理由で独立する方もたくさんいるでしょうが、大半はこのような理由だと思います。
これは海外のバーテンダーはなかなか持たない日本の技術者ならではの素晴らしい思想と傾向だと思ってます。(海外では多くのバーテンダーの地位はウエイターと変わらない位置づけです。もちろんプロフェッショナルもいますが比率からするとかなり少ないです。)
雇われている間は簡単には自分の思い通りの100%のお店は造れません。 
ご来店するお客様に自分の理想とする形でお酒やサービスを提供できるようにしたいと思うのはサービス精神を持ったバーテンダーであれば持ってもおかしくはない普通の考えだと思います。 
しかし・・・ そんな素晴らしいサービスマンが日本には多すぎるのです。
今の時代の現実をみると、そこら中にたくさんのBARが溢れ開店するお店も多ければ閉店するお店もたくさんあります。
この飽和状態のせいでたとえ老舗のBARであっても経営難に陥ることもあり得てしまうのです。 

やろうと思えばBARなんて誰でもオープンできるのです。 
開店資金さえ調達すれば様々なやり方でお店のオープンはできます。 
お店と人とお酒があれば、そこはBARと名乗れるわけですから。 
日本の営業許可なんて取るのは非常に簡単です。開店するということだけに関して言えば障害なんてほとんどないに等しいくらい簡単です。

近年はバーテンダーとして修行をした人だけでなくいろんな人がいろんな形でバーをオープンさせています。
でも顧客数はそれに比例して増えているわけではありません。
当然経営の苦しくなるお店は出てくるでしょう。

日本には素晴らしいバーテンダーがたくさんいるのに、そんな素晴らしいバーテンダーでもお店の経営に苦戦するケースは少なくありません。
世界的に見てこんなにバーテンダーのスキル、知識、意識が全体的に高い国はありません。
これまでにもコンペティションなどの世界では日本の実力を結果として出せてはいると思います。
でもトータルとしての日本のバーテンダーの実力はまだ世界の人々には知られてはいません。日本に多くいるレベルの高いバーテンダーは世界に通用すると私は思ってます。
現場でサービスをする戦力としてのバーテンダーの実力を世界に知ってもらいたいというのが私の一番の思いです。そしてそれが日本を離れた一番の理由です。

自分が子供の頃、日本サッカーのレベルはかなり低く見られていました。当時はプロ野球も大リーグと比較すると小さな存在でした。その当時はほとんどの人が今のような欧州リーグや大リーグで日本人がトップレベルで活躍するなんていう未来を想像していなかったでしょう。でも大リーグに野茂が行って、欧州にカズや中田が行って世界のプロリーグが日本人に注目し始めました。
日本国内では野茂よりも活躍をしていた選手はたくさんいました。でも海外のスポーツチームオーナーたちはそれまで日本人選手なんて誰も見向きもしていませんでした。
実際に見ることもできない、比較もできないようなところでどんな活躍をしようが彼らには届きません。実際にそこに行ってそこの人たちを相手に結果を出せなければ評価や比較のしようがないのです
親善試合やオールスター戦やイベントのゲストとかで行くよりも、1シーズンを1選手としてその国のリーグを戦わなくては実力なんて評価してもらえないと思うのです。そこでどれだけ戦えるかで選手としての評価が変わってくると思うのです。
スポーツ選手だけでなくバーテンダーも同じです。
実際に世界のお客様にお酒を提供しサービスしていかなくてはバーテンダーとしての実力なんて証明できません。評価してくれるのは審査員でも自分でも上司や先輩でもありません。お客様です。世界のお客様に日本人バーテンダーの実力を知ってもらわなくてはなりません。

私はそんな想いを胸に日本を離れました。

************************

5年前に日本を離れたときには英語もろくにできず右も左もわからずに海外に出てきました。途中いろいろな問題もありました。
日本を離れてから5年間に得た経験や価値観の変化は日本で10年間に得たものより遥かに大きかったと思います。そしてまだまだこれからも海外でやっていくことで大きなものを得ていけると思います。
一人でも多くの日本人バーテンダーが世界で活躍してくれることを願ってます。
そして日本独自のバー文化が世界に認めてもらえることを願ってます。

日本を離れてからこれまでの間多くの方に助けていただきました。
お客様、先輩、友人、仲間、同僚として力となってくださった皆様。 
あらためて皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。

今後も日本語での記事をたまには書かせていただこうと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Chiune Sugihara
From Wikipedia, the free encyclopedia



Chiune Sugihara (杉原 千畝 Sugihara Chiune?, 1 January 1900 – 31 July 1986) was a Japanese diplomat who served as Vice-Consul for the Empire of Japan in Lithuania. During World War II, he helped several thousand Jews leave the country by issuing transit visas to Jewish refugees so that they could travel to Japan. Most of the Jews who escaped were refugees from German-occupied Poland and residents of Lithuania. Sugihara wrote travel visas that facilitated the escape of more than 6,000 Jewish refugees to Japanese territory, risking his career and his family's lives. Sugihara had told the refugees to call him "Sempo", the Sino-Japanese reading of the characters in his first name, discovering it was much easier for Western people to pronounce.[1] In 1985, Israel honored him as Righteous Among the Nations for his actions.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
龍吟 会席料理
RyuGin Japanese Kaiseki restaurant


Opening Hours / 12nn-3pm (Private Lunch Only) 6pm-9:30pm (Dinner Last Order)
Address / 101/F, ICC, 1 Austin Road West, Kowloon 
Reservation Telephone no. / 2302 0222 
Number of seats / 48 ( including 2 private rooms, 1 for 4 guests and 1 for 12 guests) 
Parking / 4 hours Free Parking






August and September menu in English



























いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。